第50回(H27) 理学療法士国家試験 解説【午後問題36~40】

 

36 超音波療法について正しいのはどれか。

1. 周波数は深達度に影響しない。
2. 成長期の小児の骨端線への照射は避ける。
3. 水中の照射では温熱効果は期待できない。
4. 機械的刺激で細胞の膜透過性が抑制される。
5. 空気中の照射では皮膚とプローブを約10 cm 離す。

解答2

解説

 

 

 

 

 

37 カナダ式股義足で誤っているのはどれか。

1. ソケットの固定を両側腸骨稜の上部と坐骨の3 点で行う。
2. 股継手と膝継手を通る線が踵の25〜40 mm 後方を通る。
3. 股継手を正常股関節軸より45°前上方につける。
4. ソケットの懸垂を切断対側の腸骨稜で行う。
5. 股屈曲制限バンドをつける。

解答3

解説

 

 

 

 

 

38 PTB式免荷装具について正しいのはどれか。

1. 歩行あぶみ(パッテン底)は舟状骨の真下に置く。
2. ハムストリングスを圧迫するように装着する。
3. 脛骨高原骨折で適応となる。
4. 膝蓋骨は荷重部位である。
5. 膝関節は固定される。

解答1

解説

 

 

 

 

 

39 口すぼめ呼吸で正しいのはどれか。

1. 気道の虚脱を抑える。
2. 全肺気量を増加させる。
3. 吸気時間を延長させる。
4. 呼吸仕事量を増加させる。
5. 機能的残気量を増加させる。

解答1

解説

 

 

 

 

 

40 2 型糖尿病患者に対する教育入院後1 か月の効果を示すのに適切なのはどれか。

1. CRP
2. 尿糖
3. HbA1c
4. 空腹時血糖
5. 血中アルブミン

解答3

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)