第50回(H27) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題91~95】

 

91 急性心筋梗塞の発症後の血液検査所見でないのはどれか。

1. 白血球数増加
2. トロポニンⅠ上昇
3. クレアチニン上昇
4. 乳酸脱水素酵素(LD)上昇
5. クレアチンキナーゼ(CK)上昇

解答3

解説

 急性心筋梗塞の発症後の血液検査所見で、WBC(白血球数)、CK(クレアチンキナーゼ)、AST(肝機能検査の代表)、LD(乳酸脱水素酵素:急性肝炎、肝硬変、心筋梗塞、悪性貧血、白血病や癌など)、CRP(C反応性蛋白)、心筋トロポニンIとT(心筋細胞の蛋白)の上昇がみられる。この際、WBC、CKの異常が最も早く出現する。

 よって、選択肢3.クレアチニン上昇が急性心筋梗塞の発症後の血液検査所見ではない。クレアチニンの上昇は腎機能低下が起こる腎不全時などにみられる。

 

 

 

 

 

92 筋強直性ジストロフィーにみられるのはどれか。2 つ選べ。

1. 痙縮
2. 下垂足
3. 斧状顔貌
4. ジストニア
5. 有痛性けいれん

解答2/3

解説

1.× 痙縮は、上位運動ニューロンの障害でおこる。
2/3.〇 正しい。下垂足(鶏歩)斧状顔貌は、筋強直性ジストロフィーにみられる。
4.× ジストニアは、錐体外路徴候である。
5.× 有痛性けいれんは、多発性硬化症でみられる。

筋強直性ジストロフィーの特徴

①常染色体優性遺伝
②中枢神経症状(認知症状、性格変化、傾眠)
西洋斧様顔貌
④前頭部若禿
⑤白内障
⑥嚥下障害
⑦構音障害
⑧筋委縮(顔面筋・側頭筋・咬筋・胸鎖乳突筋・遠位優位の筋委縮)
⑨ミオトニア(舌の叩打・母指球・把握)
⑩心伝導障害(房室ブロックなど)
⑪糖尿病

 

 

 

 

 

93 Guillain-Barré症候群について正しいのはどれか。

1. 顔面神経麻痺から発症する。
2. 髄液中の蛋白が上昇する。
3. 自律神経障害はみられない。
4. 呼吸筋麻痺はみられない。
5. 再発と寛解とを繰り返す。

解答2

解説

1.× 顔面神経麻痺からではなく、多くは下肢のしびれふらつきから発症する。
2.〇 正しい。髄液中の蛋白が上昇する。髄液は、蛋白が上昇するにもかかわらず細胞数は変化しない蛋白細胞解離がみられる。
3.× 自律神経障害(頻脈、高血圧、起立性低血圧など)がみられる。
4.× 呼吸筋麻痺がみられ、重症例では人工呼吸器管理となる。
5.× 再発と寛解とを繰り返すのは、多発性硬化症の特徴である。Guillain-Barré症候群は、発症後2週間以内にピークとなり、数週~数か月以内に治癒することが多い。

 

 

 

 

 

94 大腸癌について誤っているのはどれか。

1. 食生活が発症に影響する。
2. 組織型は腺癌が最も多い。
3. 転移は肺転移が最も多い。
4. 我が国では胆管癌より有病率が高い。
5. 便潜血陽性が診断上重要な所見である。

解答3

解説

1.〇 正しい。食生活が発症に影響する。特に高脂肪食が危険因子である。
2.〇 正しい。組織型は腺癌が最も多い。約95%が高~中分化腺癌である。
3.× 転移は、肺転移ではなく、肝転移(血行転移)が最も多い。
4.〇 正しい。我が国では胆管癌より有病率が高い。大腸癌は、男性では1位:胃癌、2位:肺癌、3位:大腸癌である。女性は、1位:乳癌、2位:大腸癌である。胆管癌は、2~3%である。
5.〇 正しい。便潜血陽性が、早期発見の診断上重要な所見である。確定診断には、大腸内視鏡検査が有用である。

 

 

 

 

 

95 肝硬変の患者が多量の吐血をした場合の原因として可能性が高いのはどれか。

1. 出血性胃炎
2. 吻合部潰瘍
3. 食道静脈瘤
4. アカラシア
5. 逆流性食道炎

解答3

解説

 肝硬変は、門脈の血流がうっ滞し、その側副血行路である胃・食道静脈に瘤が生じやすい。その瘤が破裂した場合には大量吐血をきたす。よって、選択肢3.食道静脈瘤が正しい。

 

1~2.× 出血性胃炎/吻合部潰瘍は、食道静脈瘤ほどの大量出血まで至らない。
4.× アカラシアとは、食道が狭窄する疾患である。主症状は嚥下障害であり、出血とは関係がない。
5.× 逆流性食道炎は、胃内容物が食道に逆流する疾患である。主症状は食後の胸やけであり、出血とは関係がない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)