第51回(H28) 理学療法士国家試験 解説【午前問題41~45】

 

41 心筋梗塞の再発危険因子として誤っているのはどれか。

1. 加齢
2. 肥満
3. 高血圧
4. 身体活動量の低下
5. 高HDLコレステロール血症

解答5

解説

1~4.〇 加齢/肥満/高血圧/身体活動量の低下/は、心筋梗塞の危険因子である。
5.× 誤っている。HDLコレステロール血症とは、いわゆる「善玉コレステロール」であり、末梢から肝臓にコレステロールを運搬する作用がある。心筋梗塞の危険因子となるのは、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症である。LDLコレステロールは、いわゆる「悪玉コレステロール」である。

心筋梗塞の危険因子

身体的因子:高血圧・糖尿病・血清脂質異常・肥満など。

生活習慣因子:喫煙・運動不足・飲酒など。

 

 

 

 

 

 

42 呼吸機能検査で求められる値について正しいのはどれか。

1. %肺活量 = 肺活量 ÷ 全肺気量
2. 肺活量 = 予備吸気量 + 予備呼気量
3. 1秒率 = 予測値に対する1秒量の割合
4. 機能的残気量 = 残気量 + 予備吸気量
5. 最大吸気量 = 予備吸気量 + 1回換気量

解答5

解説

1.× %肺活量 = 肺活量 ÷ 全肺気量ではなく、%肺活量 = 肺活量(実測値) ÷ 全肺気量(予測値)×100である。つまり、%肺活量とは、年齢や性別から算出された予測肺活量(基準値)に対しての、実測肺活量の比率である。
2.× 肺活量 = 予備吸気量 + 予備呼気量ではなく、肺活量 = 一回換気量 + 予備吸気量 + 予備呼気量である。
3.× 1秒率 = 予測値に対する1秒量の割合ではなく、1秒率 = 1秒量 ÷ 努力肺活量 × 100である。
4.× 機能的残気量 = 残気量 + 予備吸気量ではなく、機能的残気量 = 残気量 + 予備呼気量である。
5.〇 正しい。最大吸気量 = 予備吸気量 + 1回換気量である。

 

 

 

 

 

 

43 血液透析中の慢性腎臓病(CKD)の生活指導で適切なのはどれか。

1. 有酸素運動を行う。
2. 蛋白質の摂取は制限しない。
3. カリウムの摂取は制限しない。
4. ナトリウムの摂取は制限しない。
5. シャント側の手の運動は禁忌である。

解答1

解説

慢性腎不全(CKD)に対する治療は、①生活習慣の改善②食事療法が重要である。
①生活習慣の改善:禁煙・大量飲酒の回避・定期的な運動・ワクチン接種による感染症の予防・癌スクリーニングなど。
②食事療法:十分なエネルギー摂取量を確保しつつ、蛋白質・塩分・リンの制限。
よって、選択肢1.有酸素運動を行うのが正しい。

 

2.× 蛋白質の摂取は制限しないのではなく、制限する。なぜなら、蛋白質の分解により生じる窒素化合物(BUN)の濾過をうまく行えないため。
3.× カリウムの摂取は制限しないのではなく、制限する。なぜなら、腎不全によりカリウムが排泄できず、体内に留まり血中濃度が上昇するため。
4.× ナトリウムの摂取は制限しないのではなく、制限する。なぜなら、ナトリウムの摂取は腎臓への負荷を強めるため。
5.× シャント側の手の運動は禁忌ではなく、無理のない運動を推奨する。なぜなら、シャント側の手を動かさずにいると、シャント部分が狭窄・閉塞してしまうおそれがあるため。

 

 

 

 

 

 

44 成人に対する喀痰の吸引について適切なのはどれか。

1. 理学療法士は行わない。
2. 吸引圧は最大で20 kPa とする。
3. 1回の吸引は20 秒以上かけて行う。
4. 吸引カテーテルは気管分岐部まで挿入する。
5. 吸引カテーテルは吸引圧をかけながら素早く挿入する。

解答2

解説

1.× 理学療法士は行わないのではなく、医師の指示のもと喀痰吸引が可能である。平成22年4月30日より理学療法士・作業療法士等が喀痰吸引行為をすることが合法化され、呼吸リハビリテーションを積極的に行うことが可能となった。
2.〇 正しい。吸引圧は最大で20 kPa とする。これを超えないようにする。
3.× 1回の吸引は20秒以上かけて行うのではなく、10秒以内に留めるべきである。なぜなら、吸引中は無呼吸になるため。
4.× 吸引カテーテルは気管分岐部までではなく挿入するのではなく、カテーテル先端が気管分岐部に当たらない位置まで挿入する。
5.× 吸引カテーテルは吸引圧をかけながら素早く挿入するのではなく、挿入中は吸引を止めゆっくり挿入する。なぜなら、吸引カテーテルで傷つけないため。

 

 

 

 

 

 

45 ICFで身体構造・心身機能の第一評価点(小数点1桁)が示すのはどれか。

1. 障害の程度や大きさ
2. 阻害因子の有無
3. 障害された範囲
4. 時間的な経過
5. 実行状況

解答1

解説

ICFでの第一評価点

身体構造・心身機能:障害の程度や大きさ

活動と参加:実行状況

環境因子:阻害因子と促進因子

1.〇 正しい。障害の程度や大きさがICFで身体構造・心身機能の第一評価点である。
2.× 阻害因子の有無は、環境因子の第一評価点である。
3.× 障害された範囲は、身体構造の第評価点である。
4.× 時間的な経過は、ICFにこのような項目はない。
5.× 実行状況は、活動と参加の第一評価点である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)