第48回(H25) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午後問題86~90】

 

86 熱傷について正しいのはどれか。

1.Ⅰ度では皮膚の発赤をきたす。
2.浅達性Ⅱ度では肥厚性瘢痕を残す。
3.Ⅲ度では強い痛みがある。
4.小児の熱傷面積の概算には9の法則が用いられる。
5.熱傷指数はⅠ度とⅡ度の面積から算出する。

解答1

解説

1.〇 正しい。Ⅰ度は、皮膚の発赤をきたす。皮膚の発赤、熱感、軽度の腫脹と疼痛がみられ、水疱は見られない。
2.× 浅達性Ⅱ度は、真皮浅層までの障害で、強い疼痛・腫脹・水泡形成がみられるが、1~2週間で治癒し、瘢痕再生する。肥厚性瘢痕を残すのは、深達性Ⅱ度である。
3.× Ⅲ度では、痛みは感じない。皮下組織までの障害で、疼痛を感じず、皮膚は白く乾燥、炭化する。水疱形成もみられない。
4.× 小児の熱傷面積の概算には、9ではなく5の法則が用いられる。9の法則は成人に用いる。熱傷面積の概算は深度とともに、重症度の基準となる。
5.× 熱傷指数は、Ⅰ度とⅡ度の面積ではなく、Ⅱ度とⅢ度の面積から算出する。熱傷指数=Ⅱ度熱傷面積(%)×1/2+Ⅲ度熱傷面積(%)で求められる。10~15%以上の重症熱傷で全身管理を要する。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 熱傷についての問題7選「まとめ・解説」

 

 

 

 

 

87 小児に多い骨折はどれか。

1.上腕骨近位端骨折
2.上腕骨顆上骨折
3.腰椎圧迫骨折
4.大腿骨頸部骨折
5.脛骨骨幹部骨折

解答2

解説

2.〇 正しい。上腕骨顆上骨折は、肘関節伸展時転倒で生じる小児に多い骨折である。合併症は神経麻痺(正中神経または橈骨神経)、フォルクマン拘縮、内反肘変形などである。
1.3.4~5.× 上腕骨近位端骨折/腰椎圧迫骨折/大腿骨頸部骨折/脛骨骨幹部骨折は、高齢者に起こりやすい。ちなみに、脛骨骨幹部骨折は、高齢者が転倒して起こるものと、青壮年者における交通外傷などによるものに分けられる。

 

 

 

 

 

 

88 腰部脊柱管狭窄症でみられるのはどれか。

1.Trendelenburg徴候
2.下肢の腱反射亢進
3.腰椎前弯増強
4.間欠性跛行
5.槌趾変形

解答4

解説

1.× Trendelenburg徴候(トレンデレンブルグ徴候)は、主に変形性股関節症に起こりやすい。Trendelenburg徴候(トレンデレンブルグ徴候)とは、歩行時の患側(中殿筋に麻痺がある側)での片脚起立時に、健側(遊脚側)の骨盤が下がる現象である。
2.× 下肢の腱反射亢進は、上位運動ニューロンの障害で起こる。腰部脊柱管狭窄症では、脊髄前角細胞以遠の下位運動ニューロン障害である。
3.× 腰椎前弯増強ではなく、減少である。なぜなら、腰椎前弯が増強すると、腰部の脊髄神経の通り道が狭くなり症状が悪化するため。なので、腰部脊柱管狭窄症の患者はできるだけ前かがみ(体幹前屈)になり、腰椎前弯を減少させ、脊柱管を広げようとする戦略をとる。
4.〇 正しい。間欠性跛行は、腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状である。間欠性跛行とは、歩行継続している際、次第に下肢の疼痛、しびれ、脱力を感じ歩行困難となるが、一次休息することにより症状が軽減し、再び歩行が可能となることである。
5.× 槌趾変形の原因は、本態性(原因不明)のものが多い。脳性麻痺や二分脊椎といった神経疾患の他、リウマチや痛風で起こりやすい。槌指変形とは、中足趾節関節の背側の亜脱臼に起因するZ型の変形である。

 

 

 

 

 

89 絞扼性神経障害と障害される神経の組合せで正しいのはどれか。

1.肘部管症候群:橈骨神経
2.円回内筋症候群:尺骨神経
3.手根管症候群:正中神経
4.梨状筋症候群:外側大腿皮神経
5.足根管症候群:総腓骨神経

解答3

解説

1.× 肘部管症候群は、橈骨神経ではなく、肘部管で尺骨神経が絞扼される。
2.× 円回内筋症候群は、尺骨神経ではなく、正中神経が絞扼され、高位不全麻痺が起こる。
3.〇 正しい。手根管症候群は、正中神経が障害され、猿手や母指対立不能がみられる。
4.× 梨状筋症候群は、外側大腿皮神経ではなく、坐骨神経が絞扼される。
5.× 足根管症候群は、総腓骨神経ではなく、脛骨神経が絞扼される。

 

 

 

 

 

90 姿勢発達の順序を矢印で示す。
 正しいのはどれか。

解答5

解説

1.× 発達の順序がである。腹ばいの状態から、手と腕の力を使って上半身を起こせるようになる。
2.× 発達の順序がである。支持基底面が少なくなるにつれ、体幹の筋力・バランス能力が発達していることが分かる。
3.× 発達の順序がである。仰向けの状態から、下肢・殿部を上げられるようになる。
4.× 発達の順序がである。不安定な座位から、上肢の操作性・体幹回旋を伴うことが可能となる。
5.〇 正しい。両手つかまり立ちから、片手を上げ、さらに体幹回旋して立てるようになる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)