第49回(H26) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題96~100】

 

96 Lewy 小体型認知症に特徴的なのはどれか。

1. 幻 視
2. 感情失禁
3. 滞続言語
4. 錐体路徴候
5. 時刻表的行動

解答1

解説

 

 

 

 

 

97 統合失調症について正しいのはどれか。

1. 男性が女性より3 倍多い。
2. 緊張型では昏迷がみられる。
3. 病前性格は循環気質が多い。
4. 死亡率は健常者と同じである。
5. 妄想型は破瓜型より発症年齢が低い。

解答2

解説

 

 

 

 

 

98 Alzheimer 型認知症について正しいのはどれか。

1. 階段状に増悪する。
2. 女性より男性に多い。
3. 意味記憶の障害で発症することが多い。
4. 人物の見当識より時間の見当識が障害されやすい。
5. 軽度認知障害の80 %はAlzheimer 型認知症に移行する。

解答4

解説

 

 

 

 

 

99 神経症性障害について正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1. 全般性不安障害では疾病利得がみられる。
2. 強迫行為では不合理と思いながらも繰り返し手を洗う。
3. 離人症では自分がとても重い病気ではないかと心配する。
4. 社交恐怖では自分が見捨てられるのではないかと心配する。
5. 予期不安ではパニック発作がまた起きるのではないかと心配する。

解答2/5

解説

 

 

 

 

 

100 小学2 年生の女児。学校では一言も話さない。うなずきなどのジェスチャーでコミュニケーションは可能。自宅では普通に会話ができる。
考えられるのはどれか。

1. 読字障害
2. 選択性緘黙
3. Rett 症候群
4. 広汎性発達障害
5. Tourette 症候群

解答2

解説

 

 

 

※問題の引用:第49回理学療法士国家試験、第49回作業療法士国家試験の問題および正答について

※注意:著者は理学療法士で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)