リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題21~25】

21 中枢神経障害の回復機序に関するアンマスキング(unmasking)の説明として適切なのはどれか。

1. 神経損傷で抑制シナプスが活動しなくなったために機能が発現する。

2. 脱神経のために受容体抗体ができ興奮性を高める。

3. 神経線維が脱神経領域に伸びてシナプス形成する。

4. 損傷部位より下位の組織が再編成されて機能する。

5. 軸索切断後、近位部から神経線維が再生する。

 

解答:1

解説

損傷後の中枢神経、シナプスの形成・再生が生じ回復する。①損傷された軸索の新しい発芽、②隣の軸索からの側枝発芽、そして③アンマスキング(サイレントシナプスの顕在化ともいう)がある。通常は機能していなかったシナプスが、病変などにより既存の影響から解放されたときに顕在化すること。つまり、簡単に言うとサボっていたシナプスが働きだすこと。よって、1.が正しい。

2.✖ 末梢神経障害の話である。脱神経(筋が神経の支配を受けなくなった状態)を受けると興奮を伝えられない。

3.✖ 解説の②隣の軸索からの側枝発芽の説明である。

4.✖ 損傷部位より下位の組織ではなく、通常機能していなかったシナプスである。

5.✖ 解説の①損傷された軸索の新しい発芽の説明である。

 

 

 

22 成人に対する一次救命措置で正しいのはどれか。

1. 呼吸数を測定する。

2. 人工呼吸は10回以上連続して行う。

3. 胸骨圧迫は1分間に10 回の頻度で行う。

4. 人工呼吸は胸が上がる程度の空気を吹き込む。

5. 胸骨圧迫は胸が1cm 程度沈む強さで圧迫する。

 

解答:4

解説

一次救命処置とは、呼吸が止まり、心臓も動いていないと見られる人の救命へのチャンスを維持するため、特殊な器具や医薬品を用いずに行う救命処置であり、胸骨圧迫と人工呼吸からなる心肺蘇生法(CPR)、そしてAEDの使用を主な内容とする。

1.✖ 呼吸確認は以前の「見て・聞いて・感じて」ではなく目視だけで迅速に行う。

2.✖ 約1秒かけて息を吹き込む。これを2回繰り返し、すぐに胸骨圧迫を再開する。

3.✖ 100〜120回/分の速さで圧迫を繰り返す。

4.〇 正しい。

5.✖ 5〜6cm程度沈むように圧迫を繰り返す。

 

 

23 対象者を現在の生活習慣から喫煙群と非喫煙群とに分け、喫煙に起因する将来の脳血管障害の発生を明らかにする疫学研究法はどれか。

1. 横断研究

2. 記述的研究

3. コホート研究

4. 症例対照研究

5. 無作為化比較試験

 

解答:3

解説

1.✖ 横断研究とは、一時点での疾病の頻度と分布をありのままに記述し、疾病の発生要因の仮説を立てる方法。

2.✖ 記述的研究とは、横断研究と時系列研究を称したものである。

3.〇 正しい。コホート研究とは、現時点(または過去のある時点)で、研究対象とする病気にかかっていない人を大勢集め、将来にわたって長期間観察し追跡を続けることで、ある要因の有無が、病気の発生または予防に関係しているかを調査する方法。

4.✖ 症例対照研究とは、症例群と対照群に分け、両軍の過去の曝露状況を比較する方法。曝露と疾患発症の関連を明らかにする。

5.✖ 無作為化比較試験とは、対象者を無作為に介入群(検診など、決められた方法での予防・治療を実施)と対照群(従来通りまたは何もしない)とに割り付け、その後の健康現象(罹患率・死亡率)を両群間で比較するもの。

 

 

 

24 嫌気的代謝の過程で生成される物質はどれか。

1. クエン酸

2. コハク酸

3. フマル酸

4. ピルビン酸

5. αケトグルタル酸

 

解答:4

解説

嫌気的代謝とは、生体内で酸素を利用せずに糖(グルコース)をピルビン酸や乳酸などに分解し、エネルギーを産生する反応過程である。

1.2.3.5.✖ 好気的解糖(クエン酸回路)で生じる。

4.〇 正しい。

 

 

25 フレイルの説明で正しいのはどれか。

1. サルコペニアと関連がある。

2. 体重は増加している者が多い。

3. 虚弱高齢者とは区別される病態を有する。

4. 地域在住高齢者での該当者は2%程度である。

5. 精神的な活力の低下は判断の要素に含まれない。

 

解答:1

解説

フレイルは、「加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態であるが、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態像」とされている。

1.〇 正しい。サルコペニアとは、加齢や疾患により、筋肉量が減少することで、握力や下肢筋・体幹筋など全身の「筋力低下が起こること」。

2.✖ フレイルの診断基準として、体重減少:意図しない年間4.5kgまたは5%以上の体重減少が含まれる。

3.✖ 虚弱高齢者と同義語である。

4.✖ 2013年の65歳以上の高齢者を対象とした調査によると、フレイルの状態の高齢者は約11.5%であった。65~69歳では5.6%であるのに対し、80歳以上では34.9%と、加齢に伴ってフレイルの割合が上昇している

5.✖ 気力の低下などの精神的な活力の低下も判断の要素に含む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)