第50回(H27) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題81~85】

 

81 認知療法について正しいのはどれか。

1. 認知の歪みに働きかける。
2. 認知機能の改善効果がある。
3. 幼少期のこころの問題を主な対象とする。
4. 自動思考は無意識であるため同定しない。
5. 悲観的な思考を楽観的な思考に置き換える。

解答1

解説

 

 

 

 

 

82 国際生活機能分類(ICF)で活動に含まれるのはどれか。

1. 嚥下
2. 歩行
3. 言語表出
4. 呼吸機能
5. 関節の可動性

解答2

解説

 

 

 

 

 

83 脊髄損傷の感覚障害について正しいのはどれか。

1. 馬尾神経症候群ではみられない。
2. 中心性頸髄損傷では上肢より下肢に強い。
3. 脊髄円錐症候群では肛門周囲が障害される。
4. 前脊髄動脈症候群では位置覚が障害される。
5. Brown-Séquard 症候群では病巣の反対側の位置覚が障害される。

解答3

解説

 

 

 

 

 

84 頭頂葉の病変で生じる症候はどれか。

1. 歩行失行
2. 視覚失認
3. Anton 症状
4. Parkinson 症状
5. Gerstmann 症候群

解答5

解説

 

 

 

 

 

85 我が国における平成23 年以降の死因の第1 〜3 位の組合せで正しいのはどれか。

 1位2位3位
1.悪性新生物心疾患脳血管疾患
2.悪性新生物心疾患自殺
3.悪性新生物心疾患肺炎
4.悪性新生物脳血管疾患心疾患
5.悪性新生物脳血管疾患肺炎

解答3

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)