第52回(H29) 作業療法士国家試験 解説【午前問題1~5】

※問題の引用:第52回理学療法士国家試験、第52回作業療法士国家試験の問題および正答について

※注意:著者は理学療法士で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

 

1 Danielsらの徒手筋力テストの段階5及び4の検査で正しいのはどれか。2つ選べ。(※不適切問題:解1つ)

解答 ※採点対象から除外する。
理由 選択肢に誤りがあり、正解が得られないため(解説のように正しいものが1つしかなかったため)。

解説

1.× 肩甲骨挙上の段階5及び4の検査では、両肩の上から抵抗を加えるため不適当である。
2.〇 正しい。肩関節外転の段階5及び4の検査では、肘の直上で上腕骨遠位端の上から抵抗を加える。
3.× 肘関節伸展の段階5及び4の検査では、腹臥位で行う。図は段階1か0のテストである。
4.× 股関節屈曲の段階5及び4の検査では、座位で行う。図は段階1か0のテストである。
5.× 股関節外旋の段階5及び4の検査では、検査者は患者の外方に向けて抵抗を加える。図は抵抗を加える方向が逆(股関節内旋テスト)になっている。

 

 

 

 

 

 

2 深部腱反射の検査における打腱器の叩打部位で正しいのはどれか。2つ選べ。

解答1/4

解説

1.〇 正しい。胸筋反射は、上腕を軽く外転させ、大胸筋の上腕骨付着部に検者の母指を当て、その上を叩打する。
2.× 上腕三頭筋は、前腕部をつかみ肘を軽く屈曲位にして、肘頭上部の上腕三頭筋腱部を直接叩打する。図は上腕三頭筋の筋腹であるため不適当である。
3.× 腕橈骨筋反射は、手首をつかんで肘を軽く屈曲位にして、前腕を回内外中間位か、やや回内位にし、橈骨下端を直接に叩打する。図は腕橈骨筋の筋腹であるため不適当である。
4.〇 正しい。膝蓋腱反射は、患者を背臥位にし両膝を軽く屈曲し立てる。検者は前腕をその膝の下に入れて下肢を支える。または、一側の下肢を膝立て位にして、その膝の上に他側の膝を乗せる。膝蓋腱部を触知してその腱部を叩打する。
5.× アキレス腱反射は、測定方法が2つ(増強法を含め3つ)ある。一側下腿の前面に健側下腿をのせ、足関節を背屈位にしてアキレス腱部を叩打する。図では下腿三頭筋の筋腹を叩いているため不適当である。

 

完璧に覚えたい方用にまとめました。参考にしてください↓

【暗記用】反射中枢の組み合わせを完璧に覚えよう!

 

 

 

 

 

 

3 65歳の女性。右利き。右被殻出血による左片麻痺。発症後4か月が経過した。
 Brunnstrom 法ステージは左上肢Ⅳ、左手指Ⅳ、左下肢Ⅵ。
 両手で可能な動作はどれか。

1. 網戸を取り外す。
2. 掃除機をかける。
3. 天井の蛍光灯を変える。
4. 豆腐を手掌の上で切る。
5. エプロンの腰ひもを後ろで結ぶ。

解答2

解説

上肢Ⅳでは、痙縮は減少し始め、基本的共同運動から逸脱した連動が出現する。
左手指Ⅳでは、横つまみが可能で、母指の動きにより離すことも可能。指伸展は、なかば随意的に、わずかに可能。
左下肢Ⅴでは、立位で股関節の外転が骨盤挙上による外転角度以上に可能。座位で内側・外側のハムストリングスの交互収縮により下腿の内旋・外旋が可能。

1.× 網戸を取り外すには、両上肢の運動、両手指のつまみ運動が必要であり、困難と考えられる。
2.〇 正しい。掃除機をかけるには、片側の上肢(非麻痺側)の運動が正常であれば可能であると考えられる。非麻痺側の右手でノズル (吸い口)の細かなコントロールを行うことができ、麻痺側の左手はホースを把持するには十分な機能があると考えられる。
3.× 天井の蛍光灯を変えるには、両上肢の挙上と、両手指のつまみ運動が必要であり、困難と考えられる。
4.× 豆腐を手掌の上で切るには、豆腐を持つ手は左手(麻痺側)、包丁を持つ手は右手(非麻痺側)と考えられ、左上肢(麻痺側)には痙縮が残っているため、この行動は危険である。
5.× エプロンの腰ひもを後ろで結ぶには、両手指のつまみ運動が必要であるため、困難と考えられる。

 

 

勉強頑張ろう!

