第50回(H27) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題86~90】

 

86 病原体と主な感染経路の組合せで正しいのはどれか。

1. 結核 — 経口感染
2. MRSA — 接触感染
3. 破傷風 — 媒介動物による感染
4. A型肝炎 — 血液による感染
5. 帯状疱疹 — 飛沫感染

解答2

解説

 

 

 

 

 

87 痙縮を生じにくい疾患はどれか。

1. 脳梗塞
2. 外傷性脳損傷
3. 中心性頸髄損傷
4. 胸椎黄色靱帯骨化症
5. 腰椎椎間板ヘルニア

解答5

解説

 

 

 

 

 

88 物につかまらず立てる乳児においてみられるのはどれか。

1. 自動歩行
2. Moro 反射
3. 手掌把握反射
4. パラシュート反応
5. 非対称性緊張性頸反射

解答4

解説

 

 

 

 

 

89 変形性関節症について正しいのはどれか。

1. 若年者に好発する。
2. 滑膜炎から軟骨の変性に至る。
3. 股関節では二次性股関節症が多い。
4. 膝関節では女性に比べ男性の有病率が高い。
5. 発症要因として遺伝的素因は認められない。

解答3

解説

 

 

 

 

 

90 骨折後に偽関節を生じやすいのはどれか。

1. 手の舟状骨
2. 鎖骨遠位部
3. 橈骨遠位部
4. 中手骨骨幹部
5. 上腕骨近位部

解答1

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)