リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題86~90】

86 変形性膝関節症について正しいのはどれか。

1. 男性に多い。

2. 膝関節液は混濁している。

3. 内側楔状足底板が有用な場合が多い。

4. 初期の疼痛は動作開始時に出現しやすい。

5. エックス線像では外側関節裂隙が狭小化している場合が多い。

 

解答:4

解説

1.✖ 女性に多い。

2.✖ 膝関節液は混濁しない。関節液が混濁している場合、関節液の細菌培養検査をおこなうなど、化膿性膝関節炎が示唆される。

3.✖ 変形性膝関節症のほとんどがo脚であり、それに対して外側楔状足底板が有用な場合が多い。

4.〇 正しい。変形性膝関節症の特徴である。

5.✖ エックス線像では外側関節裂隙が拡大している場合が多い。

 

 

87 第4腰椎変性すべり症の症候として誤っているのはどれか。

1. 頻尿

2. 下肢痛

3. 痙性歩行

4. 間欠性跛行

5. 会陰部の熱感

 

解答:3

解説

変性すべり症の起こるものとして、下肢痛や間欠性跛行は有名である。また障害部位は、馬尾神経がまとまっている。したがって、尿や便など排泄の機能を支配している神経も通っているため、膀胱直腸障害をきたす。さらに、会陰部障害といって、股の付け根から陰部にかけての知覚障害やほてり感が出る。よって、3.痙性歩行が適当である。

 

 

88 脳血管障害について誤っているのはどれか。

1. 高血圧は脳出血の危険因子である。

2. くも膜下出血は女性よりも男性に多い。

3. 発作性心房細動は脳塞栓の危険因子である。

4. 癌に付随する凝固異常は脳塞栓の原因となる。

5. 慢性腎臓病(CKD)は脳卒中の危険因子である。

 

解答:2

解説

1.✖ 正しい。高血圧のほかにも、糖尿病、脂質異常症、心房細動、喫煙、飲酒、炎症マーカーなどが脳出血の危険因子である。

2.〇 くも膜下出血は女性の方が多く、2/3は女性である。

3.✖ 正しい。心房細動のほかにも、機械弁、4週間以内の心筋梗塞などが危険因子となる。

4.✖ 正しい。がんの治療中に発症する脳卒中の約1/4は、トルソー症候群という病気。トルソー症候群は、がん細胞が分泌するムチンやサイトカイン、組織因子などの物質が血栓の形成を促進することによって起こる。

5.✖ 正しい。肥満、運動不足、飲酒、喫煙、ストレスなどの生活習慣は、慢性腎臓病(CKD)の発症に大きく関与している。そのため、腎機能が少し低下しているだけでも、心血管疾患の大きな危険因子となることが明らかになっている。

 

 

89 平均的な発症年齢が最も低いのはどれか。

1. 筋強直性ジストロフィー

2. 福山型筋ジストロフィー

3. Becker型筋ジストロフィー

4. Duchenne型筋ジストロフィー

5. 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー

 

解答:2

解説

1.✖ 20~30代(男性にやや多い)に発症する。

2.〇 正しい。生後から乳児期早期に発症する。

3.✖ 小児期~成人に発症する。

4.✖ 3~6歳に発症する。

5.✖ 小児~成人に発症する。

 

 

90 多発性硬化症について正しいのはどれか。

1. 女性よりも男性に多い。

2. 再発と寛解を繰り返す。

3. 発症は50歳以上が多い。

4. 後遺障害を残すことは稀である。

5. 白色人種に比べて黄色人種に多い。

 

解答:2

解説

1.3.✖ 15~50歳の女性(20歳代後半がピーク)である。

2.〇 正しい。全体としては徐々に増悪する。

4.✖ 進行すれば運動機能が低下して車いす生活となる。

5.✖ 白色人種の方が多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)