第51回(H28) 理学療法士国家試験 解説【午前問題36~40】

 

36 脳性麻痺の痙直型両麻痺で生じやすい肢位はどれか。

1. 踵足
2. 外反母趾
3. 股関節外転位
4. 股関節外旋位
5. クラウチング肢位

解答5

解説

両麻痺とは、両下肢に重度の麻痺がある状態のこと。痙直型両麻痺の歩行(クラウチング歩行)は、股・膝とも屈曲位で伸びきらない歩行である。さらに、股関節は内転・内旋となるため内股での歩行が特徴的である。

 

1.× 踵足は、足の変形の一種で、足関節の背屈拘縮を呈している状態。痙直型両麻痺は、足関節は底屈位になり尖足を呈することが多いため不適切である。
2.× 外反母趾とは、母趾が小趾の方に曲がるものである。
3~4.× 股関節外転位/股関節外旋位ではなく、痙直型両麻痺は股関節は屈曲・内転・内旋位となりやすい。
5.〇 正しい。クラウチング肢位である。クラウチ(crouch)とは、かがむ・腰を低くするなどという意味で、股・膝関節が屈曲位の姿勢のことをいう。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 脳性麻痺についての問題9選「まとめ・解説」

 

 

 

 

 

 

37 切断と断端長の計測部位との組合せで正しいのはどれか。

1. 上腕切断 — 上腕骨大結節から断端末
2. 前腕切断 — 肘頭から断端末
3. 大腿切断 — 坐骨結節から断端末
4. 膝関節離断 — 大転子から断端末
5. 下腿切断 — 膝蓋骨上縁から断端末

解答3

解説

1.× 上腕切断の計測部位は、上腕骨大結節から断端末ではなく、「腋窩から断端末までの距離」である。
2.× 前腕切断の計測部位は、肘頭から断端末ではなく、「上腕骨内側上穎から断端末までの距離」である。
3.〇 正しい。大腿切断の計測部位は、坐骨結節から断端末である。
4.× 膝関節離断の計測部位は、大転子から断端末ではなく、「坐骨結節から断端末までの距離」である。
5.× 下腿切断の計測部位は、膝蓋骨上縁から断端末ではなく、「内側膝関節裂隙から断端末までの距離」である。

 

 

 

 

 

 

38 頸椎の可動性を最も制限するのはどれか。

1. SOMI装具
2. ネックカラー
3. ハローベスト
4. Milwaukee装具
5. フィラデルフィアカラー

解答3

解説

1.× SOMI装具(sternal occipital mandibular immobilizer装具)は、名称通り、胸骨・後頭骨・下顎で3点固定するため、頸椎の可動性が最も制限される。頚部外傷後の固定や、頚椎椎間板ヘルニア術後などで用いられる。
2.× ネックカラーは、ウレタン系素材で頚部を包み、頚部の安静を図る。頚椎の前後屈および側屈を制限する回旋は制限しない。固定力・支持力ともに弱い。顎椎症など軽度の障害で用いられる.
3.〇 正しい。ハローベストは、頭蓋骨に直接ピン(ネジ)で固定したハローを胸椎装具と金属支柱で連結したものである。頚椎の前後屈および側屈・回旋を強く制限する。環椎や軸椎の骨折など、手術で固定の困難な重篤な骨折で用いられる。
4.× Milwaukee装具は、骨盤ガードルと頚部を支持するネックリングを金属支柱で連結して、側湾の矯正のために胸椎パッドをつける。
5.× フィラデルフィアカラーは、下顎から頚部・肩までの固定により前後屈および側屈、回旋を制限するが、固定力は弱く、重さの支持も弱い。頚椎術後頚髄損傷などで用いられる。

 

 

 

 

 

 

39 神経筋再教育について正しいのはどれか。

1. 随意運動を促通する。
2. 他動運動を用いることはない。
3. 骨関節障害には適用できない。
4. 意識がない状態でも適用できる。
5. 完全脱神経筋の治療として有効である。

解答1

解説

 神経筋再教育は、脳血管疾患等による片麻痺などで神経の伝達障害から脆弱化した筋に刺激を行い、一時的に損失した筋収縮力を再教育し回復を図る方法である。単なる筋力トレーニングでは回復に対応できないような運動麻痺による脆弱化が生じた筋に対して行われ、筋収縮力機能を再生するために行う手技である。

 

1.〇 正しい。随意運動を促通する。なぜなら、神経筋再教育とは、骨格筋の随意運動の発達、または回復を目的とした運動療法であるため。
2.× 他動運動を用いることもある。なぜなら、運動を誘導する方法としては、他動運動・皮膚刺激・電気刺激・筋電波形によるフィードバックなどが挙げられるため。
3.× 骨関節障害にも適用となる。なぜなら、骨関節疾患にも適用できる神経障害がなくとも、骨関節障害による痛みや安静・固定による不動が原因で筋収縮ができなくなった筋に対しても有効であるため。
4.× 意識がない状態では適応できない。なぜなら、意識がない状態では、筋力トレーニングもできないのと同様であるため。他動運動や各種刺激を与えても、随意的収縮を出すことが困難である。
5.× 完全脱神経筋の治療として有効ではない。なぜなら、完全脱神経筋は、随意収縮や回復が望めないため。

 

 

 

 

 

 

40 極超短波治療の図を示す。
aに対するbの強度はどれか。


1. 1/2
2. 1/4
3. 1/6
4. 1/8
5. 1/16

解答4

解説

 ランバート(Lambert)の法則より、照射面に対して垂直に照射した場合には最大の照射量になるが、60°のとき強度が50%になる(45°のときは約70%、30°のときは約15%減少する。)。また、逆二乗の法則より、光源と治療部位の距離の2乗に反比例して強度が減少する。

つまり、ランバート(Lambert)の法則より50%(1/2)の減少。

逆二乗の法則により、図aの照射距離が10cmで、図bの照射距離が20cmと距離が2倍になっているため、75%(1/4)の減少。

 

よって、図bの照射強度は、図aの50%のさらに1/4である(1/2 × 1/4=1/8)ので、12.5%である.つまり、選択肢4. 1/8が正しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)