リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午後問題91~95】

 

91. 重症筋無力症で正しいのはどれか。

1. 胸腺の異常を伴うことが多い。
2. Parkinson病より患者数が多い。
3. テンシロン試験で症状が悪化する。
4. 血清クレアチンキナーゼが上昇する。
5. 誘発筋電図の反復刺激試験で振幅の漸増を認める。

解答
解説
1. 〇:正しい。胸腺の異常を伴うことが多い。胸腺腫となりやすい。胸腺腫がなくても全身型の重症筋無力症には拡大胸腺腫摘出術が行われることが多い。
2. ×:Parkinson病の患者数は、人口10万人あたり100~150人と推定されており、神経変性疾患の中では最も頻度が高い。ちなみに、重症筋無力症は、10万人あたり5.1人である。
3. ×:テンシロン試験で症状は悪化するのではなく、回復する。テンシロンは欧米の商品名であり、日本ではアンチレクスという商品名で発売されている。重症筋無力症患者では、長短時間作用型抗ChE薬であるテンシロンの静注により、一過性に筋力が回復する(テンシロン検査)。
4. ×:血清クレアチンキナーゼとは、筋の損傷が起こると上昇を示す。心筋炎、心外膜炎、進行性筋ジストロフィー、多発性筋炎などにより上昇する。
5. ×:誘発筋電図の反復刺激試験で振幅は、漸増ではなく漸減を認める。これをWaning(ウェイニング)現象という。

 

 

 

92. 脳腫瘍とその症状の組み合わせで正しいのはどれか。

1. 下垂体腺腫———両耳側半盲
2. 視神経膠腫———てんかん発作
3. 髄芽腫—————下垂体機能不全
4. 聴神経鞘腫———尿崩症
5. 頭蓋咽頭腫———難聴

解答
解説
1. 〇:正しい。下垂体腺腫は、両耳側半盲を生じる。視力・視野障害の他にも、下垂体前葉機能障害(成長ホルモン低下症状や卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの低下症状など)や視床下部障害(尿崩症)が起こる。
2. ×:視神経膠腫は、無症状で、自然に消退するものも多いが、ときに視力低下・視野障害などの原因となる。てんかん発作は、膠芽腫(グリオブラストーマ)で起こる。
3. ×:髄芽腫は、通常小脳中部に発生する。頭痛や嘔吐、歩行時のふらつきがみられる。
4. ×:聴神経鞘腫の約95%が内耳神経(特に下前庭神経)に好発する。症状として、一側の高音域難聴、耳鳴、健側に向かう水平注視眼振(Bruns眼振)、めまいなどがある。
5. ×:頭蓋咽頭腫は、視交叉圧迫による視力障害、下垂体機能低下、視床下部障害などを特徴とする。

 

 

 

93. 急性膵炎で正しいのはどれか。

1. 胆石が最も多い原因である。
2. 重症例の死亡率は1%前後である。
3. 急性期は血中アミラーゼが低下する。
4. 膵内での消化酵素の活性化がみられる。
5. 体幹の伸展で痛みが軽減することが多い。

解答
解説
急性膵炎とは、膵臓の急性炎症で、他の臓器にまで影響を及ぼし得るものである。急性膵炎の2大原因は、アルコールと胆石である。急性膵炎の最も多い症状は、上腹部痛であるが、背部まで痛みが広がることもある。ほか、嘔吐、発熱などの症状や、状態が悪化すると、意識障害やショック状態など重症化することもある。
1. ×:最も多い原因はアルコールで、次の原因で胆石がある。
2. ×:重症例の死亡率は、1%前後ではなく、適切に治療を行った場合でも10~30%であるとする報告がある。
3. ×:急性期は血中アミラーゼが低下ではなく、上昇する。
4. 〇:正しい。膵内での消化酵素の活性化がみられる。膵液は膵管という管を通って十二指腸に分泌され、はじめて消化酵素として活性化し、食べ物を消化します。胆石など何らかの原因で、膵液が詰まり、膵内で活性化されると、膵臓が消化され、これを急性膵炎と呼ぶ。
5. ×:体幹の伸展ではなく、屈曲(前かがみ)で痛みが軽減することが多い。

