第49回(H26) 理学療法士国家試験 解説【午前問題11~15】

 

11 68 歳の男性。歩行中に転倒して歩けなくなり救急搬送された。上下肢に麻痺を認めたが骨傷はみられず、中心性頸髄損傷の診断を受けた。受傷5 日後のADL は全介助であった。
6 か月後にFIM でADL を評価したときに、最も自立度が低いと予想される項目はどれか。

1. 更衣(上半身)
2. 排尿管理
3. トイレ移乗
4. 歩行
5. 階段昇降

解答1

解説

 

 

 

 

 

12 24 歳の男性。バイクに乗っていて乗用車と衝突し救急搬送された。頸椎脱臼骨折の診断で手術を受けた。MMT の結果を表に示す。機能残存レベルはどれか。

1. C5
2. C6
3. C7
4. C8
5. T1

解答2

解説

 

 

 

 

 

次の文により13、14 の問いに答えよ。
10 歳の女児。 1 か月ほど前から運動後に膝の痛みを訴え、膝脛骨結節部に圧痛があ
った。単純エックス線写真を下図に示す。

13 最も考えられるのはどれか。

1. 腓骨骨折
2. 膝靱帯損傷
3. 膝半月板損傷
4. 第1 Köhler 病
5. Osgood-Schlatter 病

解答5

解説

 

 

 

 

 

14 運動後以外には膝の痛みの訴えはなかった。
正しい対応はどれか。

1. ギプス固定
2. 運動の制限
3. 運動後の極超短波
4. 運動後のホットパック
5. 腸脛靱帯のストレッチ

解答2

解説

 

 

 

 

 

15 右股関節の可動域を下表に示す。
予想される歩行時の特徴はどれか。

1. 左の歩幅の減少
2. 腰椎前弯の減少
3. 左伸び上がり歩行
4. 上肢の振り幅の増加
5. 左Trendelenburg 徴候

解答1

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)