おしっこを飲むとどうるの?
と思っている人も多いかと思います。

 

よく、尿は無菌だと言われていますが・・・。
そこから、尿は無菌だから体に良いものだと伝わり、尿療法なんてものもあります。
本当に安全なのでしょうか?
体にいいものなんでしょうか?

 

この記事は、おしっこを飲む飲尿」について書いていきたいと思います。

 

おしっこは、無菌で安全か?

これまで、健康な人の尿は、無菌であると考えられてきました。
なぜなら、尿は血液を腎臓がろ過しているため、そう考えられていたのです。
(詳しく知りたい方はこちら「おしっこが出来る仕組みや量(小学生に分かりやすく説明するよ。)」)

 

それは、医学界の常識という風潮ですらありました。

 

ところが今回、アメリカの大学の研究が新しい手法を用いて検査しました。
その結果、健康な女性の膀胱にも、既に細菌が存在することが分かったのです。
(※この研究結果は最近ボストンで開催された第114回米国微生物学会で発表)

 

つまり、尿は無菌ではありません。

ただ細菌はいますが、体に悪い細菌はいないです。
そのため、尿自体は、本質的に悪いものでもありません。
ですが、飲尿は、健康上のメリットを証明してある文献はありませんでした。

 

危機的状態で、飲尿は得策か?

実は、その場合でも、尿を飲むのは良いことではありません。

 

先ほども述べた通り、尿には有害な細菌は含まれていません。
しかし、尿には「塩分」が含まれており、体から「水分」を奪ってくのです。
尿を飲めば飲むほど、体内の塩分濃度が上がり、喉が渇いてしまいます。

 

1日や2日、自分の尿を飲むのは問題はないでしょう。
それ以上続けると、「腎臓」に負担がかかり過ぎて、より酷い脱水症状になる危険性があります。

 

しかし、まったく水を飲まなくても「3日間」は生き延びることができます。
ですから、単に喉が渇いたというだけで尿を飲むというのは得策とは言えないでしょう。

 

余談・・・おしっこで病気が分かる。

おしっこは、健康かどうかを知る目安にもなります。
あなたも健康診断で「尿検査」を受けたことがあるでしょう。
おしっこの「濃さ」や、おしっこの中の「物質の種類」などを調べています。
そうすると、体の中のどの部分の働きが弱っているかが分かるのです。
お医者さんは、おしっこから、からだの中の病気を診断することもできるのですね。

 

少し難しい話になりますが、こんな記事も書いています。
(詳しく知りたい方はこちら「【先進医療】がんの早期発見~1滴の血液から~」)

 

まとめ

  • 尿は無菌ではない。
  • 有害な細菌は含まれていない。
  • 危機的状態でも飲むのは得策ではない。

 

いかがだったでしょうか。
本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
コメント、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。