第48回(H25) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題86~90】

 

86 ワルファリンの作用を減弱させるのはどれか。

1.へパリン
2.抗血小板薬
3.ビタミンK
4.ペニシリン系抗菌薬
5.非ステロイド性抗炎症薬

解答3

解説

ワルファリンは、血栓塞栓予防薬(抗凝固薬)であり血圧の低下に寄与する。

 

1.× へパリンは、抗凝固薬である。ちなみに、ヘパリンに拮抗するのはプロタミンである。
2.× 抗血小板薬は、血小板凝集能を抑える。結果的に血栓をできにくくする。
3.〇 正しい。ビタミンKは、ワルファリンの作用を減弱させる。ワルファリンを服用している患者に、ビタミンKを多く含む納豆は控えるよう食事指導するのはこのためである。
4.× ペニシリン系抗菌薬は、ワルファリンの作用を増強させる。ペニシリン系抗菌薬はビタミンK産生腸内細菌を抑制する働きを持つ。
5.× 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、ワルファリンの作用を増強させる。なぜなら、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、血小板凝集の抑制作用や、消化管出血による出血傾向を助長すること、また、ワルファリンを血漿タンパクから遊離させる働きを持つため、

 

 

 

 

 

87 ボツリヌス毒素を用いた治療で正しいのはどれか。

1.ボツリヌス毒素は前角細胞に作用する。
2.痙縮のある筋に対して筋肉注射を行う。
3.65歳以上の高齢者には禁忌である。
4.注射直後から最大効果を認める。
5.効果持続は約1年間である。

解答2

解説

 ボツリヌス療法は、脳・脊髄疾患などによる痙性麻痺に対して有効とされている。ボツリヌス毒素を筋肉内に数か所注射し、筋収縮を抑制する。効果持続は、3~6か月のため、数か月ごとに再投与が必要である。ボツリヌス毒素が神経終末の受容体に結合することで、アセチルコリンの放出を阻害し、アセチルコリンを介した筋収縮および発汗が阻害される。なお、アセチルコリンの合成や貯蔵、神経伝導には影響を及ぼさない特徴を持つ。

 

1.× ボツリヌス毒素は、前角細胞ではなく、運動神経の末端に作用する。
2.〇 正しい。痙縮のある筋に対して筋肉注射を行う。
3.× 65歳以上の高齢者でも適応になるが、2歳未満の小児には適応ではない。適応疾患は、痙性麻痺(脳性麻痺・脳血管障害ともに)である。
4.× 注射後24時間以内に効果が発現し、最大効果を認めるのは、効果が安定する1~2週間以内が多い。
5.× 効果持続は、約1年間ではなく3~4か月程度である。減弱のたびにボツリヌス療法を受ける。

 

 

 

 

 

88 変形性膝関節症で正しいのはどれか。

1.外側型が多い。
2.歩き始めは痛くない。
3.女性よりも男性に多い。
4.膝周囲筋の筋力強化は症状を改善させる。
5.内側型には内側が高い楔状足底板が用いられる。

解答4

解説

1.× 外側型(X脚)より、内側型(O脚)が多い。
2.× 歩き始めに痛みが伴いやすい。運動開始時に痛みが伴いやすく、特に歩き始めの歩行時、立ち上がり時にみられる。
3.× 逆である。男性よりも女性に多い
4.〇 正しい。膝周囲筋の筋力強化は、症状の改善を期待できる。
5.× 内側型(O脚)には、内側ではなく、外側が高い楔状足底板(外側ウェッジ)が用いられる。

 

 

 

 

 

89 感覚障害を合併するのはどれか。2つ選べ。

1.多発性硬化症
2.重症筋無力症
3.筋萎縮性側索硬化症
4.肢帯型筋ジストロフィー
5.慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー

解答1/5

解説

1.〇 正しい。多発性硬化症は、感覚障害を合併する。多発性硬化症とは、中枢神経系に時間的・空間的に多発する脱髄性疾患である。
2.× 重症筋無力症は、骨格筋の神経筋接合部が障害部位である。特徴は、筋力低下、眼瞼下垂、易疲労性である。
3.× 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、上位・下位運動ニューロンがともに変性する疾患である。ALSの4大陰性徴候は、①感覚障害、②膀胱・直腸障害、③眼球運動障害、④褥瘡である。
4.× 肢帯型筋ジストロフィーは、骨格筋の変性と壊死による筋力低下が主病態である。
5.〇 正しい。慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーの原因は不明であり、2か月以上にわたる進行性または際年生の左右対称性の多発根ニューロパチーである。末梢運動神経・末梢感覚神経がともに侵される特徴を持つ。

 

 

 

 

 

90 重症筋無力症について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.筋電図検査において末梢神経の連続刺激で振幅の増大がみられる。
2.抗アセチルコリン受容体抗体陽性率は10%である。
3.症状の日内変動がある。
4.嚥下障害の合併はない。
5.眼瞼下垂がみられる。

解答3/5

解説

1.× 筋電図検査において末梢神経の連続刺激での検査を疲労試験(反復刺激検査)という。振幅の増大がみられるのは、Lambert-Eaton症候群(ランバート・イートン症候群)である。重症筋無力症の場合、振幅が漸減(waning:ウィニング)する。
2.× 抗アセチルコリン受容体抗体陽性率は、10%ではなく80~90%である。抗アセチルコリン受容体は、筋収縮に作用する。
3.〇 正しい。症状の日内変動がある。朝方は症状が軽度であり、夕方になると症状の増悪がみられる。
4.× 嚥下障害の合併がみられる。なぜなら、舌咽頭筋(構音障害・舌筋運動障害)が侵されるため。
5.〇 正しい。眼瞼下垂がみられる。初期症状になることが多い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)