第48回(H25) 理学療法士国家試験 解説【午前問題26~30】

 

26 FIM について正しいのはどれか。

1.自記式評価法である。
2.機能障害の評価法である。
3.更衣は上半身と下半身に分けられる。
4.補装具を使用しても完全自立と判定する。
5.認知には「対人関係」という項目が含まれる。

解答3

解説

1.× 自記式評価法(本人が記入するの)ではなく、第三者が評価する。
2.× 機能障害の評価法ではなく、機能的自立度(しているADL)の評価である。機能障害の評価法とは、TMTなどの注意障害やファンクショナルリーチなどのバランス評価がそれにあたる。
3.〇 正しい。更衣は上半身と下半身に分けられる。
4.× 補装具を使用した場合、完全自立(7点)ではなく修正自立(6点)と判定する。
5.× 認知には、「対人関係」という項目が含まれない。含まれるものは、①社会的交流、②問題解決、③記憶である。

 

 

 

 

 

27 老研式活動能力指標に含まれる項目で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.金銭管理
2.自動車運転
3.町内会活動
4.スポーツ活動
5.公共交通機関の利用

解答1/5

解説

老研式活動能力指標 (TMIG:Index of Competence)は、より高次の生活能力を評価するために開発された13項目の多次元尺度である。「手段的自立 (項目1~5)」、 「知的能動性 (項目6~9)」、「社会的役割(項目10~13)」の3つの活動能力を測定する。この尺度は、他の尺度にはあまり見られない「社会的役割」の活動能力を含み、在宅老人の生活機能の評価をより正確に行うことができる。

 

1.〇 正しい。金銭管理(請求書の支払いなど)は、「手段的自立」に含まれる。
2.× 自動車運転/町内会活動/スポーツ活動は、老研式活動能力指標 に含まれない
5.〇 正しい。公共交通機関の利用は、「手段的自立」に含まれる。

老研式活動能力指標

「手段的自立」
①バスや電車を使って一人で外出できますか
②日用品の買い物ができますか
③自分で食事の用意ができますか
④請求書の支払いができますか
⑤預貯金の出し入れが自分でできますか

「知的能動性」
⑥年金などの書類が書けますか
⑦新聞を読んでいますか
⑧本や雑誌を読んでいますか
⑨健康情報についての記事や番組に関心がありますか

「社会的役割」
⑩友人の家を訪ねることがありますか
⑪家族や友達の相談にのることがありますか
⑫病人を見舞うことがありますか
⑬若い人に自分から話しかけることがありますか

 

 

 

 

 

 

28 変形性股関節症に対して、前方アプローチで股関節を前外側に脱臼させて人工股関節置換術を行った。
術後に股関節の脱臼を最も誘発しやすい肢位はどれか。

1.屈曲、内転、内旋
2.屈曲、外転、外旋
3.伸展、内転、外旋
4.伸展、内転、内旋
5.伸展、外転、内旋

解答3

解説

脱臼肢位

前方アプローチ:伸展・内転・外旋

後方アプローチ:屈曲・内転・内旋

よって、選択肢3.伸展、内転、外旋が正しい。

 

 

 

 

 

29 膝関節前十字靱帯損傷で異常所見がみられるのはどれか。2つ選べ。

1.Lachman test
2.McMurray test
3.Thompson test
4.軸移動テスト(pivot shift test)
5.後方引き出しテスト(posterior drawer test)

解答1/5

解説

1.4.〇 正しい。Lachman test(ラックマンテスト)/軸移動テスト(pivot shift test:ピポットシフトテスト)は、膝前十字靭帯損傷を検査する。
2.× McMurray test(マックマリーテスト)は、半月板損傷を検査する。
3.× Thompson test(トンプソンテスト)は、アキレス腱断裂を検査する。
5.後方引き出しテスト(posterior drawer test)は、膝後十字靭帯を検査する。

 

 

 

 

 

30 外傷と合併しやすい神経障害の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

1.肩関節前方脱臼:肩甲上神経麻痺
2.上腕骨骨幹部骨折:橈骨神経麻痺
3.橈骨遠位端骨折:尺骨神経麻痺
4.股関節後方脱臼:坐骨神経麻痺
5.脛骨骨折:脛骨神経麻痺

解答2/4

解説

1.× 肩関節前方脱臼は、肩甲上神経麻痺ではなく腋窩神経麻痺を起こしやすい。
2.〇 正しい。上腕骨骨幹部骨折は、橈骨神経麻痺を起こしやすい。
3.× 橈骨遠位端骨折は、尺骨神経麻痺ではなく正中神経麻痺を起こしやすい。
4.〇 正しい。股関節後方脱臼は、坐骨神経麻痺を起こしやすい。
5.× 脛骨骨折は、脛骨神経麻痺ではなく腓骨神経麻痺を起こしやすい。

 

2 COMMENTS

匿名

29番目の問題の解答不適切だと思います。後方引き出しテストは後十字靭帯損傷を調べるものです。軸移動テストに関しても前十字靭帯損傷を調べるものです。

返信する
大川 純一

コメントありがとうございます。
ご指摘通り間違えておりました。
修正致しましたのでご確認ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)