第56回(R3) 作業療法士国家試験 解説【午後問題41~45】

 

41 コンピューターゲームを用いた統合失調症患者の認知リハビリテーションはどれか。

1. IPS<Individual Placement and Support>
2. MCT<Metacognitive Training>
3. NEAR<Neuropsychological Educational Approach to Cognitive Remediation>
4. SCIT<Social Cognition and Interaction Training>
5. SST<Social Skills Training>

解答3

解説
1.× IPS<Individual Placement and Support>
2.× MCT<Metacognitive Training>
3.〇 正しい。NEAR<Neuropsychological Educational Approach to Cognitive Remediation>
4.× SCIT<Social Cognition and Interaction Training>
5.× SST<Social Skills Training>

 

 

 

 

 

 

 

42 解離性けいれん発作について正しいのはどれか。

1. 誘因なく突然起こる。
2. 睡眠中には起こらない。
3. 発作持続時間は数分程度である。
4. 発作時に意識は完全に消失する。
5. 転倒による打撲傷が頻繁にみられる。

解答2

解説
1.× 誘因なく突然起こる。
2.〇 正しい。睡眠中には起こらない。
3.× 発作持続時間は数分程度である。
4.× 発作時に意識は完全に消失する。
5.× 転倒による打撲傷が頻繁にみられる。

 

 

 

 

 

 

 

43 症状性精神障害を引き起こす疾患と治療の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

1. Wernicke 脳症:ビタミンB1投与
2. 肝性脳症:芳香族アミノ酸投与
3. 全身性エリテマトーデス:副腎皮質ステロイド投与
4. 尿毒性脳症:瀉血
5. ペラグラ:葉酸投与

解答1・3

解説
1.〇 正しい。Wernicke 脳症:ビタミンB1投与
2.× 肝性脳症:芳香族アミノ酸投与
3.〇 正しい。全身性エリテマトーデス:副腎皮質ステロイド投与
4.× 尿毒性脳症:瀉血
5.× ペラグラ:葉酸投与

 

 

 

 

 

 

 

44 統合失調症について正しいのはどれか。

1. 症状寛解後は薬物治療を中止する。
2. 家族心理教育を行うことで再発率が低下する。
3. 精神病未治療期間の長短は予後と無関係である。
4. 服薬自己管理の練習は急性増悪期から開始する。
5. 障害者試行雇用<トライアル雇用>の対象にはならない。

解答2

解説
1.× 症状寛解後は薬物治療を中止する。
2.〇 正しい。家族心理教育を行うことで再発率が低下する。
3.× 精神病未治療期間の長短は予後と無関係である。
4.× 服薬自己管理の練習は急性増悪期から開始する。
5.× 障害者試行雇用<トライアル雇用>の対象にはならない。

 

 

 

 

 

 

 

45 作業療法における広汎性発達障害(自閉スペクトラム症)への対応で適切なのはどれか。

1. 攻撃的な行動には大きな声で「ダメ」とだけ簡潔に言う。
2. 作業の適用時には内容をあらかじめ伝える。
3. こだわりに対しては行動変容を促す。
4. 作業は自由度の高いものを用いる。
5. 説明には言語的情報を多用する。

解答2

解説
1.× 攻撃的な行動には大きな声で「ダメ」とだけ簡潔に言う。
2.〇 正しい。作業の適用時には内容をあらかじめ伝える。
3.× こだわりに対しては行動変容を促す。
4.× 作業は自由度の高いものを用いる。
5.× 説明には言語的情報を多用する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)