リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題16~20】

16 46歳の男性。前日夜に冷たい風に当たり、翌朝目が覚めると右顔面の腫れぼったさを感じた。昼食時に食事が口からこぼれることに気が付き、近くの神経内科を受診した。開眼安静時の顔面の状態を図に示す。この患者で正常に保たれる運動はどれか。

1. 額にしわを寄せる。

2. 眉をひそめる。

3. まぶたを閉じる。

4. 奥歯を嚙む。

5. 口唇を閉じ突き出す。

 

解答:4

解説

急性の顔面神経麻痺とは、ある日突然顔の半分、あるいは一部分が思うように動かせなくなる状態。その中で最も多いのが、「ベル麻痺」、「ハント症候群」という呼ばれるウイルスが顔面神経管の中の顔面神経に感染して生じる。

1.2.3.5:✖ 顔面神経支配の運動である。

4.〇 三叉神経(下顎神経)支配の運動である。

 

 

 

17 右人工股関節置換術(後方侵入)後の患者の靴下の着脱動作として正しいのはどれか。2つ選べ。

 

解答:2,4

解説

禁忌肢位は、股関節の過屈曲+内転+内旋である。

1.5.✖ 過屈曲が認められる。

2.〇 正しい。

3.✖ 内旋が認められる。

4.〇 正しい。

 

 

18 85歳の女性。脳梗塞による左片麻痺。歩行練習中に下肢装具の条件を変えて歩行を比較したところ、底屈制動を軽減して中足足根関節部以遠の可撓性を高めることで歩幅が増加した。改善に影響を与えた麻痺側の主な歩行周期はどれか。

1. 荷重応答期

2. 立脚中期

3. 立脚後期

4. 遊脚中期

5. 遊脚後期

 

解答:3

解説

底屈制動を軽減して中足足根関節部以遠の可撓性を高めたことで、より立脚後期のフォアフットロッカー機能が働き歩幅が増加したことが考えられる。よって3.が正しい。

 

19 脊髄損傷患者の車椅子上での除圧動作を図に示す。損傷レベルの上位から下位への順序で正しいのはどれか。

 

1. B→C→D→A

2. B→D→C→A

3. C→B→A→D

4. D→B→A→C

5. D→C→B→A

 

解答:2

解説

A.両手でアームサポートを把持し、push upが行えている。C7残存と考えられる。

B.体幹・頚部伸展(僧帽筋)は、働いているように見える。C4残存程度であろう。

C.片手で体幹回旋を伴う除圧を行っている。C6残存と考えられる。

D.体幹屈曲にて除圧を行っている。C5残存と考えられる。

 

20 2歳の女児。痙直型四肢麻痺。臥位では頭部コントロール良好で、背臥位から腹臥位への寝返りが可能である。背臥位と腹臥位での様子を図に示す。この時期に優先して行う理学療法で最も適切なのはどれか。

 

1. 下肢の筋力増強

2. 介助下での歩行練習

3. 椅子からの立ち上がり練習

4. 立位での陽性支持反射の促通

5. 座位での体幹の立ち直り反応の促通

 

解答:5

解説

痙直型脳性麻痺では、錐体路障害となる両下肢痙性があるため、両股関節の内転・内旋・膝関節伸展、および尖足となるため、両下肢の分離運動が困難である。また両下肢と比較して両上肢の麻痺は軽度である。痙性麻痺を主症状として、筋トーヌス亢進、深部腱反射亢進、病的反射亢進、クローヌス出現、おりたたみナイフ現象がみられる。理学療法では、亢進した筋緊張を抑制し、病的反射の抑制、適切な反射の促通、運動パターンの学習を行う。

1.✖ 下肢の筋緊張が亢進しやすいため、筋力増強より筋緊張の抑制を図るのが適切である。

2.3.4.✖ 陽性支持反応により、下肢全体の伸展筋の筋緊張が亢進し、股関節伸展・内転・内旋位および足部の尖足を助長するため不適切である。

5.〇 正しい。

苦手な人向けにまとめました。参考にどうぞ↓↓

理学療法士国家試験 脳性麻痺についての問題9選「まとめ・解説」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)