リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題1~5】

※問題の引用:第53回理学療法士国家試験、第53回作業療法士国家試験の問題および正答について

※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。

 

 

1 スパイログラムを図に示す。予備呼気量はどれか。

1. ①

2. ②

3. ③

4. ④

5. ⑤

 

解答:4

解説

1.✖ 肺活量である。

2.✖ 最大吸気量である。

3.✖ 機能的残気量である。

4.〇 正しい。

5. ✖ 残気量である。

 

 

2 Daniels らの徒手筋力テストについて正しいのはどれか。

1. 検査は段階5から実施する。

2. 徒手抵抗は検査する関節の近位部に加える。

3. 繰り返し実施することで筋持久力を評価する。

4. 段階2は重力の影響を最小限にした肢位で実施する。

5. 抑止(ブレーク)テストでは徐々に徒手抵抗を強くする。

 

解答:4

解説

1.✖ 検査は段階3から実施する。

2.✖ 徒手抵抗は検査する関節の遠位部に加える。

3.✖ 繰り返し実施することで筋持久力の評価にはならない。MMTとは、「個々の関節または筋群の筋力を徒手的に検査する方法」である。

4.〇 正しい。

5.✖ 筋力4,5では抑止テスト(四肢やその他の身体の運動到達最終域で抵抗をかけること)による判定を行う。これも正しいと思うが、分かる人がいたら教えてください。

 

 

3 動脈血ガス分析の結果を表に示す。正しいのはどれか。

pH7.473
PaCO233.4 mmHg
PaO260.2 mmHg
HCO3−22.8 mEq/L

1. 呼吸性アシドーシス

2. 代謝性アルカローシス

3. 共用基準範囲

4. 代謝性アシドーシス

5. 呼吸性アルカローシス

 

解答:5

解説

基準値【pH:7.4±00.05】【PaCO2:80~100Torr】【PaO2:40±5Torr】【HCO3−:24±2mEq/l】である。基準値から逸脱しているPaCO2が低値、PaO2が高値となっている。したがって、過剰換気状態であるとされ、呼吸性アルカローシスと断定できる。

1.✖ PaCO2が高値となるのが特徴。呼吸不全、CO2ナルコーシス、睡眠時無呼吸症候群など。

2.✖ HCO3−が高値となるのが特徴。嘔吐、利尿薬投与など。

3.✖ 基準範囲には収まっていない。

4.✖ HCO3−が低値となるのが特徴。腎不全、下痢、糖尿病ケトアシドーシスなど。

5.〇 正しい。

 

 

 

4 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。2つ選べ。

 

解答:2,5

解説

1.✖ 両側の肩峰を結ぶ線——肩峰と胸骨上縁を結ぶ線である。

2.〇 正しい。(肩峰を通る床への垂直線——上腕骨)

3.✖ 上腕骨——手指を伸展した手掌面

4.✖ 前腕中央線——第3中手骨

5.〇 正しい。示指——母指

暗記用記事はこちら↓↓

【理学療法評価】関節可動域表示ならびに測定法(ROM)の暗記用。

 

国家試験記事はこちら↓↓

理学療法士国家試験 ROMについての問題6選「まとめ・解説」

 

 

 

5 Danielsらの徒手筋力テストの結果を表に示す。表以外の筋に異常はみられない。関節可動域はすべて正常範囲である。通常速度で直線歩行したときに予想されるのはどれか。

中殿筋
ハムストリングス
前脛骨筋
下腿三頭筋

1. 左の踵足歩行

2. 右の尖足歩行

3. 左遊脚中期の分回し

4. 右のTrendelenburg 徴候

5. 右遊脚後期の膝過伸展傾向

 

解答:5

解説

1.✖ 踵足は、足のつま先が宙に浮いた状態で、踵だけが設置し、直立と歩行を行う。アキレス腱の機能欠落、小児脳性不全麻痺、小児麻痺、脛骨神経の損傷などが原因で起こる。

2.✖ 尖足とは、つま先立ちの状態の足で、踵を地面に着けようとしても可動域がなく、歩行時に踵が床に付かない状態である。脳卒中などからくる下腿後面の筋肉の痙縮、小児麻痺でみられる下腿前面の筋肉の麻痺などが原因で起こる。

3.✖ 脳卒中などからくる下肢の麻痺などで起こる。

4.✖ 中殿筋の筋力低下で起こる。

5.〇 正しい。遊脚後期に、ハムストリングスは急激な過伸展(ターミナルインパクト)を防ぐが、筋力低下のため行えない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)