リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午後問題1~5】

※問題の引用:第54回理学療法士国家試験、第54回作業療法士国家試験の問題および正答について

※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。

 

 

1. 可動域制限のない患者に図のような肢位をとらせたところ5秒間保持できた。Danielsらの徒手筋力テストにおける段階3以上と推測できる筋はどれか。

1. 左三角筋中部線維
2. 右上腕二頭筋
3. 左中殿筋
4. 右腸腰筋
5. 右前脛骨筋

解答
解説
Danielsらの徒手筋力テストの3(Fair)は、「抵抗を加えなければ重力に抗して、運動域全体にわたって動かせる。」ことが必要になってくる。
1. ×:被験者の左上肢は、左腰を押さえている。これだけでは、左三角筋中部線維がMMT3以上と判断しにくい。
2. ×:被験者の右上肢の肘関節は0°である。ただ肘関節を伸展位でロックしてあるとも考えられるので、右上腕二頭筋のMMT3以上とは判断しにくい。
3. 〇:正しい。左股関節は内・外転中間位であるが、被験者の重心線は、左股関節の内側に位置すると考えられる。左中殿筋は、体重を支えており(体重分の抵抗に抗している)、MMT3以上ではないと、体幹側屈(トレンデレンブルグ徴候)などのなんらかの変化がみられると考えられる。そのため、最もMMT3以上あると考えられるのは左中殿筋である。
4. ×:被験者の右股関節は軽度屈曲し、右腸腰筋が働いていると考えられる。Danielsらの徒手筋力テストの3(Fair)は、「抵抗を加えなければ重力に抗して、運動域全体にわたって動かせる。」ため、これだけの姿勢では、運動域全体にわたって動かせると断定しにくい。
5. ×:被験者の右足関節は、底・背屈中間位であるが。Danielsらの徒手筋力テストの3(Fair)は、「抵抗を加えなければ重力に抗して、運動域全体にわたって動かせる。」ため、これだけの姿勢では、運動域全体にわたって動かせると断定しにくい。

 

 

 

2. Danielsらの徒手筋力テストにおける段階4の検査方法で正しいのはどれか。

解答
解説
1. ×:肩関節屈曲の正しい抵抗の位置は、上腕の遠位である。図は前腕近位となっているため不正解。
2. ×:肩関節伸展の正しい抵抗の位置は、上腕の遠位である。図は前腕近位となっているため不正解。
3. ×:肘関節屈曲の正しい抵抗の位置は、前腕の遠位である。図は手掌となっているため不正解。
4. 〇:正しい。股関節屈曲の抵抗の位置は大腿遠位である。
5. ×:膝関節屈曲の正しい抵抗の位置は、下腿の遠位である。図は踵となっているため不正解。

 

 

 

次の文により3,4の問いに答えよ。
20歳の男性。運動時に膝関節痛を訴える。実施した検査を図に示す。3. この検査はどれか。

1. 外反ストレステスト
2. 前方引き出しテスト
3. 内反ストレステスト
4. McMurrayテスト
5. Lachmanテスト

解答
解説
1. ×:外反ストレステストは、背臥位にて患側膝30°屈曲位と伸展位の両方で、検者は外反方向にゆっくりと強制する。
2. ×:前方引き出しテストは、背臥位にて患側膝90°屈曲位で、検者は下腿を前方に引く。
3. ×:内反ストレステストは、背臥位にて患側膝30°屈曲位と伸展位の両方で、検者は内反方向にゆっくりと強制する。
4. 〇:正しい。McMurrayテストである。検査方法は図の通りである。
5. ×:Lachmanテストは、背臥位で膝関節を20~30度屈曲させて、下腿部近位端を斜め前方へ引き出す。

 

 

 

4. この検査で陽性となった。疑うべき病態はどれか。

1. 外側側副靭帯損傷
2. 後十字靭帯損傷
3. 前十字靭帯損傷
4. 内側側副靭帯損傷
5. 半月板損傷

解答
解説
1. ×:外側側副靭帯損傷は、内反ストレステストが陽性の場合疑える。
2. ×:後十字靭帯損傷は、後方引き出しテストが陽性の場合疑える。
3. ×:前十字靭帯損傷は、前方引き出しテストが陽性の場合疑える。
4. ×:内側側副靭帯損傷は、外反ストレステストが陽性の場合疑える。
5. 〇:正しい。McMurrayテストは、半月板損傷時に陽性となる。

 

 

 

5. 20歳の男性。肩関節の疼痛を訴える。図に示した状態から手背を腰部から離すように指示したところ、離すことができなかった。筋力低下が疑われるのはどれか。

1. 棘下筋
2. 棘上筋
3. 肩甲下筋
4. 小円筋
5. 上腕二頭筋

解答
解説
図の肢位は、肩関節伸展位・内旋位で肘関節90°屈曲位である。その状態から手背を腰部から離すと、肩関節伸展と内旋が強まる。だが、指示したところ、筋力低下で離すことができなかった。筋力低下が考えられるのは、肩関節伸展・内旋筋が弱いことが考えられる。それらに働く筋を選択できれば正解となる。
1. ×:棘下筋は、肩関節外旋、上部は外転、下部は内転に働く。
2. ×:棘上筋は、肩関節外転に働く。
3. 〇:正しい。肩甲下筋は、肩関節内旋に働く。筋力低下が最も考えられる筋である。
4. ×:小円筋は、肩関節外旋に働く。
5. ×:上腕二頭筋は、肘関節の屈曲・回外に働く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)