リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午後問題81~85】

81 模擬場面でのリハーサルを技法として用いるのはどれか。

1. 内観療法

2. 箱庭療法

3. 森田療法

4. 認知行動療法

5. 支持的精神療法

 

解答:4

解説

1.✖ 内観療法…自分が身近な人からしてもらったことや、迷惑をかけたことなどを繰り返し想起して自己洞察を深める。

2.✖ 箱庭療法…一定の大きさの箱に種々の人形や模型を自由に並べた作品を通して、治療者が患者の非言語的表現を解釈することによって治療を行う。

3.✖ 森田療法…目的、行動本位の作業を繰り返すことにより、症状を受け入れながら生活できるようにする。

4.〇 認知行動療法…統合失調症患者へのSST(社会技能訓練)は、認知行動療法の考えが生かされた集団精神療法の例。自然に頭に浮かんだ考えを記録して個人の信念や思想様式をもとに施行のプロセスを把握し、より合理的な考え方ができるように導く方法。SST(社会技能訓練)は、①教示、②モニタリング、③リハーサル、④フィードバック、⑤一般化を行っていく。よって、4.が正しい。

5.✖ 支持的精神療法…患者の自我の弱い部分をサポートすることで、患者が症状に耐えて生活できる適応能力を身につけさせる方法である。

 

 

82 脊髄損傷の自律神経過反射でみられるのはどれか。2つ選べ。

1. 頻脈

2. 高血圧

3. 低血糖

4. 顔面紅潮

5. 損傷レベルより下の発汗

 

解答:2,4

解説

自律神経過反射の症状は、高血圧、ガンガンする頭痛、顔面紅潮、損傷レベルより上部での発汗、鼻詰まり、吐き気、脈拍60以下の徐脈、損傷レベルより下部の鳥肌である。よって、2,4が正しい。

 

 

 

83 老研式活動能力指標の質問項目のうち、手段的ADL に該当するのはどれか。

1. 「本や雑誌を読んでいますか」

2. 「年金などの書類が書けますか」

3. 「バスや電車を使って1人で外出できますか」

4. 「家族や友だちの相談にのることがありますか」

5. 「健康についての記事や番組に関心がありますか」

 

解答:3

解説

老研式活動能力指標の質問項目は主に3項目あり、

①手段的自立(日用品の買い物ができますか、自分で食事の用意ができますか、請求書の支払いができますか、銀行貯金・郵便貯金の出し入れが自分でできますかバスや電車を使って1人で外出できますか)、

②知的能動性(年金などの書類が書けますか、新聞を読んでいますか、本や雑誌を読んでいますか、健康についての記事や番組に関心がありますか)

③社会的役割(友だちの家を訪ねることがありますか、家族や友だちの相談にのることがありますか、病人を見舞うことがありますか、若い人に自分から話しかけることがありますか)となる。
よって、3.が正しい。

 

 

84 摂食嚥下障害への対応で正しいのはどれか。

1. 飲水にはぬるま湯を用いる。

2. 咽頭期障害では頭頸部伸展姿勢で嚥下する。

3. 口腔期障害に対しては高粘度の食物を用いる。

4. 先行期障害に対して食事のペースを指導する。

5. 鼻咽腔閉鎖不全に対してはShaker法を用いる。

 

解答:4

解説

1.✖ ぬるま湯よりも冷水の方が咽頭への刺激が大きく、反射を誘発するため誤嚥を防ぐことができる。

2.✖ 咽頭期障害では頭頸部伸展姿勢ではなく、屈曲姿勢で嚥下する。

3.✖ 口腔期は、食塊を舌の動きにより、口の奥に送り込む過程ですが、この過程での障害の場合、咀嚼や食塊形成の障害を合併していることもあり、固形物の摂取は困難を要す。そのため、さらさらの液体やみそ汁、コーンスープ、シャーベットなど低粘度のペースト状の食形態が好ましい。

4.〇 正しい。先行期は、これから摂食する食物の性状を認知し、食物の量、食べ方、その早さなどを決定し、さらに姿勢、唾液の分泌などを整えて口まで適切なペースで運ぶのと同時に、口唇を構えて受け入れる準備を行う段階である。

5.✖ Shaker法を用いるのは、食堂入口部の開口が減少している患者、球麻痺、一般高齢者、咽頭残留・ご縁のあるケースに有効である。

 

 

85 上腕骨顆上骨折で正しいのはどれか。

1. 老年期に多い。

2. 原則として手術を行う。

3. 外反肘を生じることが多い。

4. 前腕の循環不全を生じやすい。

5. 肘関節屈曲位での受傷が多い。

 

解答:4

解説

小児の骨折中最多であり、ほとんどが転倒の際に肘を伸展して手をついた場合に生じる。転移のあるものは、肘頭が後方に突出してみえる、合併症は、神経麻痺(正中・橈骨神経)、フォルクマン拘縮(阻血性拘縮)、内反肘変形などである。よって、4.が正しい。

1.✖ 小児に最多。

2.✖ 骨折のずれの程度によって異なる。

3.✖ 内反肘変形が多い。

4.〇 正しい。

5.✖ 伸展位での受傷が多い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)