リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題6~10】

6 74歳の男性。右利き。脳卒中後の右片麻痺。食事は食物を細かく刻めば左手でスプーンを用いて食べることができる。入浴はシャワー使用で洗体に介助が必要。トイレ動作は衣服の操作に介助を要するがそれ以外は自力で行える。車椅子とベッド間の移乗は見守りが必要。移動は歩くことはできないが車椅子操作は自力で行え、50 m以上連続駆動が可能。Barthel Indexの得点が10 点と評価される項目はどれか。

1. 食事

2. 入浴

3. 移動

4. トイレ動作

5. 車椅子とベッド間の移乗

 

解答:5

解説

1.✖ 5点:食事は、食物を細かく刻めば左手でスプーンを用いて食べることができる。

2.✖ 0点:入浴は、シャワー使用で洗体に介助が必要。

3.✖ 5点:移動は、歩くことはできないが車椅子操作は自力で行え、50 m以上連続駆動が可能。

4.✖ 5点:トイレ動作は、衣服の操作に介助を要するがそれ以外は自力で行える。

5.〇 正しい。10点:車椅子とベッド間の移乗は見守りが必要。

苦手な人向けにまとめました。完璧に対策しましょう↓↓

理学療法士国家試験 BIについての問題7選「まとめ・解説」

 

7 30歳の男性。スキーで転倒して受傷した。エックス線写真を別に示す。肩脱臼整復後に肩関節内転・内旋位で固定されたが、上腕の外側上部に感覚鈍麻を訴えた。合併症の神経麻痺はどれか。

 

1. 腋窩神経

2. 肩甲上神経

3. 肩甲下神経

4. 尺骨神経

5. 正中神経

 

解答:1

解説

1.〇 正しい。腋窩神経は、上腕の外側上部に感覚領域を支配する。

2.✖ 肩甲上神経麻痺の多くは慢性化で起こり、バレーボール、テニスなど肩を振り回す頻回な力が掛かる人に多く発生する。

3.✖ 肩甲下神経は、上肩甲下神経と下肩甲下神経からなり、棘上筋や棘下筋を支配する。

4.✖ 尺骨神経は、手部尺側から小指末端辺りの感覚を支配する。

5.✖ 正中神経は、母指球側から中指辺りの感覚を支配する。

 

 

 

8 44歳の女性。関節リウマチ。エックス線写真を別に示す。身の回りのことはできるが、仕事は行えない。この患者のSteinbrocker の分類はどれか。

 

1. ステージⅡ、クラスⅡ

2. ステージⅢ、クラスⅢ

3. ステージⅢ、クラスⅣ

4. ステージⅣ、クラスⅢ

5. ステージⅣ、クラスⅣ

 

解答:4

解説

Steinbrockerの基準

ステージⅠ:X線検査で骨・軟骨の破壊がない状態。

ステージⅡ:軟骨が薄くなり、関節の隙間が狭くなっているが骨の破壊はない状態。

ステージⅢ:骨・軟骨に破壊が生じた状態。

ステージⅣ:関節が破壊され、動かなくなってしまった状態。

 

クラスⅠ:健康な方とほぼ同様に不自由なく生活や仕事ができる状態。

クラスⅡ:多少の障害はあるが普通の生活ができる状態。

クラスⅢ:身の回りのことは何とかできるが、外出時などには介助が必要な状態。

クラスⅣ:ほとんど寝たきりあるいは車椅子生活で、身の回りのことが自分ではほとんどできない状態。

よって、4が正しい。

 

 

 

9 78歳の女性。布団を持ち上げようとした際、背部から腹部への強い帯状痛を生じ、寝返りも困難となったため入院となった。入院時のエックス線写真とMRIとを別に示す。この患者の病態はどれか。2つ選べ。

 

1. 骨粗鬆症

2. 脊椎分離症

3. 脊柱管狭窄症

4. 椎間板ヘルニア

5. 脊椎椎体圧迫骨折

 

解答:1,5

解説

1.〇 正しい。椎体の形状変形、骨陰影の減少を認める。

2.✖ 小児~思春期の男性に好発する疾患で椎弓の関節突起間の骨製連続がたたれた状態である。

3.✖ 脊柱管に狭窄は認められない。

4.〇 椎間板の突出は認められない。腰椎の椎間板ヘルニアは20~40歳代で重たいものを持ち上げた際に見られることが多い。

5.✖ 画像より魚椎変形、椎体圧迫骨折が認められる。脊椎椎体圧迫骨折は、典型的には骨粗鬆症を基盤に持つ高齢者が転倒した際や軽微な外力によって発生する。ときには外傷の既往なく発生することもある。

 

 

10 62 歳の男性。Parkinson病。起立と歩行は可能であるが、歩行中の方向転換時には不安定となり転倒しそうになる。姿勢反射障害もみられる。独居で日常生活はほぼ自立しているが、通院には介助が必要である。この患者のHoehn&Yahrの重症度分類ステージはどれか。

1. Ⅰ

2. Ⅱ

3. Ⅲ

4. Ⅳ

5. Ⅴ

 

解答:3

解説

Hoehn&Yahrの重症度分類ステージ

0度  パーキンソニズムなし

Ⅰ度  一側性パーキンソニズム

Ⅱ度  両側性パーキンソニズム

Ⅲ度  軽~中等度パーキンソニズム。姿勢反射障害あり。日常生活に介助不要

Ⅳ度  高度障害を示すが、歩行は介助なしにどうにか可能

Ⅴ度  介助なしにはベッド又は車椅子生活

よって、本症例はⅢ度である。3の選択肢が正しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)