第56回(R3) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題86~90】

 

86 骨折の名称と部位の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

1.Cotton骨折:大腿骨
2.Dupuytren骨折:第1中手骨
3.Galeazzi骨折:橈骨
4.Jefferson骨折:環椎
5.Straddle骨折:上腕骨

解答3・4

解説
1.× Cotton骨折:大腿骨
2.× Dupuytren骨折:第1中手骨
3.〇 正しい。Galeazzi骨折:橈骨
4.× Jefferson骨折:環椎
5.× Straddle骨折:上腕骨

 

 

 

 

 

 

87 視床痛について正しいのはどれか。

1.CRPS〈複合性局所疼痛症候群〉typeⅠに分類される。
2.発症頻度は脳卒中患者の30%程度である。
3.脳卒中発症直後に生じる症例が多い。
4.鎮痛剤は無効であることが多い。
5.手部に腫脹を伴う。

解答

解説
1.× CRPS〈複合性局所疼痛症候群〉typeⅠに分類される。
2.× 発症頻度は脳卒中患者の30%程度である。
3.× 脳卒中発症直後に生じる症例が多い。
4.〇 正しい。鎮痛剤は無効であることが多い。
5.× 手部に腫脹を伴う。

 

 

 

 

 

 

88 心原性脳塞栓症の原因として誤っているのはどれか。

1.卵円孔開存
2.拡張型心筋症
3.三尖弁狭窄症
4.慢性心房細動
5.感染性心内膜炎

解答

解説
1.〇 卵円孔開存
2.〇 拡張型心筋症
3.× 誤っている。三尖弁狭窄症
4.〇 慢性心房細動
5.〇 感染性心内膜炎

 

 

 

 

 

 

89 進行性核上性麻痺について正しいのはどれか。

1.延髄が萎縮する。
2.L-Dopaが著効する。
3.頚部が前屈位となる。
4.垂直方向の眼球運動障害を呈する。
5.MIBG心筋シンチグラフィーで心/縦隔比が低下する。

解答

解説
1.× 延髄が萎縮する。
2.× L-Dopaが著効する。
3.× 頚部が前屈位となる。
4.〇 正しい。垂直方向の眼球運動障害を呈する。
5.× MIBG心筋シンチグラフィーで心/縦隔比が低下する。

 

 

 

 

 

 

90 疾患と遺伝形式の組合せで正しいのはどれか。

1.筋強直性ジストロフィー:常染色体優性遺伝
2.脊髄性進行性筋萎縮症:伴性劣性遺伝
3.Becker型筋ジストロフィー:常染色体劣性遺伝
4.Duchenne型筋ジストロフィー:常染色体優性遺伝
5.Huntington病:伴性劣性遺伝

解答

解説
1.〇 正しい。筋強直性ジストロフィー:常染色体優性遺伝
2.× 脊髄性進行性筋萎縮症:伴性劣性遺伝
3.× Becker型筋ジストロフィー:常染色体劣性遺伝
4.× Duchenne型筋ジストロフィー:常染色体優性遺伝
5.× Huntington病:伴性劣性遺伝

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)