リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題91~95】

91 中枢神経の先天奇形とその特徴の組合せで正しいのはどれか。

1. 小頭症——————————脳圧亢進

2. 滑脳症——————————脳溝増加

3. 二分脊椎—————————水頭症合併

4. Dandy-Walker症候群———後頭蓋縮小

5. Arnold-Chiari奇形————脊髄の頭蓋内嵌入

 

解答:3

解説

1. ✖ 小頭症は、脳の発育が悪く頭囲が身長、体重と比較して小さい状態。脳圧亢進は水頭症である。

2. ✖ 滑脳症は、脳溝現象である。

3. 〇 正しい。二分脊椎は、水頭症合併する。

4. ✖ Dandy-Walker症候群は、小脳中部の形成不全と第四脳室嚢胞状拡大(後頭蓋拡大)などが特徴。

5. ✖ 嵌入(かんにゅう)…穴などに長い物がはまりこむこと。はめこむこと。Arnold-Chiari奇形は、小脳虫部、第4脳室、延髄などが頸椎管内へ嵌入する。

 

 

92 高齢者の肺炎の特徴として正しいのはどれか。

1. 高熱がみられる。

2. 誤嚥性肺炎が多い。

3. 肺尖部の病巣が多い。

4. 咳反射の亢進がみられる。

5. 死因となる例は減少している。

 

解答:2

解説

1. ✖ 必ずしも高齢者の場合、高熱とならない。

2. 〇 正しい。70歳以上では70%以上が、90歳以上では95%近くが誤嚥性肺炎であると指摘するデータがある。

3. ✖ 誤嚥性肺炎は、肺の後方部に好発する。肺尖部の病巣が多いのは肺結核である。

4. ✖ 咳反射の低下がみられる。

5. ✖ 死因となる例は、年々増加している。

 

 

93 急性心筋梗塞後の運動療法の効果として正しいのはどれか。

1. 梗塞範囲の減少

2. 心室破裂の減少

3. 心囊液貯留の減少

4. 左室駆出率の増加

5. 急性期心臓死の減少

 

解答:5

解説

5.〇 正しい。心筋梗塞後の運動療法により心筋梗塞の再発が減少し,心臓血管死および全死亡が 20~25 % 減少するとされている。他にも、心疾患における運動療法に関するガイドライン(http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2002_saitoh_h.pdf)よると、エビデンスAだけを抜粋すると、最高酸素摂取量増加、嫌気性代謝閾値増加、心筋虚血閾値の上昇による狭心症発作の軽減、同一労作時の心不全症状の軽減、最大下同一負荷強度での換気量減少、最大下同一負荷強度での心拍数減少、最大下同一負荷強度での心仕事量(二重積)減少、ミトコンドリアの増加、骨格筋酸化酵素活性の増大、毛細管密度の増加、Ⅱ型からⅠ型への筋線維型の変換、交感神経緊張の低下、冠動脈性事故発生率の減少などがあげられる。

 

 

94 内分泌異常と病態の組合せで正しいのはどれか。

1. 下垂体前葉ホルモン欠損——先端巨大症

2. 甲状腺機能低下——————Basedow病

3. 抗利尿ホルモン分泌亢進——尿崩症

4. 副甲状腺機能低下—————テタニー

5. 副腎皮質機能低下—————Cushing症候群

 

解答:4

解説

1. ✖ 下垂体前葉ホルモン欠損するとアジソン病となる。先端巨大症は、下垂体前葉ホルモンである成長ホルモンの過剰分泌で生じる。

2. ✖ 甲状腺機能低下すると橋本病となる。甲状腺機能亢進で、Basedow病である。

3. ✖ 抗利尿ホルモン分泌が低下することで尿崩症となる。

4. 〇 正しい。副甲状腺機能低下症では、血清カルシウム血が低下するためテタニー(手足のしびれ)を起こす。

5. ✖ 副腎皮質機能低下で、アドソン病となる。副腎皮質機能亢進でCushing症候群である。

 

 

 

95 医療法で規定されていないのはどれか。

1. 医療提供の理念

2. 医療従事者の責務

3. 病院開設者の資格

4. 医療行為に対する診療報酬

5. 都道府県における医療計画の策定

 

解答:4

解説

医療法は、病院・診療所・助産所の開設・管理・整備の方法などを定める日本の法律のこと。国民は、良質かつ適切な医療の効率的な提供に資するよう、医療提供施設相互間の機能の分担及び業務の連携の重要性についての理解を深め、医療提供施設の機能に応じ、医療に関する選択を適切に行い、医療を適切に受けるよう努めなければならない。

1.2.3.5.✖ 規定されている。

4.〇 医療行為に対する診療報酬は、健康保険法に規定されている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)