第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午前問題11~15】

 

11 図のような移動(シャフリング)をする乳児に促す姿勢や運動で最も適切なのはどれか。


1.椅子座位
2.起き上がり
3.寝返り
4.背臥位
5.腹這い

解答
解説

 シャフリング移動とは、お座り姿勢のまま移動することである。脚の動かし方、手の使い方のバリエーションが少なかったり、下半身の筋肉の張りが弱く、筋肉量も少ないために行うことがある。生後9~10ヶ月になると、赤ちゃんによっていろいろな発達が見られるようになる。生後10ヶ月の赤ちゃんの半数以上がつたい歩きができるようになる。シャフリングベビーは、歩き始める時期が遅れることがあるものの、たいていは普通に歩けるようになる。また、その後は成長発達が問題なく追いつくことがほとんどである。

シャフリングに対する理学療法

1.椅子座位練習(足底感覚の促通)
2.バランス練習(不安定なベッドでの立位姿勢の保持)
3.下肢筋力の増強(キッキングや室内用バイクの使用)
 いずれにしても、足底感覚の促通が大切になる。

よって、選択肢1.椅子座位が正しい。

 

 

 

 

12 66歳の女性。左中大脳動脈領域のアテローム血栓性脳梗塞でBroca失語と重度の片麻痺を認める。
 理学療法実施の際、コミュニケーションに対する配慮で正しいのはどれか。

1.使用頻度の低い単語を用いる。
2.出にくい言葉は先回りして言う。
3.できるだけ長い文章で話しかける。
4.意思伝達には易しい漢字を用いる。
5.ジェスチャーは可能な限り用いない。

解答
解説

(※引用:病気がみえる vol.7 脳・神経 編集 医療情報科学研究所  P142より )

ブローカ失語とは、言語表出の障害で、音声による語表出、書字による言語表出いずれもが障害され、自発言語は非流暢となる。また、復唱も制限されるが、言語の理解はおおむね良好(軽度~中等度の障害)である。
1.× 使用頻度の低い単語を用いる必要はない。ブローカ失語の言語の理解は、おおむね良好(軽度~中等度の障害)であるため、使用頻度の低いではなく、多い単語を用いる必要がある。
2.× ブローカ失語は、言語表出の障害で、音声による語表出、書字による言語表出いずれもが障害され、自発言語は非流暢となる。しかし、出にくい言葉は先回りして言うことは、理学療法実施の際の視点から上達の機会損失とも考えられる。いきなり先回りして言うのではなく、出にくい言葉が出るまで待ってみたり、少しずつ促していく必要がある。
3.× ブローカ失語は、言語の理解はおおむね良好(軽度~中等度の障害)であるが、できるだけ長い文章で話しかける必要はない。理学療法実施の際は、分かりやすい言葉で運動を提供していく。
4.〇 正しい。意思伝達には易しい漢字を用いる。あえて難しい漢字を使用する必要はない。
5.× ジェスチャーは可能な限り用いないのではなく、必要な時は使っていく。

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓↓

理学療法士国家試験 失語ついての問題4選「まとめ・解説」

 

 

 

13 60歳の女性。転倒して右肩関節痛を訴えた。エックス線写真(下図)を別に示す。
 まず患部に行うべき治療はどれか。

1.ギプス固定
2.極超短波治療
3.三角巾固定
4.髄内釘固定
5.超音波治療

解答
解説

 レントゲンから上腕骨近位端骨折であることが分かる。高齢者では転倒などの軽い外力で生じることが多く、特に女性が多い傾向である。転位(骨折などで骨片が本来の位置からずれた状態にある)のない骨折は、保存的治療の適応であり、三角巾などで固定し、臥床、起床動作時に肩関節を安定させるため、バストバンドなどで上肢を体幹に固定する。転位があれば、髄内釘固定法やプレート固定法が行われる。脱臼骨折の場合には、人工骨頭置換術が行われる場合もある。

 また受傷後、外傷を受けたときなどの緊急処置は、RICE処置が基本となる。患部の出血や腫脹、疼痛を防ぐことを目的に患肢や患部を安静(Rest)にし、氷で冷却(Icing)し、弾性包帯やテーピングで圧迫(Compression)し、患肢を挙上すること(Elevation)が基本です。

1.× ギプス(Gips:独語)とは、もともと石膏(硫酸カルシウムの粉末)のことで固めることをいう。ギプスは、骨折・靭帯損傷などの治療において患部が動かないよう外から固定・保護し安静を保つ為に用いられる包帯材料もしくは包帯法である。適応は、中等度以上の捻挫や、脱臼に用いられるため不適当である。
2.5× 極超短波治療,超音波治療は、温熱療法であるため不適当である。非温熱にて超音波治療も治療過程にある骨折部は禁忌である。
3.〇 正しい。三角巾固定が正しい。転位(骨折などで骨片が本来の位置からずれた状態にある)のない上腕骨近位端骨折は、保存的治療の適応であり、三角巾などで固定するのが正しい。
4.× 転位があれば、髄内釘固定法やプレート固定法が行われるため不適当である。

 

 

大きな画面の方が勉強しやすい!

 

 

14 65歳の男性。変形性頚椎症。2年前から肩こりがあり、2か月前から頚部伸展時に右手の母指にしびれが出現し、右上肢のだるさと脱力感を自覚するようになった。下肢の症状やバランス不良はみられない。
 右上肢において筋力低下が最も生じやすいのはどれか。

1.三角筋
2.上腕三頭筋
3.上腕二頭筋
4.尺側手根屈筋
5.長橈側手根伸筋

解答
解説

 本症例の特徴として、2か月前から頚部伸展時に右手の母指にしびれが出現し、右上肢のだるさと脱力感を自覚するようになった。デルマトームで支配領域を確認するとC6であることが分かる。この領域に当たる筋肉は、選択肢5.長橈側手根伸筋である。

 

 

 

15 75歳の女性。Parkinson病。Hoehn & Yahrの重症度分類ステージⅣ。歩行時に小刻み歩行、突進現象、すくみ足が出現する。
 歩行練習として適切なのはどれか。

1.速く歩く。
2.広いところで歩く。
3.床に引いた一本線上を歩く。
4.目標地点の手前を注視して歩く。
5.お盆に載せたコップを運びながら歩く。

解答
解説

 本症例は、歩行時に小刻み歩行、突進現象、すくみ足が出現する。その誘発因子は、狭路障害物精神的緊張などである。
1.× 速く歩くのは、突進現象を誘発させるため行う必要はない。
2.〇 正しい。すくみ足などの歩行障害が起こる誘発因子は、狭路、障害物、精神的緊張などであるため、広いところで歩くのは効果的といえる。
3.× 床に引いた一本線上を歩くのではなく、はしご上の目印をつけ一本線の上を跨ぐように歩く練習を行う。
4.× 目標地点の手前ではなく、その奥を注視して歩く。
5.× お盆に載せたコップを運びながら歩くのは、精神的緊張にもつながり小刻み歩行が生じやすくなるため不適当である。

Hoehn&Yahr の重症度分類でステージ

ステージⅠ:片側のみの症状がみられる。軽症で機能障害はない。
ステージⅡ:両側の症状がみられるが、バランス障害はない。また日常生活・通院にほとんど介助を要さない。
ステージⅢ:歩行障害、姿勢保持反射障害が出現し、ADLに一部介助に一部介助が必要になる。
ステージⅣ:日常生活・通院に介助を必要とする。立位・歩行はどうにか可能。
ステージⅤ:寝たきりあるいは車いすで、全面的に介助を要する。歩行・起立は不能。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)