リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午後問題86~90】

86 特発性大腿骨頭壊死症について正しいのはどれか。

1. 小児に多い。

2. 手術適応例は少ない。

3. 両側性病変は稀である。

4. ステロイド薬使用者に多い。

5. 股関節内外旋可動域は保たれる。

 

解答:4

解説

特発性大腿骨頭壊死症とは、大腿骨頭の一部が、血流の低下により壊死(骨が腐った状態ではなく、血が通わなくなって骨組織が死んだ状態)に陥った状態。特発性大腿骨頭壊死症は、危険因子により、ステロイド関連、アルコール関連、そして明らかな危険因子のない狭義の特発性に分類されている。

1. ✖ 全体では30~50歳代。男女比は、全体では1.8:1。

2. ✖ 自覚症状があり圧潰の進行が予想されるときは速やかに手術適応を決定する。

3. ✖ 両側性病変は稀ではない。

4. 〇 正しい。

5. ✖ 関節症性変化が進むまで可動域は比較的保たれるため、積極的な可動域訓練は必要ない場合が多い。特に内外旋などといった特別性はない。

 

 

87 家族性が孤発性よりも多いのはどれか。

1. Parkinson病

2. 多系統萎縮症

3. Huntington病

4. Lewy小体型認知症

5. 筋萎縮性側索硬化症

 

解答:3

解説

孤発性疾患は、複数の遺伝因子・環境因子が関与している疾患という意味でもちいられることが多い。

1.✖ 孤発性は、90%を占める。

2.✖ ほとんどが孤発性で、家族性はごくわずか。

3.〇 正しい。「ハンチントン病」とは常染色体優性遺伝型式を示す遺伝性の神経変性疾患。

4.✖ ほとんど孤発性であり、家族性DLBの報告は少数。

5.✖ 多くは孤発性であり、家族性は10%以内とされている。

 

 

 

88 重症筋無力症について正しいのはどれか。

1. 起床時に症状が強い。

2. 悪性腫瘍の合併が多い。

3. 自己免疫性疾患である。

4. 女性よりも男性に多い。

5. 40歳以前の発症は稀である。

 

解答:3

解説

重症筋無力症とは、末梢神経と筋肉の接ぎ目(神経筋接合部)において、筋肉側の受容体が自己抗体により破壊される自己免疫疾患のこと。全身の筋力低下、易疲労性が出現し、特に眼瞼下垂、複視などの眼の症状をおこしやすいことが特徴(眼の症状だけの場合は眼筋型、全身の症状があるものを全身型と呼ぶ)。嚥下が上手く出来なくなる場合もある。重症化すると呼吸筋の麻痺をおこし、呼吸困難を来すこともある。

1.✖ 夕方になると症状が増悪する。

2.✖ 胸腺腫を合併することが多いが、重症筋無力症患者の約15%である。

3.〇 正しい。自己免疫性疾患である。

4,5.✖ 20~40歳代の女性、50~60歳代の男性(男:女=1:2)である。

 

 

89 てんかんについて正しいのはどれか。

1. 半数以上が遺伝性である。

2. 睡眠不足は発作の誘因である。

3. 年齢とともに発症率が減少する。

4. 成人では症候性よりも特発性が多い。

5. 発作の持続時間は後遺障害と相関しない。

 

解答:2

解説

1.✖ 半数以上が遺伝性ではなく症候性である。

2.〇 正しい。てんかん発作は、睡眠不足のほかにアルコールや過労で発作の誘因である。

3.✖ てんかんは生後2歳までの間と、思春期に最も多く出現する。

4.✖ 成人では症候性の方が多い。

5.✖ 発作の持続時間と後遺障害は相関する。例として、全身性強直間代発作が5分続けばてんかん重積状態と診断して治療を始め、30分持続すれば後遺障害を生じる可能性がある。また、部分発作や欠神発作重積では10分以上続けば治療を開始し、1時間以上持続すれば後遺障害を遺す可能性が高い。

 

 

 

90 眼疾患とその病態の組合せで正しいのはどれか。

1. 白内障 ——————硝子体の混濁

2. 麦粒腫 ——————眼瞼の悪性腫瘍

3. Behçet病—————ぶどう膜の炎症

4. 流行性角結膜炎 ——色素上皮の剝離

5. 緑内障 ——————眼圧の低下

 

解答:3

解説

1. ✖ 白内障は、硝子体ではなく、水晶体の混濁である。

2. ✖ 麦粒腫は、悪性腫瘍ではなく、細菌感染によるものである。俗に「ものもらい」と呼ばれる病気で、汗を出す腺や、まつげの毛根に感染した場合を外麦粒腫、マイボーム腺の感染を内麦粒腫と呼ぶ。

3. 〇 正しい。Behçet病(ベーチェット病) は、口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状の4つの症状を主症状とする慢性再発性の全身性炎症性疾患です。眼症状のある場合、特に眼底型の網膜ぶどう膜炎がある場合の視力の予後は悪い。

4. ✖ 流行性角結膜炎(はやり目)は、アデノウイルスというウイルスの感染が原因となる病気。まぶたは腫れ、結膜はむくみ、充血がみられる。

5. ✖ 緑内障は、眼圧の低下ではなく上昇である。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)