リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午後問題91~95】

91 10か月の正常児でみられるのはどれか。

1. Moro反射

2. 手の把握反応

3. 緊張性迷路反射

4. パラシュート反応

5. 非対称性緊張性頸反射

 

解答:4

解説

1.✖ Moro反射は、4~6か月に消失する。頭を急に落下させる。

2.✖ 手の把握反応は、5~6か月に消失する。手掌を圧迫、または軽くこする。

3.✖ 緊張性迷路反射は、5~6か月に消失する。背臥位・腹臥位にして姿勢を見る。

4.〇 正しい。パラシュート反応は、8か月ごろに出現する。

5.✖ 非対称性緊張性頸反射は、生後1~3か月に出現し、4~6か月に消失する。頭部を回旋する。

 

 

92 高齢者にみられる病態のうち、低栄養の関与が低いのはどれか。

1.貧血

2.褥瘡

3.大腿骨骨折

4.サルコペニア

5.虚血性心疾患

 

解答:5

解説

1~4.✖ 低栄養に関与が大きい。低栄養状態の方が褥瘡になりやすい。低栄養→骨粗鬆症→骨折に陥る。サルコペニアとは、加齢や疾患に伴って生じる骨格筋量と骨格筋力の低下していることである。

5.〇 虚血性心疾患とは、この冠動脈が動脈硬化などの原因で狭くなったり、閉塞したりして心筋に血液が行かなくなること(心筋虚血)で起こる疾患。生活習慣病である。

 

 

93 2型糖尿病の運動療法について誤っているのはどれか。

1. 有酸素運動が用いられる。

2. インスリン感受性を上昇させる。

3. 食事療法との併用が基本となる。

4. 尿中ケトン体が陽性の場合においても推奨される。

5. 実施にあたってはインスリンが十分に補充されている必要がある。

 

解答:4

解説

1.3.✖ バランスのとれた食事をとり、週3日1日20分以上運動を行うように指導する。

2.✖ 糖尿病の理学療法の目的を覚えておく。

①末梢組織のインスリン感受性を改善してぶどう糖の利用率を増加させる。

②筋量を増加させ、体脂肪、血中の中性脂肪などを減少させる。(HDLは増加する)

③食事療法で摂取エネルギーを抑制し、運動療法により消費エネルギーを増加させる。

④運動耐容能を増強させる。

 

4.5.運動療法を実施する上で禁忌事項をしっかり覚えておく。

【運動療法の絶対的禁忌】

・眼底出血あるいは出血の可能性の高い増殖網膜症・増殖前網膜症。

・レーザー光凝固後3~6カ月以内の網膜症。

・顕性腎症後期以降の腎症(血清クレアチニン:男性2.5mg/dL以上、女性2.0mg/dL以上)。

・心筋梗塞など重篤な心血管系障害がある場合。

・高度の糖尿病自律神経障害がある場合。

・1型糖尿病でケトーシスがある場合。

・代謝コントロールが極端に悪い場合(空腹時血糖値≧250mg/dLまたは尿ケトン体中等度以上陽性)。

・急性感染症を発症している場合。

よって、4.が誤っている。

 

 

94 血友病について正しいのはどれか。

1. 脾腫がみられる。

2. 血小板数が減少する。

3. 点状紫斑がみられる。

4. 膝に関節症をきたす。

5. 自己免疫性疾患である。

 

解答:4

解説

血友病は、出血したときに血を固めるために働く「血液凝固因子」というタンパク質が、生まれつき低下・欠乏している病気。このため、いちど出血をすると止血までに時間がかかる。

1.✖ 関節内や筋肉内などの内出血が多くみられる。また、頭蓋内に出血することもある。脾腫とは脾臓が正常な範囲を超えて拡大すること。 肝硬変や右心不全などによる門脈圧亢進、感染症などが原因として起こる。

2.✖ 血友病の検査では、血が止まりにくいかどうかを調べるため、はじめに「血小板数」「プロトロンビン時間(PT)」「活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)」の3つを測定する。そこでAPTTだけが正常よりも延長している場合に血友病が疑われる。

3.✖ 点状紫斑とは、皮膚にみられる点状出血、斑状出血を総称して「紫斑」と呼ぶ。紫斑は、大別して血管に原因がある場合と、血小板が減少するか、はたらきの異常で起こる。

4.〇 正しい。関節内出血、関節変形、筋肉内出血を起こす。

5.✖ 遺伝性疾患である。伴性劣性遺伝であり、原則として男子に発症する。

 

 

95 リンパ浮腫について正しいのはどれか。

1. 腹水を伴う。

2. 利尿薬で治療する。

3. 蜂窩織炎になりやすい。

4. 肺塞栓症の原因の1つである。

5. 皮膚が線維化を起こすことは稀である。

 

解答:3

解説

リンパ浮腫とは、がん治療によってリンパ節やリンパ管が傷つき、リンパの流れが滞るとことで起こるむくみのこと。

1.✖ 腹水は伴わない。腹水とはタンパク質を含む体液が腹腔に蓄積した状態。

2.✖ リンパドレナージ、圧迫療法、圧迫した状態での運動を組み合わせた治療を行う。

3.〇 正しい。リンパ浮腫を起こすと、リンパ液の流れが悪くなるため、虫に刺されたり、小さな傷があると、細菌が侵入し、腕や脚全体に炎症が広がる。これを蜂窩織炎という。

4.✖ 肺塞栓症の原因は、血液が固まりやすい、静脈内血液の流れが悪い、静脈が傷ついているなどである。リンパの流れが滞るリンパ浮腫と直接関係は少ない。

5.✖ 皮膚が線維化を起こすため、スキンケアは非常に大切である。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)