第49回(H26) 作業療法士国家試験 解説【午前問題31~35】

 

31 CRPS(複合性局所疼痛症候群)に関連するのはどれか。

1.Dupuytren拘縮
2.Volkmann拘縮
3.Sudeck骨萎縮
4.無腐性壊死
5.異所性骨化

解答3

解説

複合性局所疼痛症候群(CRPS)とは?

 複合性局所疼痛症候群(CRPS)とは、「外傷等による組織損傷後に、疼痛がその原因の程度とは不釣り合いに強く長期に渡って持続し、さらに原因と直接因果関係のない浮腫・皮膚血流変化や発汗異常を伴う慢性疼痛症候群」のことをいう。従来、反射性交感神経性ジストロフィー(RSD: Reflex Sympathetic Dystrophy)、カウザルギー(Causalgia)と呼んでいた病態も含まれる。

1.× Dupuytren拘縮(デュプイトラン拘縮)とは、手掌腱膜の線維腫症で、指の屈曲拘縮をきたすものである。発症の原因は不明である。
2.× Volkmann拘縮(フォルクマン拘縮)とは、上腕や上腕の外傷(上腕骨顆上骨折など)や外傷から圧迫により血行障害を生じ、前腕屈筋群や神経の虚血性壊死による特有の拘縮や麻痺を呈するものである。
3.〇 正しい。Sudeck骨萎縮(ズデック骨萎縮)は、CRPS(複合性局所疼痛症候群に関連する。Sudeck骨萎縮とは、骨折などの外傷、または、その手術の後に、急速な自発痛、運動痛、浮腫とともに著明な骨委縮をきたす場合の骨変化のことである。
4.× 無腐性壊死とは、非感染性壊死のことであり、血流条件の悪い大腿骨頸部、手舟状骨、距骨、上腕骨解剖頸の骨折によって栄養血管が損傷を受け、血流が遮断されることで骨折片が壊死に陥ることをいう。
5.× 異所性骨化とは、筋や筋膜、関節包、靭帯などの骨・関節周囲の軟部組織に起こる異常骨化であり、メカニズムは不明確な部分が多い。CRPS(複合性局所疼痛症候群では骨委縮が起こる。

 

 

 

 

 

 

32 多発性硬化症について正しいのはどれか。

1.高齢者に多い。
2.脱髄が主病変である。
3.症状に日内変動がみられる。
4.初発症状として眼瞼下垂が多い。
5.脳神経系では聴覚が障害されやすい。

解答2

解説

多発性硬化症とは?

 多発性硬化症は、中枢神経系のいたるところに炎症性の脱髄性病変が発生し(空間的多発性)、多彩な神経症状が再発と寛解を繰り返す(時間的多発性)疾患である。

1.× 高齢者ではなく、若年~中年女性に多い
2.〇 正しい。中枢神経系の白質に炎症性の脱髄性病変が多発する疾患である。
3.× 日内変動はみられない。ちなみに、日内変動がみられるのは重症筋無力症である。
4.× 急激な視力の低下が初発症状であることが多い。ちなみに、眼瞼下垂がみられるのは重症筋無力症である。
5.× 球後視神経炎、核間性眼筋麻痺(MFL症候群)のため視覚が障害されやすい。

 

 

 

 

 

 

33 骨量の低下を認めるのはどれか。

1.痛風
2.骨軟化症
3.骨粗鬆症
4.サルコペニア
5.甲状腺機能低下症

解答3

解説
1.× 痛風は、血中尿酸値の上昇がみられ、非常に激しい関節痛が第1中足指節関節にあるのが特徴である。
2.× 骨軟化症は、骨量は正常であるが、石灰化が障害された状態である。
3.〇 正しい。骨粗鬆症は、骨形成低下または骨吸収の促進により骨量の低下がみられる。
4.× サルコペニアは、筋量の減少のことである。
5.× 甲状腺機能低下症は、主にコレステロール上昇LD(LDH)の上昇がみられる。副甲状腺機能亢進症や甲状腺機能亢進症は、続発性骨粗鬆症の原因となる。

 

 

 

 

 

 

34 切断と義肢のソケットの組合せで誤っているのはどれか。

1.上腕切断:オープンショルダー式
2.前腕切断:ミュンスター式
3.下腿切断:PTB式
4.Syme切断:KBM式
5.股関節離断:カナダ式

解答4

解説
1.〇 正しい。上腕切断における標準断端かつ断端の状態がいい場合にオープンショルダー式ソケットが適応になる。
2.〇 正しい。ミュンスター式は前腕切断における「極短断端~短断端」に適応する。
3.〇 正しい。PTB式(patellar tendon bearing式)は、下腿切断のソケットで懸垂のためのカフベルトが必要である。
4.× KBM式ソケット(Kondylen Bettung Munster式)は、下腿切断のソケットで、大腿骨課の上方を両側からソケットで包むようにして義足を懸垂している。ちなみにSyme切断とは足関節部での切断である。
5.〇 正しい。カナダ式は股関節離断のソケットである。骨盤を十分に覆うため、固定性が良いのが特徴である。

 

 

 

 

 

 

35 関節リウマチ患者の日常生活の評価に用いられるのはどれか。

1.Larsen分類
2.Lansbury指数
3.Steinbrockerのclass分類
4.DAS28(disease activity score 28)
5.AIMS(arthritic impact measurement scale)

解答3

解説
1.× Larsen(ラーセン)分類は関節破壊に対するX線を用いたgrade分類であり、日常生活とは関係ない。
2.× Lansbury(ランスバリー)指数は関節リウマチの活動性の指標である。
3.〇 正しい。Steinbrocker(スタインブロッカー)のclass分類は日常生活における機能障害度分類であり、stage分類は病期の分類である。
4.× DAS28(disease activity score 28)は、ヨーロッパのリウマチ学会が作った疾患活動性の指標である。観察対象関節は、肩関節2、肘関節2、手関節2、手指(DIP除く)20、膝関節2で合計28関節を評価する。
5.× AIMS(arthritic impact measurement scale:関節炎影響測定尺度)は患者自身による運動機能評価をすることで健康状態の指標にしている。関節リウマチ患者のQOL評価法として国際的に用いられている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)