第51回(H28) 理学療法士国家試験 解説【午後問題1~5】

 

※問題の引用:第51回理学療法士国家試験、第51回作業療法士国家試験の問題および正答について

※注意:著者は理学療法士で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

 

1 下肢長の計測結果を表に示す。
関連性の高いテストはどれか。

1. Patrickテスト
2. Buergerテスト
3. Gaenslenテスト
4. McMurrayテスト
5. Posterior drawerテスト

解答1

解説

 本症例は、転子果長は左右は同じだが、棘果長に左右差(左棘果長の短縮)を認める。よって、上前腸骨棘から大転子の間の異常と考えられる。つまり、股関節疾患(股関節裂隙の減少など)を疑う。

 

1.〇 正しい。Patrickテスト(パトリックテスト)は、仙腸関節と股関節の疼痛を誘発させる(股関節と仙腸関節の機能異常に対するストレステスト)もの。背臥位にてテスト側下肢は股関節屈曲・外転・外旋、膝関節屈曲位とし、反対側の伸展した膝の上にテスト側下肢の外果を置き、検査側の膝を背側へ押す。
2.× Buergerテスト(バージャーテスト)は、下肢の循環異常をみるテストである。
3.× Gaenslenテスト(ゲンスレンテスト)は、仙腸関節の障害をみるテストである。
4.× McMurrayテスト(マックマリーテスト)は、膝半月板損傷の確認をするテストである。
5.× Posterior drawerテスト(後方不安感テスト)は、膝後十字靭帯損傷を疑うときに行うテストである。

 

 

 

 

 

 

2 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。

解答4

解説

1.× 股外転は、【基本軸】両側の上前腸骨棘を結ぶ線への垂直線、【移動軸】大腿中央線(膝蓋骨中心を結ぶ線)、【測定部位及び注意点】背臥位で骨盤を固定する。下肢は外旋しないようにする内転の場合は、反対側の下肢を屈曲挙上してその下を通して内転させる。図は、股関節外旋を伴っているため不適切である。
2.× 股外旋は、【基本軸】膝蓋骨より下した垂直線、【移動軸】下腿中央線(膝蓋骨中心より足関節内外果中央線)、【測定部位及び注意点】背臥位で、股関節と膝関節を90°屈曲位にして行う。骨盤の代償を少なくする。図は、股関節と膝関節を90°屈曲位ではないため不適切である。
3.× 足背屈は、【基本軸】腓骨への垂直線、【移動軸】第5中足骨、【測定部位及び注意点】膝関節を屈曲位で行う。図は膝関節伸展位で移動軸が足底であるため不適切である。
4.〇 正しい。足部内返しは、【基本軸】下腿軸への垂直線、【移動軸】足底面、【測定部位及び注意点】膝関節を屈曲位で行う。
5.× 股屈曲は、【基本軸】体幹と平行な線、【移動軸】大腿骨(大転子と大腿骨外果の中心を結ぶ線)、【測定部位及び注意点】骨盤と脊柱を十分に固定する。屈曲は背臥位(膝屈曲位で行う)・伸展は腹臥位(膝伸展位で行う)。図は、反対側の股・膝関節が屈曲しており、骨盤が不安定であるため不適切である。

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

【理学療法評価】関節可動域表示ならびに測定法(ROM)の暗記用。

 

 

 

 

 

 

3 Danielsらの徒手筋力テストで各筋の筋力2のテストとして正しいのはどれか。2つ選べ。

解答3/4

解説

1.× 前鋸筋は、筋力3のテストである。筋力2は、検査者が患者の肘を支え、水平位より高く保ち検査を行う。
2.× 菱形筋群は、筋力3のテストである。筋力2は、座位で肩関節内旋・伸展し、背の後ろに肩関節内転する。もしくは、腹臥位で肩関節約45°外転、肘関節90°屈曲で、手を背に載せて検査を行う。
3/4.〇 正しい。僧帽筋下部線維/僧帽筋上部線維の筋力0~2における検査肢位である。
5.× 図は、僧帽筋中部線維ではなく、菱形筋群の筋力2~0における検査肢位を示している。僧帽筋中部線維の筋力2は、腹臥位で肩関節90°外転、肘関節90°屈曲にて、検査者が上肢を支持した状態で検査を行う。

 

 

 

 

 

 

4 Danielsらの徒手筋力テストで股関節内転筋の段階3を測定する際、図のような代償動作がみられた。
 代償動作を生じさせている筋はどれか。


1. 腸骨筋
2. 梨状筋
3. 中殿筋
4. 大腿二頭筋
5. 内側広筋

解答1

解説

 図の代償動作は、右股関節内旋により、股関節屈筋群による内転筋の代償が行われている。

 

1.〇 正しい。腸骨筋は、股関節の屈曲・外旋に作用する。内転筋の代償に用いられる。
2.× 梨状筋は、股関節外旋・外転・伸展に作用する。
3.× 中殿筋は、股関節外転に作用する。
4.× 大腿二頭筋は、股関節伸展・膝関節屈曲に作用する。
5.× 内側広筋は、膝関節の伸展に作用する。単関節筋である。

 

 

 

 

 

 

5 身体計測を行った結果を図に示す。
標準型車椅子を作製するにあたり、車椅子基本寸法として正しいのはどれか。2つ選べ。
なお、座面にクッションは入れないものとする。


1. 座幅は50cmとする。
2. 座奥行きは41cmとする。
3. バックサポート(バックレスト)高は46cmとする。
4. アームサポート(アームレスト)高は18cmとする。
5. フットサポート・シート間距離は30cmとする。

解答2/4

解説

1.× 座幅は50cmではなく、42cmである。なぜなら、座幅は殿幅(40cm)にゆとり2cmを足した長さであるため。
2.〇 正しい。座奥行きは41cmとする。なぜなら、座底長(46cm)から2.5~5cm引いた長さであるため。つまり、41~43.5cmである。
3.× バックサポート(バックレスト)高は46cmではなく、34~39cmである。なぜなら、腋窩高(44cm)から5~10cm引いた長さであるため。
4.〇 正しい。アームサポート(アームレスト)高は18cmとする。なぜなら、肘を90°に曲げたときの高さ(16cm)に、1~2cm足した長さであるため。つまり、17~18cmである。
5.× フットサポート・シート間距離(前座高)は30cmではなく、37.5cmである。なぜなら、フットサポートに足を載せた状態で大腿遠位部後面が、2.5cm程度持ち上がる高さが基準とされており、本症例の場合は、40cm(下腿長)- 2.5cm = 37.5cm程度となるため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)