リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午前問題86~90】

 

86 骨形成不全症で正しいのはどれか。

1.強膜炎を合併する。
2.遺伝性疾患ではない。
3.視覚障害を合併する。
4.二次的に側弯症を発症しやすい。
5.治療にはステロイド薬が有効である。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

87 視床痛で正しいのはどれか。

1.CRPS〈複合性局所落痛症候群〉I型に分類される。
2.脳卒中発症直後から出現する。
3.聴覚刺激で疼痛が緩和する。
4.非侵害刺激で落痛を感じる。
5.Lhermitte 徴候がみられる。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

88 脳血管障害と治療の組合せで正しいのはどれか。

1.ラクナ梗塞———頚動脈血栓内膜剥離術
2.くも膜下出血———クリッピング手術
3.心原性脳塞栓症———頚動脈ステント留置術
4.一過性脳虚血発作———コイル塞栓術
5.アテローム血栓性脳梗塞———アブレーション手術

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

89 頭部CT(下図)を別に示す。
所見として考えられるのはどれか。

1.くも膜下出血
2.硬膜外血腫
3.硬膜下血腫
4.脳動静脈奇形
5.皮質下出血

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

90 集中治療室での急性期リハビリテーションに関して正しいのはどれか。

1.安全面から歩行練習は行わない。
2.squeezing では呼気時に肺を圧迫する。
3.頭部挙上位は全身状態が安定してから開始する。
4.総腓骨神経麻痺の発生予防には踵部の除圧が重要である。
5.体位排痰法では痰の貯留部位を下にした姿勢を保持する。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)