 

 

 

4 28歳の男性。右利き。交通事故による右前頭葉背外側部の頭部外傷のため入院した。作業療法が開始され、4か月が経過した。四肢に運動麻痺や感覚障害を認めず、歩行は自立している。日中はボーッとして過ごすことが多いが、促されると日課を行う。話しかければ日常会話は問題なく成立するが、自発話は乏しい。
 この患者の高次脳機能評価として最も適切なのはどれか。

1. BADS
2. SLTA
3. SPTA
4. VPTA
5. CBS(Catherine bergego scale)

 

解答1

解説

 本症例の特徴として、①交通事故による右前頭葉背外側部の頭部外傷。②日中はボーッとして過ごすことが多く、自発話は乏しい。ことから、前頭葉の障害を考え、前頭葉の機能を調べる検査を選ぶ。

1.〇 正しい。BADS(Behavioral Assessment of the Dysexecutive Syndrome:遂行機能障害症候群の行動評価)は、前頭葉の遂行機能を評価する検査である。様々な状況下における問題解決能力を道具やカードを用いた6種類の下位検査と1つの質問紙を用いて検査する。下位検査は0~4点の5段階で点数化し24点満点で評価する。
2.× SLTA(Standard Language Test of Aphasia:標準失語症検査)は、失語症の検査である。本症例は日常会話に問題がないので検査としては有用でない。
3.× SPTA(standard performance test for Apraxia:標準高次動作性検査)は、失行症を中心とする高次動作性障害を評価する。聞く・話す・読む・書く・計算から構成される26項目からなる。 
4.× VPTA(Visual Perception Test for Agnosia:標準高次視知覚検査)は、視知覚機能の検査法である。視知覚障害は後頭葉を中心とした部位の損傷により出現する。
5.× CBS(Catherine bergego scale:半側空間無視の生活障害の評価スケール)は、半側空間無視の検査法である。この患者では半側空間無視については記載がなく、検査の優先度は低い。

 

 

 

 

 

 

 

 

5 30歳の男性。左上腕切断短断端。右利き。肘継手の屈曲および手先の開閉コントロールを行い、「釘打ちがしたい」との希望があり、上腕義手を作製することになった。
 選択する義手のパーツとして適切なのはどれか。

1. オープンショルダーソケット
2. リュックサックハーネス
3. 単式コントロールケーブルシステム
4. 能動肘ブロック継手
5. 能動ハンド

解答4

解説

 義手の部品にはフックやハンドなどの手先具、継手、ソケット、ハーネス、コントロールケーブルなどが必要である。本症例の「釘打ちがしたい」との希望を叶えられる義手の各部品を選択する必要がある。

1.× オープンショルダーソケットは、自己懸垂性のある全面接触式のソケットで、標準断端の上腕義手で用いられる。肩関節外転がしやすいように、肩関節外側がオープンとなっている。本症例は、左上腕切断短断端で、釘打ちなどの作業を行うとなると、ライナー式のソケットが適応となる。ライナー式のソケットの特徴は、シリコーン、コポリマー、ポリウレタンの3種類があり、硬いソケット内で断端(切断部)を保護する役割を果たす。素材や懸垂システムとの組合わせによって選択される。
2.× リュックサックハーネスは、手義手や手根中手義手に対して利用される。前腕義手、上腕義手、肩義手などでは8の字ハーネスが適応となる。
3.× 単式コントロールケーブルシステムは前腕義手や手義手に適応するシステムである。上腕義手には複式コントロールケーブルシステムが適応となる。
4.〇 正しい。肘継手は、ブロック継手とヒンジ型継手に大別される。釘打ちは、強い振動のかかる動作が要求される。そのため、ヒンジ型では弱く、能動肘ブロック継手が適応となる。能動肘ブロック継手の特徴は、ロックコントロールケーブルによって屈曲角度の固定・介助が随意に行われる点である。
5.× 能動ハンドは、手の形状で把持機能のある手先具であるが、釘のような細かいものをしっかりつまむには適していない。能動フックが適応となる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)