第52回(H29) 作業療法士国家試験 解説【午後問題16~20】

 

16 55歳の男性。アルコール依存症に肝機能障害を合併。仕事上のトラブルから連続飲酒状態となり入院治療に至った。退院後、依存症専門デイケアを利用することになったが、少し位なら飲んでも大丈夫と思っている様子であった。妻同伴で担当作業療法士と面接を行った際に再発予防のための助言を受けることとなった。
 作業療法士の対応として最も適切なのはどれか。

1. 断酒の意志の弱さを患者に指摘する。
2. 飲みたい場合は少量にとどめるよう患者に勧める。
3. 患者の飲酒状況を把握してもらうよう妻に依頼する。
4. 体力回復を促すため患者の食事管理を妻に依頼する。
5. Alcoholics Anonymous(A. A.)への参加を患者に勧める。

解答5

解説

 アルコール依存症の治療で最も重要なことは、目指すところは節酒ではなく断酒ある。患者が断酒し、社会復帰できるような作業療法を行っていく。

1.× 断酒の意志の弱さを患者に指摘するのは不適切である。断酒に対する意思の弱さを指摘するのではなく、自分の意志だけでは断酒できないことを認められるように支援することが重要である。
2.× 飲みたい場合は少量にとどめるよう患者に勧めるのは不適切である。なぜなら、目指すところは節酒ではなく断酒であるため。
3.× 患者の飲酒状況を把握してもらうよう妻に依頼するのは不適切である。なぜなら、患者自身の現在の状況に向き合うため。飲酒状況は自分自身で把握し、医療者に伝える必要がある。
4.× 体力回復を促すため患者の食事管理を妻に依頼するのは不適切である。体力回復も自分自身の課題として取り組む必要がある。
5.〇 正しい。Alcoholics Anonymous(A. A.)への参加を患者に勧める。Alcoholics Anonymous(A.A.)とは、アルコール依存症の世界的な自助グループである。アルコール依存症の患者は、単独で断酒することが難しく、自助グループへの参加や集団との関わりにより再発を防止できる。メンバーが共通の話題や目標をもち、互いに支え合うことで問題に向かうことができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

17 17歳の女子。高校2年生。高校入学時、身長158 cm、体重55 kgであったが、同級生に「太っている」と言われ、食事を制限して半年間に12 kgやせた。高校1年の秋ごろから月経が不順になり、半年前から無月経となった。このため無月経と体重減少とを主訴に入院治療が開始されたが各種検査を受けることに抵抗感が強い。
 母親は「もともと太ってなどいなかったと説得して欲しい」と希望する。
 作業療法士の患者に対する治療的態度として適切なのはどれか。2つ選べ。

1. 心理的な問題には触れない。
2. 食事については、本人の判断に任せる。
3. 受容的態度で、健康状態についての本人の考え方を尋ねる。
4. 母親の希望を受け入れて元の体重でも肥満でなかったことを説明する。
5. 全身的な健康状態を確認する必要性を伝え、臨床検査を受けることを勧める。

解答3/5

解説

 思春期の摂食障害の患者では、まず治療関係づくりを重視する。頭ごなしの否定や侵襲的な介入は禁物である。本人が受け入れやすい内容から話題にして治療の進展を図り、心理的な問題にも触れていく。

摂食障害の作業療法のポイント

①ストレス解消、②食べ物以外へ関心を向ける、③自身の回復(自己表出、他社からの共感、自己管理)、④過度の活動をさせない、⑤身体症状、行動化に注意する。

1.× 心理的な問題には触れないのは不適切である。摂食障害の発症には心理的背景も関わっているので、侵襲的にならないように留意しながら心理的な問題に触れることは必要である。
2.× 食事については、本人の判断に任せるのは不適切である。食べ物以外へ関心を向けることは作業療法のポイントである。また、生命の危機にもつながるため、食事への介入は必要であり、場合によっては高カロリー輸液も考慮する。
3.〇 正しい。受容的態度で、健康状態についての本人の考え方を尋ねる。なぜなら、摂食障害の患者は、自身の不健康の状態を重要視しない傾向があるため。
4.× 母親の希望を受け入れて元の体重でも肥満でなかったことを説明するのは不適切である。なぜなら、本症例は入院したばかりでボディイメージのゆがみが修正されていないため。現段階で説明しても納得しない可能性が高い。
5.〇 正しい。全身的な健康状態を確認する必要性を伝え、臨床検査を受けることを勧める。本症例は、無月経と体重減少がみられている。全身の健康状態に懸念があることを伝え、臨床検査の必要性を理解してもらう。

 

 

 

 

一休みに・・・。

 

 

 

 

 

18 8歳の男児。小児自閉症と診断されている。言語発達の遅れがみられ、軽度の精神遅滞を合併している。小学校に入学した後、「先生が何を言っているか分からない」と訴えた。保護者も強く希望し、特別支援学校に転校した。
 この児とのコミュニケーションにおいて、作業療法士が最も留意すべきなのはどれか。

1. 一度に複数の指示をする。
2. 絵やカードを豊富に使い指示をする。
3. 言葉より表情の変化で意図を伝える。
4. 不適切な行動は時間をおいてから指摘する。
5. 個別にではなく集団の一員として声をかける。

