リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午後問題36~40】

36 水の物理的特性で水中運動療法における生理的な作用に影響しないのはどれか。

1. 水圧

2. 浮力

3. 抵抗

4. 屈折

5. 熱伝導率

 

解答:4

解説

1,2,3,5.✖ 水治療法の生理学的作用は、①温熱寒冷作用、②浮力による作用、③静水圧による作用、④同水圧による作用、⑤精神作用である。

4. 〇 屈折が生じるのは、極超短波である。

 

 

 

37 持久力トレーニングの効果として正しいのはどれか。

1. 呼吸数の増加

2. 1回拍出量の減少

3. 安静時心拍数の減少

4. 末梢血管抵抗の増加

5. 最大酸素摂取量の減少

 

解答:3

解説

1.✖ 心拍数の減少や毛細血管から骨格筋への酸素供給効率が良くなり、呼吸数は減少する。

2.✖ 心機能が改善し、心拍出量は増加する。

3.〇 正しい。

4.✖ 骨格筋の毛細血管密度は増加する。毛細血管から骨格筋への酸素供給効率が良くなるため、末梢血管抵抗は減少する。

5.✖ 心拍出量の増加によって全身の筋肉に酸素が供給されやすくなり、運動耐性や最大酸素摂取量が増加する。

 

 

 

38 慢性非特異的腰痛の理学療法介入方法について、理学療法診療ガイドラインで強く推奨されているのはどれか。

1. 超音波

2. TENS

3. 腰椎牽引

4. 寒冷療法

5. 認知行動療法

 

解答:5

解説

1.✖ 推奨グレードD

2.✖ 頚部痛に対しては、推奨グレードAであるが、腰痛に対しては推奨グレードDである。

3.✖ 推奨グレードD

4.✖ 温熱療法は推奨グレードAであるが、寒冷療法は推奨グレードDである。

5.〇 正しい。推奨グレードA

 

 

39 慢性閉塞性肺疾患のADL動作で最も息切れが生じやすいのはどれか。

1.食事

2.排尿

3.歯磨き

4.洗髪

5.ズボンの着脱

 

解答:4

解説

血中酸素飽和度が低下しやすい日常生活動作は、①排便(息を止める)、②肩まで湯船につかる(胸部が青大阿久される)、③洗髪、上衣更衣、洗体など(上肢を使う)、④ズボンや靴下を履く(体を前屈して行うため)である。

1,3.✖ 片手のみで行う動作は、そこまで息切れを生じることは少ない。

2.✖ 息切れをきたしやすいのは、排尿より排便である。

4.〇 最も息切れをきたしやすい。

5.✖ 息切れをきたしやすい動作であるが、上衣の更衣の方が息切れをきたしやすい。最も息切れをきたしやすいのは、4.といえる。

 

 

40 転位のない大腿骨転子部骨折に対する観血的整復固定術後の理学療法として優先度の低いのはどれか。

1. 早期からの歩行練習

2. 脱臼予防肢位の指導

3. 早期からのROM練習

4. 大腿四頭筋の等尺性運動

5. 足関節の自動的底背屈運動

 

解答:2

解説

2.〇 脱臼予防肢位の指導を行うのは、観血的整復固定術ではなく、人工股関節置換術など骨頭を挿入した場合に優先度が高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)