リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午後問題76~80】

76 突然の右不全片麻痺を呈して搬送された患者の発症後6時間の頭部CTを示す。最も考えられるのはどれか。

1. 視床出血

2. 被殻出血

3. 皮質下梗塞

4. くも膜下出血

5. 慢性硬膜下血腫

 

解答:2

解説

この頭部CTは、視床レベルの水平断である。被殻が出血していることが分かる。よって、1.が正しい。CT画像を見るときは、どこの断面レベルか?を意識して見るだけで解けやすくなる。

 

 

 

77 ワルファリンの作用を減弱させるのはどれか。

1. ビタミンA

2. ビタミンB6

3. ビタミンB12

4. ビタミンC

5. ビタミンK

 

解答:5

解説

ビタミンKの主要な作用は、血液凝固に関与する機能。 そのため、ビタミンKが欠乏すると、血液凝固に時間がかかり、出血が止まりにくくなる。反対にビタミンKを取りすぎると血液凝固してしまう。ワルファリン(Warfarin)は、抗凝固剤である。つまり血液サラサラにする薬である。ワルファリンと相反する作用である。よって、5.が正しい。

 

 

78 正常な肉芽の特徴はどれか。

1. 感染しやすい。

2. 乾燥している。

3. 出血しやすい。

4. 白色である。

5. 分泌物が多い。

 

解答:3

解説

肉芽とは、外傷により生体組織が欠損した際や、炎症などの際、その部分に増殖する若い組織。たとえば皮膚創傷の治癒時に、創面に赤い芽のような柔らかい顆粒として見られる。成分は繊維芽細胞、毛細血管、遊走細胞など。組織の再生、器質化などに際して重要な役割を果たし、その役割を終えると瘢痕となる。よって、3.が正しい。ちなみに、4.桃色である。

 

 

 

79 意識することなく再生される記憶はどれか。

1. 即時記憶

2. 意味記憶

3. 近時記憶

4. 手続き記憶

5. エピソード記憶

 

解答:4

解説

1.✖ 即時記憶…数秒~1分程度の記憶のことをいう。

2.✖ 意味記憶…言語、社会的常識、専門的知識をいう。

3.✖ 近時記憶…数分~数日の記憶のことをいう。

4.〇 手続き記憶…スポーツ技能の習得など、いわば『体で覚える』記憶をさす。よって、意識することなく再生できるため、これが正解。

5.✖ エピソード記憶…生活史など、自分の過去の経験を伴う記憶をいう。

 

 

 

80 Erikson による発達段階で老年期に獲得すべき課題はどれか。

1.親密

2.統合

3.勤勉

4.自律

5.同一性

 

解答:2

解説

エリクソンのライフライクル理論(心理社会的発達理論)を覚えておく。

【乳児期】基本的信頼感vs不信感

【幼児前期】自律性vs恥・羞恥心

【幼児後期】積極性(自発性)vs罪悪感

【児童期・学齢期】勤勉性vs劣等感

【青年期】同一性(アイデンティティ)vs同一性の拡散

【成人期】親密性vs孤立

【壮年期】世代性vs停滞性

【老年期】自己統合(統合性)vs絶望

よって、2.統合が正しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)