第51回(H28) 理学療法士国家試験 解説【午後問題16~20】

 

16 大動脈弁閉鎖不全の雑音を最も聴取しやすい部位はどれか。


1. ①
2. ②
3. ③
4. ④
5. ⑤

解答1(採点除外問題)
理由:問題としては適切であるが、受験者レベルでは難しすぎるため。

解説

 大動脈弁閉鎖不全症は、心臓の出口である大動脈弁の閉まりが悪くなり、心臓から大動脈に押し出された血液が再び心臓内に逆流する病気である。

 

1.〇 正しい。①は、大動脈弁領域の聴取部位である。
2.× ②は、聴取部位ではないが、胸骨を跨いで対側の第4肋間胸骨左縁は三尖弁領域である。
3.× ③は、肺動脈弁領域である。
4.× ④は、聴取部位としてどこも当てはまらず不適切である。
5.× ⑤は、僧帽弁領域である。

 

 

 

 

 

 

17 37歳の女性。5年前に多発性硬化症と診断。発症当初は再発寛解型であったが、2年前に二次進行型に移行し右痙性片麻痺がある。2週前から右内反尖足位の痙縮が増悪し、MAS(modified Ashworth scale)で段階2である。
 右足の痙縮に対する治療で適切なのはどれか。

1. 赤外線療法
2. ホットパック
3. 電気刺激療法
4. アキレス腱延長術
5. 経頭蓋磁気刺激法

解答3

解説

 多発性硬化症とは、再発・再燃を繰り返す脱髄性疾患である。
 MASとは痙縮の評価である。段階2は、筋緊張の増加がほぼ全可動域を通して認められるが、容易に動かすことができる段階である。

 

1/2.× 赤外線療法/ホットパックなどの温熱療法は禁忌である。なぜなら、多発性硬化症は、Uhthoff現象(ウートフ現象)があり、体温上昇により症状が一過性に悪化するため。
3.〇 正しい。電気刺激療法である。電気刺激療法は、筋肉や腱・靭帯を刺激し、痙性の減弱や筋再教育、疼痛緩和などを期待する治療法である。他にも、痙縮には寒冷療法が有効である。
4.× アキレス腱延長術とは、足関節尖足位拘縮などに対する手術療法である。適応疾患は、脳性麻痺の二次障害などである。
5.× 経頭蓋磁気刺激法(TMS)は、大脳を局所的に磁気刺激するものである。目的は、脳の機能代償能力を発揮させることである。適応疾患は、脳卒中後遺症Parkinson病などにである。

 

 

 

 

 

 

18 50歳の男性。閉塞性動脈硬化症。300m程度の歩行ごとに下肢の痛みのために5〜6分の休息をとる。座位や立位時に痛むことはない。
 理学療法で適切なのはどれか。

1. 寒冷療法
2. 極超短波療法
3. トレッドミル歩行練習
4. PNFによる最大抵抗運動
5. 弾性ストッキングによる圧迫療法

解答3

解説

 閉塞性動脈硬化症とは、血液の通り道が狭窄、閉塞することにより、組織や臓器全体に血液が行き渡らなくなって(虚血)障害を起こす病気である。

 

1.× 寒冷療法の目的は、①炎症の緩和、②浮腫の軽減、③疼痛の緩和、④スパズムの軽減、⑤痙縮の抑制、⑥神経伝導速度の低下などが挙げられる。本症例には当てはまらない。
2.× 極超短波療法は温熱療法の一つである。加温することで痛みの緩和や筋緊張の軽減、循環の改善などの効果が期待できる。
3.〇 正しい。トレッドミル歩行練習である。本症例は、閉塞性動脈硬化症があり、間欠性破行が認められている。閉塞性動脈硬化症の間欠性跛行例には運動療法が効果的であるため正しい。
4.× PNF(固有受容性神経筋促通法)による最大抵抗運動の目的は、主に固有受容器を刺激することによって、神経・筋の反応を促通することである。
5.× 弾性ストッキングによる圧迫療法は、下肢の静脈瘤深部静脈血栓症に対して行う治療である。

 

 

 

 

 

19 69歳の男性。肺癌。これまで化学療法を行ったが病状は進行し、経過中に脳転移がみられた。胸部エックス線写真と頭部造影とを下図に示す。現在、呼吸に関する自覚症状はないが、全身倦怠感、食思不振および悪心があり、外出する気分になれず自宅に閉じこもる傾向にある。
 この時期に適切な理学療法はどれか。


1. 嚥下練習
2. 下肢促通運動
3. 屋外での歩行運動
4. 軽打法による排痰
5. 漸増的な持久性運動

解答3

解説

 本症例は、自宅に閉じこもり傾向があるため、廃用症候群を予防し、気分転換をするためにも軽度な運動が推奨される。

 

1.× 嚥下練習などの所見を認めていない。そのため、嚥下練習は必要ない。
2.× 下肢促通運動は、脳性麻痺などに用いる。そのため、下肢の運動障害を認めない本症例は必要ない。
3.〇 正しい。屋外での歩行運動を行う。なぜなら、自宅に閉じこもり傾向であり、気分転換を促すため。
4.× 軽打法による排痰は必要ない。なぜなら、呼吸による自覚症状はなく、排痰を認める記載もないため。
5.× 漸増的な持久性運動は負荷が大きいため不適切である。漸増的な持久性運動とは、ランニングなどの運動を指す。本症例は、肺癌患者であり全身倦怠感や悪心も認められる。

 

 

 

 

 

20 78歳の女性。左片麻痺。Brunnstrom法ステージは上肢Ⅲ、手指Ⅲ及び下肢Ⅳ。高次脳機能障害あり。要介護2。娘と2人暮らしであるが、日中、自宅で1人で過ごす時間があるため、回復期リハビリテーション病棟退院後、通所リハビリテーションを受けることとなった。
 通所リハビリテーションの目標として優先順位が低いのはどれか。

1. 家事動作の自立
2. 着衣動作の自立
3. 歩行能力の改善
4. 排泄動作の自立
5. 立位保持能力の改善

解答1

解説

 通所リハビリテーションは、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送る(ADL自立)ことができるようサービスが提供される。よって、選択肢1.家事動作の自立は、IADL項目であるため優先順位は低い。
2~5.× 着衣動作の自立/歩行能力の改善/排泄動作の自立/立位保持能力の改善は、ADLの自立・改善し、活動の維持も見込まれるため正しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)