第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午前問題56~60】

 

56 下大静脈に直接入るのはどれか。2つ選べ。

1.肝静脈
2.胃静脈
3.脾静脈
4.空回腸静脈
5.腎静脈

解答1,5
解説

下大静脈に直接流入するのは主に下半身(横隔膜以下の部)の静脈血。

具体的には・・・
①肝静脈
②腎静脈
③右精巣(卵巣)静脈
④腰静脈
⑤総腸骨静脈
※左精巣(卵巣)静脈は、腎静脈を経て流入する。

よって、1.5〇 肝静脈・腎静脈が下大静脈に直接流入する。
2~4.× 胃静脈・脾静脈・空回腸静脈は、門脈に流入する。

 

 

 

57 気管支について正しいのはどれか。

1.気管支には平滑筋がある。
2.左主気管支は右主気管支より短い。
3.気管支の内表面は扁平上皮で覆われる。
4.気管分岐部は食道の第1狭窄部にある。
5.気管の延長線に対する気管支の分岐角度は左より右の方が大きい。

解答
解説
1.〇 正しい。気管支には平滑筋がある。平滑筋とは、横紋筋とは違いサルコメア(筋節)のない筋肉のことである。 血管、膀胱、子宮など、管状あるいは袋状器官ではにみられる。 
2.× 左主気管支は右主気管支より短いのではなく細く・長い。そのため誤嚥した異物は右主気管支に落ちやすい。
3.× 気管支の内表面は扁平上皮で覆われる。気管や気管支は多列線毛上皮(単層円柱上皮の亜系)である。細気管支に入ると最初のうちは単層円柱線毛上皮となる。先に進むに連れ細胞の高さがへり、最終的には単層立方上皮となる
4.× 気管分岐部は、食道の第1狭窄部ではなく、第4・5胸椎の高さにある。
5.× 気管の延長線に対する気管支の分岐角度は左より右の方が大きいのは間違いである。気管支の分岐角度は右より左の方が大きい心臓があるためである。

 

 

 

58 後腹膜腔に存在するのはどれか。

1.胃
2.空腸
3.膵臓
4.横行結腸
5.S状結腸

解答
解説

 腹膜後器官(後腹膜臓器)とは、後腹壁の壁側腹膜に接する領域に位置する器官のことである。

1~2.4~5.× 胃・空腸・横行結腸・S状結腸は後腹膜腔に存在しない。
3.〇 正しい。膵臓は、後腹膜腔に存在する

腹膜後器官

①十二指腸
②腎臓
③副腎
④膵臓
⑤尿管
⑥腹大動脈
⑦下大静脈
⑧胸管
⑨乳び槽など

 

 

合格グッツで縁担ぎ!

 

 

59 左顔面を図に示す。
 網かけ部分を支配している感覚神経はどれか。

1.眼神経
2.顔面神経
3.鼓室神経
4.耳介側頭神経
5.上顎神経

解答
解説

1.× 眼神経は、図を参照していただければ支配領域が確認できる。眼窩内、前頭部・鼻腔などの知覚を司る神経である。
2.× 顔面神経は、①表情筋の支配②涙腺・唾液腺の分泌調整③舌の前2/3からの味覚を伝える働きを持つ。
3.× 鼓室神経は、一般内臓性遠心性線維(下唾液核→鼓室神経→鼓室神経叢→小錐体神経→耳神経節(シナプス結合)→耳介側頭神経→顔面神経→耳下腺)の経路になる。
4.× 耳介側頭神経は、下顎神経の枝である。
5.〇 正しい。網かけ部分を支配している感覚神経は上顎神経である。

 

 

 

60 線毛上皮があるのはどれか。

1.膣
2.子宮
3.尿管
4.膀胱
5.卵管

解答
解説

 繊毛は一定方向に運動して表面に付着する物質を運ぶ。つまり、運搬の機能を持つ。胃腸粘膜細気管支卵管粘膜上皮に存在する。したがって、選択肢5.卵管が正しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)