解答2

解説

1.× 一度に複数の指示をするのは不適切である。なぜなら、小児自閉症患者は、一度に複数の情報を処理することが苦手であるため。
2.〇 正しい。絵やカードを豊富に使い指示をする。なぜなら、小児自閉症患者は、聴覚(言葉で指示をする)よりも視覚に訴えた方が、指示が伝わりやすいため。
3.× 言葉より表情の変化で意図を伝えるのは不適切である。なぜなら、小児自閉症患者は、表情を読み取ることは苦手なため。明確に言葉で意図を伝える必要がある。
4.× 不適切な行動を時間をおいてから指摘するのは不適切である。なぜなら、小児自閉症患者は、時間を置くと何を指摘されているのかわからなくなってしまうため。不適切な行動は、その場で指摘をして、本人が受け入れやすいようなより適切な行動を指示する。5.× 個別にではなく集団の一員として声をかけるのは不適切である。なぜなら、小児自閉症患者は、集団の一員として声をかけられても、自分がその対象となっていることの理解が難しいため。個別の声掛けが必要である。

 

 

 

 

 

 

19 79歳の女性。Alzheimer型認知症。趣味の詩吟や洋裁をして過ごしていたが、75歳ごろから物忘れが目立ち始めた。最近、夫が入院して独居となったが、洋裁や家事ができなくなり自信を喪失して介護老人保健施設に入所となった。HDS-R10点で、日付、減算、遅延再生および野菜の想起に失点を認めた。問題行動は特に認めない。
 この患者に対する自己効力感の向上を目的とした作業療法導入時の作業として適切なのはどれか。

1. 詩吟
2. 洋裁
3. 計算ドリル
4. 献立づくり
5. 立体パズル

解答1

解説

 認知症患者に対する作業療法の基本原則

・日常生活活動の場として患者が安心して過ごせる。

・導入期は、患者が継続して参加できるような種目を用意する。

 

 自己効力感(セルフ・エフィカシー:self efficacy)とは、自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できると、自分の可能性を認知していること。 カナダ人心理学者アルバート・バンデューラが提唱した。

 

1.〇 正しい。詩吟は、患者の趣味の一つである。疲労が少なくなじみもあるため望ましい。自己効力感も得られると考えられる。

2.× 洋裁は、患者の趣味の一つである。しかし、問題文から、「洋裁や家事ができなくなり自信を喪失して介護老人保健施設に入所となった。」という経緯がある。そのため、洋裁をすることでかえって自信を失い、自己効力感は得られない可能性が高い。
3.× 計算ドリルは不適切である。なぜなら、HDS-Rにて減算に失点が認められるため。能力を上回る活動である計算ドリルを行うことで、うまくできず自信を失い、自己効力感は得られない可能性が高い。
4.× 献立づくりは不適切である。なぜなら、家事ができなくなっているためである。かえって自信を失い、自己効力感は得られない可能性が高い。
5.× 立体パズルは不適切である。なぜなら、Alzheimer型認知症は空間認知の低下があるため。また過去になじみのある作業ではないため優先されない。

 

 

 

 

 

 

20 19歳の男性。統合失調症。幻覚妄想がみられ、両親に付き添われて精神科病院を受診した。病識は曖昧であったが、外来医師と両親の説得で本人が入院に同意した。入院2日目の夜になって「こんなところにいては、お前はダメになる。薬を飲むと頭が変になってしまうぞという声が聞こえる。一刻も早く退院したい。入院時の同意は取り下げる」と強く訴え興奮したため、精神保健指定医の判断によって、両親の同意の下、非自発的な入院形態に変更された。
 この患者の変更後の入院形態はどれか。

1. 医療保護入院
2. 応急入院
3. 緊急措置入院
4. 措置入院
5. 任意入院

解答1

解説

 本症例は、統合失調症で、任意入院中に本人の訴えが変化し、入院を拒否した。その際の入院形態(今回は、両親の同意の下、非自発的な入院形態を選ぶ。)をどうするか?精神障害者の入院制度を理解する必要がある。

1.〇 正しい。医療保護入院とは、入院を必要とする精神障害者で、本人の同意がなくても、精神保健指定医の診察および家族等の同意があれば入院させることができる制度である。退院は、精神科病院の管理者の判断と、家族等の同意により決められる。なお、医療保護入院は、1名の家族等に相当する者の同意があれば可能である。だが、本症例の場合、患者は未成年であるので、原則として両親双方の同意が必要である。
2.× 応急入院とは、精神障害者に対し、急を要するが家族等からも本人からも同意が得られない場合に、72時間以内に限り入院させることができる制度である。
3.× 緊急措置入院とは、措置入院(自傷他害のおそれのある患者に対して、2名の精神保健指定医が入院の必要性を認めた場合に入院させることができる制度)に該当する症例ではあるが、急速を要し、2名の精神保健指定医の診察ができない場合に1名の指定医の診察で、72時間以内のも措置入院ができる制度である。72時間以内にあらためて2名の指定医による診察が必要である。
4.× 措置入院とは、自傷他害のおそれのある患者に対して、2名の精神保健指定医が入院の必要性を認めた場合に入院させることができる制度である。
5.× 任意入院は、本人の同意に基づく入院である.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)