第50回(H27) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午後問題71~75】

 

71 肩甲骨の上方回旋に働く筋はどれか。

1. 前鋸筋
2. 小胸筋
3. 広背筋
4. 大菱形筋
5. 肩甲挙筋

解答1

解説

 

 

 

 

 

72 基本肢位からの股関節の運動について正しいのはどれか。

1. 屈曲時に腸脛靱帯は緊張する。
2. 伸展時に坐骨大腿靱帯は緊張する。
3. 外転時に大腿骨頭靱帯は緊張する。
4. 内旋時に恥骨大腿靱帯は緊張する。
5. 屈曲時に腸骨大腿靱帯は緊張する。

解答2

解説

 

 

 

 

 

73 疾患または症候と異常歩行の組合せで誤っているのはどれか。

1. 運動失調 — 酩酊歩行
2. Parkinson病 — すくみ足歩行
3. 脳卒中片麻痺 — 尖足歩行
4. 総腓骨神経麻痺 — 分回し歩行
5. 両下肢痙性麻痺 — はさみ脚歩行

解答4

解説

 

 

 

 

 

74 成人の静止立位で正しいのはどれか。

1. 重心線は足関節軸の前方を通る。
2. 重心線は膝関節軸の後方を通る。
3. 重心線は環椎後頭関節の後方を通る。
4. 重心位置は第2 腰椎のやや前方にある。
5. 小児より身長に対する重心位置が高い。

解答1

解説

 

 

 

 

 

75 扁平上皮癌の特徴はどれか。

1. 粘液を産生する。
2. 神経組織に由来する。
3. 複数の胚葉成分を含む。
4. 細胞は相互に結合している。
5. 細胞間に間質成分がみられる。

解答4

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)