第52回(H29) 作業療法士国家試験 解説【午前問題26~30】

 

26 右利きの患者の頭部CT(下図)を別に示す。
 最も考えられる症状はどれか。

1. 左半側空間無視
2. 視覚失認
3. 着衣失行
4. 左右失認
5. 片麻痺

解答4

解説

 本症例は、右利きであることから優位半球は左半球である。画像上は、頭頂葉(頭頂連合野:角回)に損傷がみられ、Gerstmann症候群(ゲルストマン症候群)が考えられる。Gerstmann症候群(ゲルストマン症候群)の主症状は①失算、②失書、③手指失認、④左右失認である。よって、Gerstmann症候群の主症状の一つである選択肢4.左右失認である。

1.3.× 左半側空間無視・着衣失行は、劣位半球(この症例の場合は右半球)頭頂葉の障害である。
2.× 視覚失認は、後頭葉の障害で起こる。
5.× 片麻痺は、左右中心前回の障害で起こる。

 

 

 

 

 

 

27 遠城寺式乳幼児分析的発達検査における手の運動で、生後9〜10か月の発達段階であるのはどれか。

1. ガラガラを振る。
2. 積木を2つ重ねる。
3. 鉛筆でぐるぐる丸を書く。
4. 瓶の蓋を開けたり閉めたりする。
5. おもちゃを一方の手から他方に持ち替える。

解答4

解説

1.× ガラガラを振るのは、4~5ヵ月頃にみられる。
2.× 積木を2つ重ねるのは、1歳2~4ヵ月頃にみられる。
3.× 鉛筆でぐるぐる丸を書くのは、1歳6~9ヵ月頃にみられる。
4.〇 正しい。瓶の蓋を開けたり閉めたりするのは、9~10ヵ月頃にみられる。
5.× おもちゃを一方の手から他方に持ち替えるのは、6~7ヵ月頃にみられる。

 

 

 

 

 

 

 

28 Zancolliの四肢麻痺上肢機能分類のC6B3で機能が残存している筋はどれか。2つ選べ。

1. 円回内筋
2. 総指伸筋
3. 深指屈筋
4. 上腕三頭筋
5. 尺側手根伸筋

解答1/4

解説

C6B3は、手関節背屈が強く、円回内筋橈側手根屈筋上腕三頭筋の機能が残存する。基本機能筋群は長橈側手根伸筋と短橈側手根伸筋である。よって、選択肢1.4.円回内筋(C6B2で+)・上腕三頭筋(C6B3で+)が正しい。

2.5.× 総指伸筋・尺側手根伸筋の基本機能筋群はC7である。
3.× 深指屈筋の基本機能筋群はC8である。

 

 

 

 

 

 

29 Colles骨折の合併症で起こりやすいのはどれか。

1. 肘関節脱臼
2. 腋窩神経麻痺
3. 橈骨神経麻痺
4. 正中神経麻痺
5. 長母指屈筋腱断裂

解答4

解説

 コーレス骨折(橈骨遠位端部伸展型骨折)は、橈骨遠位端骨折の1つである。 橈骨が手関節に近い部分で骨折し、遠位骨片が手背方向へ転位する特徴をもつ。合併症には、尺骨突き上げ症候群手根管症候群(正中神経障害)長母指伸筋腱断裂複合性局所疼痛症候群 (CRPS)などがある。よって、選択肢4.正中神経麻痺が正しい。

1.× 肘関節脱臼は、橈骨頭骨折、尺骨鉤状突起骨折、上腕骨外側上顆部の剥離骨折で伴いやすい。
2.× 腋窩神経麻痺は、肩関節周辺の骨折や脱臼、肩関節の打撲、局所の神経圧迫、不良肢位、手術侵襲などで伴いやすい。
3.× 橈骨神経麻痺は、開放創や挫傷、上腕骨骨折や上腕骨顆上骨折などの骨折、圧迫などで伴いやすい。
5.× 長母指屈筋腱断裂は、腱が断裂されるほどの強い衝撃や刃物で切られたりすると起こる。

 

 

 

 

 

 

30 作業療法中の低血糖発作で注意すべきなのはどれか。

1. 深い呼吸
2. 喉の渇き
3. 手の震え
4. 皮膚の乾燥
5. 筋緊張の亢進

解答3

解説

低血糖症状

【自律神経症状】①冷汗、②顔面蒼白、③頻脈、④動悸、⑤発汗、⑥手の震え、⑦空腹感など

【中枢神経症状】①頭痛、②集中力低下、③視力低下、④痙攣、⑤昏睡など

1.× 深い呼吸は、ケトアシドーシスによるクスマウル呼吸のことであり、高血糖時の症状である。
2.× 喉の渇きは、高血糖時の症状である。
3.〇 正しい。手の震えは、低血糖発作時の自律神経症状としてみられる。作業療法中の低血糖発作で注意すべきである。
4.× 低血糖時、皮膚の乾燥は起こらず、むしろ皮膚は湿潤する。
5.× 低血糖時、筋緊張の亢進は起こらず、むしろ筋緊張低下し、熱産生が抑制される。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)