第49回(H26) 理学療法士国家試験 解説【午前問題21~25】

 

21 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で、立位または座位で頭上から投影して測定するのはどれか。 2 つ選べ。

1. 肩甲帯伸展
2. 肩伸展(後方挙上)
3. 肩水平屈曲
4. 肘屈曲
5. 前腕回内

解答1/3

解説

 

 

 

 

 

22 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で参考可動域角度が10°とされているのはどれか。 2 つ選べ。

1. 肩甲帯屈曲
2. 肩甲帯引き下げ
3. 股伸展
4. 足部外転
5. 足部外がえし

解答2/4

解説

 

 

 

 

 

23 Daniels らの徒手筋力テストにおける段階2 の検査で、検査する筋と測定肢位の組合せで正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1. 腸腰筋 ― 背臥位
2. 中殿筋 ― 背臥位
3. 大腿四頭筋 ― 腹臥位
4. 縫工筋 ― 背臥位
5. ヒラメ筋 ― 側臥位

解答2/4

解説

 

 

 

 

 

24 Daniels らの徒手筋力テストで顔面筋のテストの段階付けの方法で誤っているのはどれか。

1. N ― 筋力は正常である。
2. F ― 機能している。
3. WF ― 弱いながら機能を果たしている。
4. NF ― 機能を果たしていない。
5. 0 ― 全く活動を認めない。

解答1

解説

 

 

 

 

 

25 脳卒中患者で内頸動脈系と比べて椎骨脳底動脈系の病変でみられやすいのはどれか。

1. 失語症
2. 認知症
3. 同名半盲
4. 半側無視
5. 運動失調

解答5

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)