第51回(H28) 理学療法士国家試験 解説【午後問題6~10】

 

6 40歳の男性。2週前から腰痛と右殿部から大腿前面にかけてのしびれが生じ、徐々に右下肢の筋力低下を自覚するようになってきた。
 この患者に行う検査として適切なのはどれか。

解答1

解説

 本症例は、腰痛と右殿部から大腿前面にかけてのしびれが生じ、徐々に右下肢の筋力低下を認めている。腰椎椎間板ヘルニアの可能性が高く、大腿神経根の圧迫が考えられる。

 

1.〇 正しい。Elyテスト(エリーテスト)であり、大腿直筋の短縮の評価に用いられる。尻上がり現象で陽性である。大腿神経伸展テストも正しいと言える。
2.× 膝外反ストレステストである。内側側副靭帯断裂に用いられる。
3.× Oberテスト(オーバーテスト)である。腸脛靭帯・大腿筋膜張筋の短縮に用いられる。
4.× Patrickテスト(パトリックテスト)である。股関節と仙腸関節の疼痛を誘発させる。
5.× Thomasテスト(トーマステスト)である。股関節屈筋群の拘縮の評価に用いられる。

 

 

 

 

 

 

7 79歳の女性。脳卒中後の左片麻痺。プラスチックAFOを装着してT字杖歩行が可能である。装具は足尖までの長さで足継手はない。Brunnstrom法ステージでは上肢Ⅳ、下肢Ⅴ。左立脚後期が歩行周期の中で極端に短く安定性も低下している。
 歩容を改善するために有用な方法はどれか。

1. 外側フレアを付ける。
2. 足部のベルクロの固定を緩める。
3. 装具の高さを下腿中央付近まで低くする。
4. 装具の中足指節関節部から遠位部を切除する。
5. 足関節部の固定性を強化(コリュゲーション)する。

解答4

解説

 問題文より「左立脚後期が極端に短く、安定性も低下」と記載してあることから、左立脚期の延長・安定性向上のため、フォアフットロッカーが可能となるよう対応すればよい。

1.× 外側フレアは、内反矯正に用いる。
2.× 足部のベルクロの固定を緩めると、立脚後期が延長するが安定性は向上しないため不適切である。
3.× 装具の高さを下腿中央付近まで低くすれば、さらに安定性や支持性は低下するため不適切である。
4.〇 正しい。装具の中足指節関節部から遠位部を切除すると、フォアフットロッカーが機能する。
5.× 足関節部の固定性を強化(コリュゲーション)すると、左立脚期の短縮となるため不適切である。

 

 

 

 

 

 

8 つまずきやすさを主訴に来院した70歳の患者の頭部MRI のT1強調矢状断像(下図)を別に示す。
 この患者で主訴に関連のある症状はどれか。


1. 運動失調
2. 感覚障害
3. 視野障害
4. 前庭障害
5. 歩行失行

解答1

解説

 本症例のMRI画像より明らかな小脳の萎縮を認めるため、小脳性の運動失調が生じていると考えられる。よって、選択肢1.運動失調が正しい。

2.× 感覚障害は、大脳などの障害で生じる。
3.× 視野障害は、後頭葉などの障害で生じる。
4.× 前庭障害は、平衡感覚を司る前庭神経に異常で生じる。
5.× 歩行失行は、高次機能障害(肢節運動失行)で生じる。

 

 

 

 

 

 

9 患者の鼻(A)から目標(B)に向かって患者の示指を動かしたときの水平面上の軌跡を図に示す。
 この患者にみられる可能性が高いのはどれか。


1. 折りたたみナイフ現象
2. Romberg徴候陽性
3. はさみ脚歩行
4. 断綴性発語
5. 筋強剛

解答4

解説

 鼻指鼻試験を行っている。本症例は、Bに近づいたときに大きく乱れていることから企図振戦と考えられる。したがって、小脳の障害が疑われる。

 

1.× 折りたたみナイフ現象は、上位運動ニューロン障害で生じる。屈曲および伸展の途中で急に抵抗が弱くなる現象をいう。
2.× Romberg徴候陽性は、亜急性脊髄連合変性症糖尿病性ニューロパチー前庭神経障害などがあげられる。ちなみに、小脳障害の場合、開眼の状態でまっすぐ立つだけでも動揺がみられる。そのため、Romberg徴候は陰性となる。
3.× はさみ脚歩行は,両側の錐体路障害でみられる。尖足で歩行し、両膝をするように歩くことをいう。小脳性失調の歩行は、酩酊様歩行である。
4.〇 正しい。断綴性発語は、小脳性構音障害でみられる。発声に必要な喉頭筋群の協調運動が障害されているため、会話はとぎれとぎれで不明瞭な話し方になる現象である。
5.× 筋強剛は、Parkinson病でみられる。筋トーヌスの亢進により生じる。

 

 

 

 

 

 

10 52歳の女性。関節リウマチ。発症して17年が経過している。手指関節に痛みを訴えており、図のような変形がみられる。
 手指に対する最も適切な物理療法はどれか。


1. 超音波
2. 遠赤外線
3. 極超短波
4. パラフィン浴
5. ホットパック

解答4

解説

 本症例の手指は変形が強く(ムチランス変形)、手指関節痛もある。また、皮膚の凹凸がみられる。物理療法は、凹凸の有無に関係なしに均一に温熱効果を得られるパラフィン浴が望ましい。よって、選択肢4.パラフィン浴が正しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)