第50回(H27) 作業療法士国家試験 解説【午後問題11~15】

 

11 座位保持装置の写真を下図に示す。
 番号と名称の組合せで正しいのはどれか。

1.①:バックサポート
2.②:サイドガード
3.③:体幹ベルト
4.④:内転防止パッド
5.⑤:レッグサポート

解答4

解説
1.× ①は、バックサポートではなく、ヘッドサポートである。頭部の安定性を保つために使用する。ちなみに、バックサポートは、体幹の安定性を保つためのものである。
2.× ②は、サイドガードではなく、アームサポートである。上肢・体幹の支持に使われる。ちなみに、サイドガードは、アームレストの下に体幹・下肢が出ないようにガードするものである。
3.× ③は、体幹ベルトではなく、骨盤ベルトである。骨盤の前ずれを防止する。ちなみに、体幹ベルトは体幹に巻き支えるものである。
4.〇 正しい。④は、内転防止パッドである。股関節の内転・前ずれを防止する。
5.× ⑤は、レッグサポートではなく、フットサポートである。足部を乗せるために使用する。ちなみに、レッグサポートは、④と⑤の間にある下腿を支える支持部である。

 

 

 

 

 

 

12 40歳の男性。Guillain-Barré症候群。発症後2週経過。麻痺の進行が止まり、機能回復を目的にベッドサイドでの作業療法が開始された。筋力はMMTで上肢近位筋3、上肢遠位筋2、下肢近位筋2、下肢遠位筋1である。
 この時期の作業療法で適切でないのはどれか。

1.体位変換
2.良肢位の保持
3.関節可動域訓練
4.座位耐久性の改善
5.漸増抵抗運動による筋力強化

解答5

解説

Guillain-Barré症候群(ギランバレー症候群)とは?

 Guillain-Barré症候群(ギランバレー症候群)は、免疫・炎症性ニューロパチーの代表的疾患であり、急性の運動麻痺を主徴とする多発根ニューロパチーをきたす。多くは自然回復するが、一部重篤化することがある。Guillain-Barré症候群は、感冒様症状(発熱、頭痛、鼻汁、咳・痰、咽頭痛)や腹部症状(腹痛、下痢)から1~3週間後に四肢の筋力低下をきたし、運動神経障害を主症状とする。症状は6か月から1年程度で寛解することが多い。

 本症例は、急性期を脱した状態である。この時期のリハビリテーションは、①拘縮予防、②関節可動域の維持と増大、③良肢位保持を行う。一方、筋力運動は過用性の筋力低下に注意する。

1.〇 正しい。体位変換を実施する。なぜなら、褥瘡予防とともに、自力での体位交換を促すことにより基本動作能力の維持・再獲得を目指すことにつながるため。
2.〇 正しい。良肢位の保持を実施する。なぜなら、筋緊張を軽減させるため。この時期は、四肢遠位筋の麻痺が強い。したがって、初期から機能的良肢位を保つことで筋緊張を和らげることにつながる。
3.〇 正しい。関節可動域訓練を実施する。なぜなら、拘縮予防のため。
4.〇 正しい。座位耐久性の改善を実施する。なぜなら、廃用症候群の予防のため。
5.× 漸増抵抗運動による筋力強化は行わないほうが良い。なぜなら、高負荷の筋力増強訓練(漸増抵抗運動など)を行うと、逆に過用性の筋力低下を起こしてしまうため。したがって、低負荷・高頻度の筋持久力訓練を行う。

 

 

 

 

 

 

次の文により13、14の問いに答えよ。
 76歳の女性、HDS-R(改訂長谷川式簡易知能評価スケール)が19点のAlzheimer型認知症。グループホームで異食や他の入居者への暴力がみられるようになり、対応困難で精神科病院に入院となった。

13 この時期の作業療法で優先する目的はどれか。

1.体力の維持
2.行動の統制
3.合併症の予防
4.作業能力の向上
5.施設環境への適応

解答5

解説

 本症例は、HDS-R(改訂長谷川式簡易知能評価スケール)は19点である。(20点以下が認知症であると判断される。)したがって、19点は、認知症自体は軽度である。しかし、この患者は、異食や他の入居者への暴力など、BPSD(behavioral and psychological symptoms of dementia:認知症の行動・精神症候群)が問題となっている。

