第56回(R3) 理学療法士国家試験 解説【午後問題46~50】

 

46 廃用症候群について正しいのはどれか。

1.小児ではみられない。
2.フレイルと同義である。
3.起立性低血圧がみられる。
4.一次性サルコペニアの原因である。
5.加齢とともに症状の進行が遅くなる。

解答

解説
1.× 小児ではみられない。
2.× フレイルと同義である。
3.〇 正しい。起立性低血圧がみられる。
4.× 一次性サルコペニアの原因である。
5.× 加齢とともに症状の進行が遅くなる。

 

 

 

 

 

 

47 摂食嚥下障害に対するリハビリテーション手技と目的の組合せで正しいのはどれか。

1.Shaker法:舌骨上筋群の強化
2.ハフィング〈huffng〉:食道入口部の開大
3.バルーン拡張法:誤嚥物の略出
4.ブローイング:喉頭挙上の強化
5.Mendelsohn手技:鼻咽腔閉鎖の強化

解答

解説
1.〇 正しい。Shaker法:舌骨上筋群の強化
2.× ハフィング〈huffng〉:食道入口部の開大
3.× バルーン拡張法:誤嚥物の略出
4.× ブローイング:喉頭挙上の強化
5.× Mendelsohn手技:鼻咽腔閉鎖の強化

 

 

 

 

 

 

48 地域包括ケアシステムにおける支援の互助の説明として正しいのはどれか。

1.高齢者が生活保護を受ける。
2.高齢者が毎日ウォーキングする。
3.住民ボランティアが要介護者宅の庭を掃除する。
4.要介護者が通所リハビリテーションを利用する。
5.要介護者が自費で外出サービスを利用して買物に行く。

解答

解説
1.× 高齢者が生活保護を受ける。
2.× 高齢者が毎日ウォーキングする。
3.〇 正しい。住民ボランティアが要介護者宅の庭を掃除する。
4.× 要介護者が通所リハビリテーションを利用する。
5.× 要介護者が自費で外出サービスを利用して買物に行く。

 

 

 

 

 

 

49 松葉杖の使用について正しいのはどれか。

1.ロフストランド杖より歩行時に体幹を伸展位に保持しやすい。
2.腋窩と脇当ては4~5cm程度の距離を設ける。
3.肘関節完全伸展位で握りを把持する。
4.階段昇段時は杖を先に出す。
5.T字杖よりも免荷が少ない。

解答

解説
1.× ロフストランド杖より歩行時に体幹を伸展位に保持しやすい。
2.〇 正しい。腋窩と脇当ては4~5cm程度の距離を設ける。
3.× 肘関節完全伸展位で握りを把持する。
4.× 階段昇段時は杖を先に出す。
5.× T字杖よりも免荷が少ない。

 

 

 

 

 

 

50 標準予防策〈standard precautions〉において、正しいのはどれか。

1.手洗いは温水で行う。
2.汗に触れるときは手袋を着用する。
3.感染のある患者のみを対象とする。
4.目の粘膜汚染を防ぐためのゴーグルは眼鏡で代用できる。
5.創傷皮膚に触れてしまったときは、他の部位に触れる前に手洗いをする。

解答

解説
1.× 手洗いは温水で行う。
2.× 汗に触れるときは手袋を着用する。
3.× 感染のある患者のみを対象とする。
4.× 目の粘膜汚染を防ぐためのゴーグルは眼鏡で代用できる。
5.〇 正しい。創傷皮膚に触れてしまったときは、他の部位に触れる前に手洗いをする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)