理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

理学療法士が教える。朝ごはんは食べた方がいいか?食べないほうがいいか?「メリット・デメリット」

大川

朝ご飯を食べたほうがいいのか?

食べないほうがいいのか?

でこちゃん

大川

どっちもメリット・デメリットがあります。
それを踏まえたうえで、どちらが良いかご自身で決めるのが一番だと思います。
なるほど!!
じゃあ、そのメリット・デメリットを教えてもらおうか!

でこちゃん

大川

分かりました。

 

MEMO
最近、いろんな情報が出回って、もうどうやって生きていいのか分からなくなります。
私は朝ごはんを食べない派です。
しかし、朝ごはんを食べると眠くなり逆に頭の回転が遅い気が・・・。
この記事は、結局どっちの方がいいのか?
いろいろ情報を集めてきたので、考えていきたいと思います。

食べた方がいい主張

 

時間がないからといって、朝ご飯を食べない人がいます。
ひょっとしたら、そんな人は、ずいぶん損をしているのかもしれません。
では、朝ご飯を食べると、どんないいことがあるのでしょうか。

 

集中力が増す。

朝ご飯を食べると、頭の働きが活発になります。
脳を働かせるためには、「ブドウ糖」という栄養が必要です。
ブドウ糖は、ご飯やパン、果物を食べることで作られます。
ご飯を抜くと、脳の働きが鈍くなり、集中力が減ってしまいます。

 

体温が上昇し基礎代謝が上がる。

朝ご飯を食べると、体温が上がって、体が活発に動き始めます。
寝ぼけた体をすばやく起こすためにも、朝ご飯を食べることが効果的です。
基礎代謝が上がるため、太りにくくもなります。

 

1日2回の食事では、体が危険信号を出して、栄養をため込んでしまい、太りやすい体質になってしまうということです。
朝食をとると脂肪燃焼効果にも期待ができるため、積極的に朝食をとるとこのリスクを低く抑えることができます。

 

快便になる。

朝ご飯にはお腹のリズムを整える働きがあります。
さらに、ご飯を食べることで、消化器系の活動が活発になります。
毎日決まった時間に食事をすることで、食べ物がスムーズに消化され、トイレも快調になるのです。

 

病気になりにくい。

朝食を抜くと、糖尿病や心臓病、肥満などの生活習慣病が発症するリスクが高くなることが明らかになっています。
朝食を抜くことで、少しのストレスが積み重なっていき生活習慣病が発症するとのことです。

朝ご飯を食べるメリットを上げてみました。
いいことずくめですね。
上記の項目は、逆に言うと「朝食を食べない人のデメリット」とも言えます。

なるほど!!
これだけ見ると、朝ごはんは食べた方が良さそうだ!

でこちゃん

大川

そう思いますよね。
じゃあ、次は食べないほうがいい主張をみていきましょう。

食べないほうがいい主張

私たちは、生きるためには必ず食事を取ります。
「肉や油」摂取した時、完全に消化吸収し排泄し終えるまでの時間を知っていますか?
10時間以上かかります。

 

1日3食たべる場合、消化器官は休みなく働いています。
胃腸に負担をかけ、消化活動が不十分になると考えられているのです。

 

デトックス効果

体の本来の生活リズムは、次の3つの時間帯に分かれています。

 

  • 朝4時~12時は、排泄
  • 12時~20時は、摂取と消化
  • 20時~朝4時は、吸収と利用

 

この本来の体のリズムで考えてみましょう。
朝の時間帯は、排泄のリズムなのです。
しかし、食事をすることで、「食事+排泄」となります。

 

消化器系は、排泄のみに力を集中できず中途半端になることでしょう。
そのため、体に老廃物や有害物質が溜まり、老化の一因になると言われています。

朝食を食べないことにより、「18時間のプチ断食」という言葉も流行しました。
これで、消化器系を休め、デトックス効果が期待できます。

 

若返り効果

みなさん、「サーチュイン遺伝子」というものをご存知でしょうか?
サーチュイン遺伝子とは、「長寿遺伝子」または「長生き遺伝子」、「抗老化遺伝子」とも呼ばれています。
その活性化により生物の寿命が延びるとされているのです。

 

この遺伝子は、私たちの誰もが持っています。
しかし、飽食の時代を生きる私たちの「サーチュイン遺伝子」はそのほとんどが休息中
もともと「サーチュイン遺伝子」は、動物の長い飢餓の歴史の中で、飢餓対策として生まれたもの。
私たちの体が飢餓状態やカロリー制限をしないと目覚めないのです。

 

サーチュイン遺伝子」は飢餓やカロリー制限によって活性化されますが、食事で活性化しようとする研究が進んでいます。
赤ワインに多く含まれる「ポリフェノール」の一種、「レスベラトロール」によって活性化されるのです。
活性酸素の害を防ぎ、免疫力低下、動脈硬化、高血糖、骨粗鬆症、抜け毛や白髪等の老化を防ぐだけではありません。
さらに、抗がん作用を高めるともいわれています。

 

つまり、朝食を抜くことで、若返りが期待できる「サーチュイン遺伝子」を呼び起こせるのです。

余談・・・「芸能人のタモリさん」

知らない人はいないのではないでしょうか?
日本の男性お笑いタレントのタモリさん。

 

そのタモリさんは、実は「1日1食」しかご飯を食べないのです。
さらに、「一週間に1回、断食」して、消化器系を休ませています。
タモリさんの自らの口で発言しており、完全に24時間食べない!」とのことです。

いかがだったでしょうか。
朝食をとること1つとってみても、様々なことが言われていますね。
私は、結局のところ、自分に合った方法をやってほしいと思います。
ストレスなく生活するのが一番だと思っています。

 

まとめ

  • 食べても食べなくてもメリット・デメリットはある。
  • いろんな情報に左右されないでストレスなく生活する。
  • 自分に合った方法で生活する。

 

大川

そこまで言いましたが、私は朝ごはんは食べない派なんですよね。
おいらは常にご飯が出てる・・・

でこちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。