理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題81~85】

81.作動記憶<ワーキングメモリー>の説明として適切なのはどれか。

1.数日間保持される。

2.非宣言的記憶の1つである。

3.技能の記憶として機能する。

4.生活史の記憶として機能する。

5.情報の処理と保持を同時に行う。

 

解答を表示する

解答:5


解説

ワーキングメモリーは、環境から新しく入ってくる短期記憶を保持する過程と、保持された短期記憶の情報と、長期記憶から取り出される情報とを適合して処理する過程の両方に関与している。物事を実行したり考えたりする際に、一時的に情報を蓄えておく記憶のシステム。いわゆる短期記憶と異なるのは、情報を保持している間に他の情報処理を行うことである。

1.×:長期記憶である(近時記憶)。

2.×:長期記憶である(意味記憶)。

3.×:長期記憶である(手続き記憶)。

4.×:長期記憶である(エピソード記憶)。

5.〇:正しい。

 

82.運動制御における小脳の役割で正しいのはどれか。

1.一連の動作の企画

2.運動プランの切り替え

3.記憶に基づく運動の修飾

4.視覚情報を運動指令に変換

5.自発的な行為のプログラミング

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:前頭連合野が担う。

2.×:前補足運動野が担う。

3.〇:正しい。

4.×:前頭眼野が担う。

5.×:前頭葉が担う。

 

83脊髄ショック期の徴候として正しいのはどれか。

1.温痛覚解離

2.痙性四肢麻痺

3.肛門括約筋反射消失

4.深部腱反射亢進

5.排尿反射亢進

 

解答を表示する

解答:3


解説

重度の脊髄損傷では、突然脊髄の全機能が失われる。この状態を「脊髄ショック」と呼ぶ。 損傷部位以下の知覚の脱失、運動障害(弛緩性麻痺)、膀胱直腸障害、反射の消失といった身体の基本的な機能が失われる。

1.×:温痛覚の脱失

2.×:弛緩性麻痺

3.〇:正しい

4.×:反射の消失

5.×:反射の消失

 

84.脊髓損傷の機能残存レベルと可能な動作の組合せで正しいのはどれか。ただし、機能残存レベルより下位は完全麻痺とする。

1.C4:万能カフを用いた食事

2.C5:前方移乗

3.C6:橈側-手掌握り

4.C7:更衣

5.C8:長下肢装具での歩行

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:C5で行える。

2.×:C6で行える。

3.×:C8で行える。

4.〇:正しい。

5.×:T12から行える。

 

85.Fallot四徴症で起こる血管異常はどれか

1.大動脈騎乗

2.大動脈狭窄

3.冠動脈狭窄

4.肺静脈閉塞

5.肺動脈弁逆流

 

解答を表示する

解答:1


解説

Fallot四徴症とは、心室中隔欠損・大動脈騎乗・肺動脈狭窄・右室肥大のことである。

よって、1が正しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)