第49回(H26) 理学療法士国家試験 解説【午前問題41~45】

 

41 心疾患に対する運動療法の効果として誤っているのはどれか。

1. 安静時の心拍数が低下する。
2. 同一運動負荷時の血圧が低下する。
3. 同一運動負荷時の心拍数が低下する。
4. 同一運動負荷時の自覚的強度が低下する。
5. 最大運動負荷時の心拍数が低下する。

解答5

解説

 

 

 

 

 

42 慢性腎臓病患者に対する生活指導で制限する必要がないのはどれか。

1. 飲酒量(アルコール量)
2. 水分摂取量
3. 食塩摂取量
4. 蛋白摂取量
5. 日常の身体活動量

解答5

解説

 

 

 

 

 

43 全身持久力トレーニングを主体とした運動療法を中止すべき状態はどれか。

1. 心拍数が100/分以上となる。
2. 収縮期血圧が150 mmHg 以上となる。
3. 心拍数が安静時から20/分以上増加する。
4. 拡張期血圧が安静時から20 mmHg 以上増加する。
5. 収縮期血圧が安静時から30 mmHg 以上増加する。

解答4

解説

 

 

 

 

 

44 健常者に対する血圧測定について誤っているのはどれか。(※不適切問題:解答2つ)

1. 背臥位は立位と比べて脈圧が小さい。
2. 足部は上腕部と比べて収縮期血圧が高くなる。
3. 聴診器をマンシェットと腕の間に挟んで固定する。
4. 座位での測定はマンシェットと心臓の高さを合わせる。
5. Korotkoff 音が聞こえ始めた点(第1 点)を収縮期血圧とする。

解答1/3

解説

 

 

 

 

 

45 両下肢ともに体重の1/2 まで荷重が許可されている場合、病院内の実用的移動手段として適切なのはどれか。

1. 車椅子
2. 四輪付歩行器
3. 交互型歩行器
4. 片側の松葉杖
5. 両側のLofstrand 杖

解答1

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)