第49回(H26) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午後問題91~95】

 

91 間質性肺炎の特徴はどれか。

1. 単純エックス線写真ですりガラス陰影
2. 肺コンプライアンスの上昇
3. 水泡音の聴診
4. 横隔膜低位
5. 湿性の咳嗽

解答1

解説

 

 

 

 

 

92 腸重積の特徴はどれか。

1. 高齢者に多い。
2. 左側結腸に多い。
3. 腸雑音は亢進する。
4. 腸管の血流は保たれる。
5. 鼠径ヘルニアの嵌頓で起こる。

解答3

解説

 

 

 

 

 

93 溶連菌感染と関連のあるのはどれか。

1. 猩紅熱
2. ガス壊疽
3. 帯状疱疹
4. 手足口病
5. 急性灰白髄炎

解答1

解説

 

 

 

 

 

94 糖尿病に合併しやすい疾患として誤っているのはどれか。

1. 白内障
2. 尿路結石
3. 脳血管障害
4. 虚血性心疾患
5. 閉塞性動脈硬化症

解答2

解説

 

 

 

 

 

95 嚥下障害の病態と用いられる介入の組合せで正しいのはどれか。

1. 口腔期障害 ― 粘性の高い食物
2. 鼻咽腔閉鎖不全 ― Shaker(シャキア)法
3. 喉頭挙上筋筋力低下 ― 間欠的バルーン拡張法
4. 咽頭機能の左右差 ― 頸部回旋
5. 輪状咽頭筋弛緩不全 ― 軟口蓋挙上装置

解答4

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)