 

 

 

94. 赤血球の産生が低下しないのはどれか。

1. 腎性貧血
2. 溶血性貧血
3. 鉄欠乏性貧血
4. 巨赤芽球性貧血
5. 骨髄異形成症候群

解答
解説
貧血(赤血球数・ヘモグロビン量・またはヘマトクリットの減少)は、赤血球産生(赤血球造血)の低下、赤血球崩壊の増加、失血、またはこれらの因子の組合せの結果として生じることがある。
1. ×:腎性貧血は、主にエリスロポエチンの欠乏または、エリスロポエチンに対する反応性の低下より、赤血球を産生能力が低下することである。
2. 〇:正しい。溶血性貧血は、赤血球が破壊されることによって起こる貧血である。赤血球が破壊されることを溶血と言い、溶血で起こる貧血なので溶血性貧血という。つまり、赤血球の産生は低下しないが、溶血される貧血である。
3. ×:鉄欠乏性貧血は、鉄欠乏性貧血は体内の鉄が不足することで赤血球の中に含まれるヘモグロビンが作れなくなることによって生じる、貧血の中で最も頻度が高い疾患である。
4. ×:巨赤芽球性貧血は、種々の原因により骨髄に巨赤芽球が出現する貧血の総称である。ビタミンB12欠乏や葉酸欠乏などにより、DNA合成が障害され核の成熟障害をきたし、異常な巨赤芽球が産生される。巨赤芽球は、赤血球前駆細胞である。つまり、赤血球前駆細胞である異常な巨赤芽球が産生され、赤血球の産生が低下する貧血である。
5. ×:骨髄異形成症候群とは、骨髄中で健常な血液細胞が充分につくられない疾患の一種である。症状のあらわれ方は、患者さんによって異なる。 具体的には、赤血球減少による顔色不良、全身倦怠感、動悸、息切れなどの症状や、血小板減少による皮膚・粘膜の点状出血や鼻出血などの症状がみられる。

 

 

 

95. 地域保健法に基づく保健所の業務でないのはどれか。

1. 障害児の保険相談
2. 医療保険の審査事務
3. 感染症発症届出の受理
4. 人口動態統計に関する事務
5. 食品に関する営業所の監視

 

解答
解説

1. 〇:正しい。障害児の保険相談は、⑧にあたる。
2. ×:医療保険の審査事務は、支払基金が行っている。
3. 〇:正しい。感染症発症届出の受理は、⑫にあたる。
4. 〇:正しい。人口動態統計に関する事務は、②にあたる。
5. 〇:正しい。食品に関する営業所の監視は、⑬にあたる。

保健所が実施する事業を以下にまとめた。
保健所は、次に掲げる事項につき、企画、調整、指導及びこれらに必要な事業を行う。
①地域保健に関する思想の普及及び向上に関する事項。
②人口動態統計その他、地域保健に係る統計に関する事項。
③栄養の改善及び食品衛生に関する事項。
④住宅、水道、下水道、廃棄物の処理、清掃その他の環境の衛生に関する事項。
⑤医事及び薬事に関する事項。
⑥保健師に関する事項。
⑦公共医療事業の向上及び増進に関する事項。
⑧母性及び乳幼児並びに老人の保健に関する事項。
⑨歯科保健に関する事項。
⑩精神保健に関する事項。
⑪治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病により、長期に療養を必要とする者の保健に関する事項。
⑫エイズ、結核、性病、伝染病その他の疾病の予防に関する事項。
⑬衛生上の試験及び検査に関する事項。
⑭その他地域住民の健康の保持及び増進に関する事項。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)