1.× 体力の維持の優先度は低い。なぜなら、現時点で他人に暴力を行えるほどの身体機能であるため。したがって、体力が急激に落ちるとは考えにくいと考えられる。
2.× 行動の統制の優先度は低い。行動統制とは、自分で行動をコントロールすることである。行動の統制がとれるのは、まず安心して過ごせる環境があり、現時点(精神科病院に入院直後)では優先度は低い。
3.× 合併症の予防の優先度は低い。Alzheimer型認知症の80%は何らかの脳血管障害の合併症があるという報告があるが、現時点(精神科病院に入院直後)では優先度は低い。
4.× 作業能力の向上の優先度は低い。本症例のHDS-Rは19点であり、認知症自体軽度である。対応困難で精神科に入院となった過程を考えると優先度が低い。
5.〇 正しい。施設環境への適応が優先される。まずは安心できる環境づくりを実施する。

 

 

 

 

 

 

次の文により13、14の問いに答えよ。
 76歳の女性、HDS-R(改訂長谷川式簡易知能評価スケール)が19点のAlzheimer型認知症。グループホームで異食や他の入居者への暴力がみられるようになり、対応困難で精神科病院に入院となった。

14 作業療法中にみられる行動障害への対応で適切なのはどれか。

1.患者に注意する。
2.患者を説得する。
3.行動を黙認する。
4.行動を制止する。
5.患者に理由を尋ねる。

解答5

解説
1~2.× 患者に注意する。/患者を説得することは行わない。なぜなら、行動障害は認知症の周辺症状であり、本人なりの原因やきっかけ(理由)があることが多いため。さらに、注意や説得されたという印象だけが残り、行動障害を助長する可能性がある。まずは、問題行動を確認し、どういった経緯で行ったか理由を尋ねるのが望ましい。
3.× 行動を黙認することは行わない。なぜなら、行動の黙認は自身や他の患者にも影響があるため。
4.× 行動を制止することは行わない。なぜなら、無理に制止を求めず、自尊心に配慮しながら対応すべきである。
5.〇 正しい。患者に理由を尋ねる。なぜなら、行動障害は認知症の周辺症状であり、本人なりの原因やきっかけ(理由)があることが多いため。まずは根本的な原因が何かを考えながら、患者と共に問題に対処する姿勢で対応する。

 

 

 

 

 

 

 

15 48歳の男性。アルコール依存症。30歳ころから仕事上のストレスにより飲酒量が増えてきた。40歳ころから遅刻や欠勤を繰り返すようになり2年前に会社をやめた。2か月前から連続飲酒状態となったため妻に付き添われて精神科を受診し、入院した。入院後2週経過し、離脱症状が落ち着いたため作業療法が開始された。
 この時期の作業療法で適切でないのはどれか。

1.家族同伴で心理教育を行う。
2.集団内で仲間意識を育てる。
3.自助グループへの参加を促す。
4.プログラムでの頑張りを促す。
5.退院後の生活について助言する。

解答4

解説

アルコール依存症患者の家族への援助

①家族がアルコール依存症について学習できる場を提供する。
②アルコール依存症の患者とともに家族の会に参加することを勧める。
③家族には、患者に対して否定的に接するのではなく断酒を励ますよう協力を求める。
④断酒対策としてアルコールを目に触れない場所に保管することは適切ではない
⑤飲酒による失敗を患者本人が受け止められるようにする。
⑥心身状態の重篤度を判断し、必要に応じて医療機関への継続受診を勧める。

1.〇 正しい。家族同伴で心理教育を行う。アルコール依存症患者の家族への援助のポイント①である。アルコール依存症の患者は、家族が共依存している場合もあるため、家族同伴の心理教育を行っていく。
2~3.〇 正しい。集団内で仲間意識を育てる。/自助グループへの参加を促す。アルコール依存症患者の家族への援助のポイント②である。なぜなら、アルコール依存症の患者は、単独で断酒することが難しいため。メンバーが共通の話題や目標をもち、互いに支え合うことで問題に向かうことができる。
4.× 「作業療法士が」、プログラムでの頑張りを促すのは不適切である。アルコール依存症の特有の心理として、「名誉挽回のため過剰に頑張る」というものがある。頑張りを促すことは、過度な頑張りをさらに助長することになるため注意が必要である。一方で、家族には、患者に対して否定的に接するのではなく断酒を励ますよう協力を求める。なぜなら、アルコール依存症の特有の心理として、「名誉挽回のため過剰に頑張る」という反面に、現実から逃避するため飲酒に走ることもあるため。
5.〇 正しい。退院後の生活について助言する。なぜなら、退院後の生活や飲酒回避のための行動について助言することで、再発を防止する可能性が高まるため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)