第51回(H28) 理学療法士国家試験 解説【午後問題41~45】

 

41 下肢装具とそのチェックアウト基準の組合せで正しいのはどれか。

1. 骨盤帯 — 腸骨稜頂点
2. 股継手 — 大転子上端
3. 膝継手 — 膝関節裂隙中央
4. 下腿半月 — 腓骨頭上端
5. 足継手 — 内果下端

解答5

解説

1.× 骨盤帯は、腸骨稜頂点ではなく、腸骨稜と大転子の中間で、床面と平行である。
2.× 股継手は、大転子上端ではなく、大転子の上方2cm・前方2cmの位置である。
3.× 膝継手は、膝関節裂隙中央ではなく、膝関節裂隙と内転筋結節の中間である。
4.× 下腿半月は、腓骨頭上端ではなく、腓骨小頭より2~3cm遠位で床面と水平にとる。
5.〇 正しい。足継手は、内果下端ではなく、内果下端と外果中央を結ぶ線である。

 

 

 

 

 

 

42 大腿骨近位部骨折に対する人工骨頭置換術(後方アプローチ)後、全荷重が可能な状態での理学療法で適切でないのはどれか。

1. 背臥位における膝伸展位での股関節外転運動
2. 腹臥位における他動的な股関節伸展運動
3. 座位における重錘を用いた大腿四頭筋の筋力増強
4. 低い椅子から股関節内旋位での立ち上がり練習
5. 歩行器を用いた屋外歩行練習

解答4

解説

1.〇 背臥位における膝伸展位での股関節外転運動は適切である。なぜなら、筋力低下や関節拘縮の予防のため。
2.〇 腹臥位における他動的な股関節伸展運動は適切である。なぜなら、関節拘縮の予防のため。前方アプローチの場合、脱臼の危険性もあり禁忌である。
3.〇 座位における重錘を用いた大腿四頭筋の筋力増強は適切である。なぜなら、筋力低下の予防他のため。
4.× 低い椅子から股関節内旋位での立ち上がり練習は不適切である。なぜなら、低い椅子からの立ち上がりの姿勢は、股関節の過屈曲を伴い、脱臼の危険性を伴うため。
5.〇 歩行器を用いた屋外歩行練習は適切である。なぜなら、積極的な離床、廃用症候群の予防のため。必要であれば階段昇降の練習も行う。

人工骨頭置換術の患側脱臼肢位

①後方アプローチ:股関節内転・内旋・過屈曲

②前方アプローチ:股関節内転・外旋・伸展

 

 

 

 

 

 

43 小児の四肢切断の特徴として正しいのはどれか。

1. 後天性四肢切断は男児に比べ女児に多い。
2. 義手の装着開始時期は4歳ころが適切である。
3. 下腿切断では成長に伴い外反膝変形を生じやすい。
4. 後天性の切断における幻肢の頻度は成人より低い。
5. 骨肉腫が原因で切断になる頻度は増加傾向にある。

解答4

解説

1.× 後天性四肢切断は、男児に比べ女児は少ない。男女比は2:1である。なぜなら、男児は女児より活発であり、怪我をするため。
2.× 義手の装着開始時期は、4歳ころではなく、生後6か月ごろが適切である。義足は、生後8~10カ月頃から装着するのが望ましい。
3.× 下腿切断では、成長に伴い外反膝変形ではなく、膝関節屈曲拘縮を生じやすい。
4.〇 正しい。後天性の切断における幻肢の頻度は成人より低い。なぜなら、小児はボディ・イメージが十分形成されていないため。
5.× 骨肉腫が原因で切断になる頻度は増加ではなく、減少傾向にある。腫瘍切除の際に、人工関節などを利用して四肢を温存する方針である。

 

 

 

 

 

 

44 Down症候群の児の理学療法で適切なのはどれか。

1. 腹筋群の収縮を促す。
2. 不随意運動を抑制する。
3. 緊張性迷路反射を促通する。
4. シャフリングを移動手段とする。
5. 定頸後すぐに立位姿勢を経験させる。

解答1

解説

1.〇 正しい。腹筋群の収縮を促す。なぜなら、全身の筋緊張が低下しているため。筋収縮を促し、筋緊張を高めることは重要である。
2.× 不随意運動はみられない
3.× 緊張性迷路反射を促通する必要はない。なぜなら、成長するにつれ原始反射(緊張性迷路反射など)は消失していくものであるため。
4.× シャフリングを移動手段とするのではなく、正常発達に近づけるべく、「はいはい・つたい歩き・歩行」を目指せるように動作を促す。シャフリングとは、いざり(座ったままお尻で移動する)のことである。
5.× 定頸後すぐに立位姿勢を経験させる必要はない。なぜなら、全身の筋緊張が低下しており、定頸後すぐに立位をしても筋収縮の促進とは考えにくいため。

Down症候群(21トリソミー)

染色体異常が原因で知的障害が起こる病気である。

また、約半数は、先天性心疾患や消化管疾患などを合併する。

乳児期の特徴としては、全身の筋緊張が低く、発達の遅れを伴う。

 

 

 

 

 

 

45 心筋梗塞発症時にみられる左腕の痛みはどれか。

1. 深部痛
2. 表在痛
3. 関連痛
4. 内臓痛
5. 神経障害性疼痛

解答3

解説

1.× 深部痛とは、骨膜・筋膜・靭帯などの痛みである。
2.× 表在痛とは、皮膚や粘膜の痛みである。
3.〇 正しい。関連痛である。関連痛とは、神経線維の走行の関係で生じる痛みである。つまり、原因とは離れた部位に感じる痛みである。心筋梗塞では左肩・上腕部痛などとして自覚されるため正しい。
4.× 内臓痛とは、内臓の障害によって生じる疼痛である。心筋梗塞の場合の胸痛として自覚される。他にも、急性胃炎の場合の心窩部痛として現れる。
5.× 神経障害性疼痛とは、末梢神経中枢神経の損傷や障害によって生じる痛みである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)