第51回(H28) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題51~55】

 

※問題の引用:第51回理学療法士国家試験、第51回作業療法士国家試験の問題および正答について

※注意:著者は理学療法士で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

 

51 内胚葉に由来するのはどれか。

1. 中枢神経
2. 腸管
3. 血管
4. 筋
5. 骨

解答2

解説

1.× 中枢神経は、外肺葉由来である。
2.〇 正しい。腸管は、内胚葉由来である。
3~5.× 血管/筋/骨は、中胚葉由来である。

各胚葉に由来する器官

外胚葉:神経・表皮・感覚器
中胚葉:骨格・筋・脈管・泌尿生殖器(腎臓・精巣・子宮・卵巣)
内胚葉:消化器・呼吸器・尿路系(膀胱・尿道)

 

 

 

 

 

52 手根骨を図に示す。
矢印の部位はどれか。


1. 有鈎骨
2. 有頭骨
3. 舟状骨
4. 小菱形骨
5. 大菱形骨

解答4

解説

4.〇 正しい。矢印は、小菱形骨である。

 

 

 

 

 

53 脊髄について正しいのはどれか。

1. 下端は第5腰椎までである。
2. 後根は脊髄神経節をつくる。
3. 終糸は尾骨前面に付着する。
4. 中心管の周囲に白質が存在する。
5. 脊髄円錐は脳と脊髄の移行部である。

解答2

解説

1.× 下端は第5腰椎までではなく、第1~2仙椎まである。その先は馬尾神経となる。
2.〇 正しい。後根は脊髄神経節をつくる。それを後根神経節という。
3.× 終糸とは、脊髄下端(脊髄円錐)と尾骨後面をつなぐ糸状の組織である。よって、尾骨前面に付着しない。
4.× 中心管の周囲に白質ではなく灰白質が存在する。一方、脳は対照的で、灰白質が外側にある。
5.× 脊髄円錐は脳と脊髄の移行部ではなく、脊髄下端の円錐状になっている部位である。

 

 

 

 

 

54 閉鎖神経に支配されるのはどれか。

1. 薄筋
2. 縫工筋
3. 半腱様筋
4. 半膜様筋
5. 大腿二頭筋長頭

解答1

解説

1.〇 正しい。薄筋は、閉鎖神経支配である。
2.× 縫工筋は、大腿神経支配である。
3.4.× 半腱様筋/半膜様筋は、脛骨神経支配である。
5.× 大腿二頭筋長頭の短頭は総腓骨神経、長頭は脛骨神経支配である。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

【暗記用】下肢筋の起始・停止・作用・神経を完璧に覚えよう!

 

 

 

 

 

55 痛覚の脊髄神経路で正しいのはどれか。

1. 薄束
2. 楔状束
3. 赤核脊髄路
4. 外側脊髄視床路
5. 外側皮質脊髄路

解答4

解説

1~2.× 薄束/楔状束は、後索の上行路である。これらは、深部感覚(位置覚・振動覚)に関する神経路である。
3.× 赤核脊髄路は、側索を通る外側皮質脊髄路と錐体外路系(赤核脊髄路・オリーブ脊髄路)であり、運動系の神経路である。
4.〇 正しい。外側脊髄視床路は、痛覚の脊髄神経路として正しい。側索に存在する。
5.× 外側皮質脊髄路は、運動系の神経路である。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 伝導路についての問題5選「まとめ・解説」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)