第50回(H27) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午後問題51~55】

 

※問題の引用:第50回理学療法士国家試験、第50回作業療法士国家試験の問題および正答について

※注意:著者は理学療法士で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

 

51 骨について正しいのはどれか。

1. 皮質骨は骨梁から形成される。
2. 皮質骨はコラーゲンを含まない。
3. 海綿骨にはハバース管が存在する。
4. 海綿骨の表面は骨膜で覆われている。
5. 骨端と骨幹端の間に成長軟骨板がある。

解答5

解説

1.× 皮質骨(緻密骨)ではなく、海綿骨が骨梁(骨小柱)から形成される。骨は、皮質骨(緻密骨)と海綿骨からなる。
2.× 皮質骨はコラーゲンを含む。皮質骨の骨形成(リモデリング)に働く。
3.× 海綿骨にはハバース管が存在しない。ハバース管が存在するのは皮質骨である。血管が通る管は骨の長軸方向に伸びていてハバース管という。
4.× 海綿骨ではなく、皮質骨の表面が骨膜で覆われている。
5.〇 正しい。骨端と骨幹端の間に成長軟骨板(骨端軟骨)がある。

 

 

 

 

 

52 月状骨と関節を構成しないのはどれか。

1. 橈骨
2. 三角骨
3. 有鉤骨
4. 有頭骨
5. 小菱形骨

解答5

解説

1~4.〇 橈骨/三角骨/有鉤骨/有頭骨は接地している。
5.× 小菱形骨は、接地していない。

 

 

 

 

 

53 肋骨に付着する筋はどれか。

1. 広背筋
2. 僧帽筋
3. 小円筋
4. 大菱形筋
5. 肩甲下筋

解答1

解説

1.〇 正しい。広背筋の【起始】第6~8胸椎以下の棘突起、腰背腱膜、腸骨稜、第(9)10~12肋骨および肩甲骨下角、【停止】上腕骨の小結節稜である。
2.× 僧帽筋の【起始】後頭骨上項線、外後頭隆起、項靭帯、第7頸椎以下全胸椎の棘突起および棘上靭帯、【停止】肩甲骨の肩甲棘と肩峰の上縁および鎖骨外側1/3(三角筋の起始範囲とほぼ同じ)である。
3.× 小円筋の【起始】肩甲骨後面の外側部上半、【停止】上腕骨大結節の下部、大結節稜の上端である。
4.× 大菱形筋の【起始】第2~4胸椎の棘突起および棘上靭帯、【停止】肩甲骨内側縁(肩甲棘より下部)である。
5.× 肩甲下筋の【起始】肩甲骨肋骨(肩甲下窩)と筋膜内面、【停止】上腕骨前面の小結節、小結節稜上端内側である。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

【暗記用】上肢筋の起始・停止・作用・神経を完璧に覚えよう!

 

 

 

 

 

54 筋と支配神経の組合せで正しいのはどれか。

1. 小円筋 — 腋窩神経
2. 棘上筋 — 肩甲下神経
3. 三角筋 — 肩甲上神経
4. 大円筋 — 肩甲上神経
5. 肩甲下筋 — 腋窩神経

解答1

解説

1.〇 正しい。小円筋は、腋窩神経である。
2.× 棘上筋は、肩甲下神経ではなく、肩甲上神経である。
3.× 三角筋は、肩甲上神経ではなく、腋窩神経である。
4.× 大円筋は、肩甲上神経ではなく、肩甲下神経である。
5.× 肩甲下筋は、腋窩神経ではなく、肩甲下神経である。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

【暗記用】上肢筋の起始・停止・作用・神経を完璧に覚えよう!

 

 

 

 

 

55 筋と付着部の組合せで正しいのはどれか。2 つ選べ。

1. 恥骨筋 — 大腿骨頸部
2. 縫工筋 — 下前腸骨棘
3. 短内転筋 — 恥骨上枝
4. 長内転筋 — 恥骨結節
5. 大腿二頭筋 — 腓骨頭

解答4/5

解説

1.× 恥骨筋の【起始】恥骨櫛、恥骨筋膜、【停止】恥骨筋線である。大腿骨頸部には付着しない。
2.× 縫工筋の【起始】上前腸骨棘、【停止】脛骨粗面の内側(鵞足を形成)である。下前腸骨棘には付着しない。
3.× 短内転筋の【起始】恥骨下枝の下部、【停止】恥骨筋線の下半、大腿骨粗線の内側唇上部1/3である。恥骨上枝には付着しない。
4.〇 正しい。長内転筋の【起始】恥骨結節の下方、【停止】大腿骨粗線内側唇の中部1/3である。
5.〇 正しい。大腿二頭筋の【起始】長頭:坐骨結節、短頭:大腿骨体の粗線の外側唇、外側大腿筋間中隔、【停止】腓骨頭である。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

【暗記用】下肢筋の起始・停止・作用・神経を完璧に覚えよう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)