リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

健康には歩くことが一番!!~江戸時代の歩行量から考える~

あなたは一日のうちどれぐらい歩いていますか?
現代病(生活習慣病)の大半は、歩かないことが原因とまで言われています。こんなデータもあります。

MEMO

・糖尿病人口は、950万人に。
・高血圧人口は、4千万人に。
・高脂血症人口は、2千万人に。
・認知症人口は460万人、予備軍も加えると900万人に。
そして、毎年100万人が新たにがんにかかり、年間で37万人が、がんで命を落としている。

毎年、毎年、そんなニュースが次から次へと耳に飛び込んできほす。テレビでは、「こんなに病気が増えました。10年後にはもっと増えるでしょう。大変です」と、大騒ぎしています。しかし、その国民の心配を経済が回るように、あなたを誘導しています。例えば、保険を促してみたり・・・。健康食品やサプリメントに促してみたり・・・。ですが、お金をかける前に、解決方法があるのです。私は、病気の大半は、歩かなくなったことが原因だと思います。

最近、外も寒くなって歩けない・・・。

でこちゃん

大川

外を歩くにしても、ヒートショックもあるので気を付けてくださいね。

「沖縄クライシス」という言葉、聞いたことがありますか?

 まず、クライシスという単語を知らない人に説明しておきますと、クライシス(crisis)とは、直訳すると『危機・重大局面』です。つまり、沖縄危機といっていいでしょう。では、なにが沖縄の危機なのでしょうか?

 

 沖縄県といえば、一昔前には、日本一の長寿の県でした。実際、1985年には男女ともに平均寿命第1位という、名実ともにナンバーワンの長寿県だったのです。ところが、2000年には、沖縄県の男性の平均寿命は全国26位に。2010年調査では30位にまで転落してしまいました。その裏で、65歳未満の死亡率は、なんとワースト1位になっています。

 

 一方、沖縄県の女性のほうは、2005年まで平均寿命全国1位を保ち、2010年調査でも3位とまだ上位のままですが、実は、長寿のおばあちゃんたちが平均寿命を引き上げているだけ。女性のほうも、65歳未満の死亡率は、2010年に全国最下位になっています。

沖縄クライシスの二つの原因

食生活

 どうして65歳未満の死亡率が全国でもっとも高いのかというと、まず指摘されるのが、食生活です。昔の沖縄は食物繊維が豊富な煮イモを主食としていたそうですが、戦後、高脂肪・高カロリーの欧米型の食事が広よってしまいました。東京・銀座にマクドナルド1号店がオープンする10年ほど前から、すでに沖縄ではファストフードが入ってきて、すっかりファストフード天国に。その結果、メタボが増えていきました。

車主体の移動

 そしてもう一つ、沖縄が長寿ランキングから転落した大きな要因が、車社会になって歩かなくなったことです。暑さが厳しい上に、タクシーが安いため、子どものころから足代わりにタクシーを使う人が多いと聞きます。結局、すべての問題は、食事と運動です。関節リウマチをはじめとする膠原病やアトピー性皮膚炎、気管支喘息、片頭痛など、一見、食事とまったく関係がなさそうな病気でも、食生活を変えることで薬を必要とせず、簡単に治る人をたくさん経験しました。

 では、食事と運動、どちらが先かといえば、どちらも大事なのですが、体を動かさなければお腹もすきません。いくらバランスの良い食事を摂っても、カロリーを消費しなければ、栄養過多になってしまいます。だから、まずは体を動かす、歩くことが大事だと思っています。

 

江戸時代の庶民は『1日3万歩』歩いていた。

 唐突ですが、江戸時代の人たちは、今の人たちよりも6倍くらい歩いていたそうです。よく「一日1万歩、歩きなさい」と言われますが、江戸時代の庶民はだいたい3万歩は歩いていたといわれます。江戸時代には、自動車もなかったし、仕事中、ずーっとパソコンの前に座っている「デスクワーク」なんてなかったので、何かと歩いていたのでしょう。明治や大正時代の人たちもやっぱりよく歩いていて、当時のサラリーマンは、江戸時代の庶民と同じくらい歩いていたといわれています。

 

 ところが、公共交通機関がすっかり充実して、自転車、バイク、車と、便利な乗り物が普及してからというもの、「歩こう」と意識しなければ歩かなくなってしまいました。今みなさんは一日何歩くらい歩いていますか??「結構歩いているほうだと思います」と言う人も、一日3万歩には当然及ばず、万歩計をつけて測ってみたら、良くても6、7千歩というあたりでしょう。会社のお偉いさんなど車での送り迎えが当たり前になっている人は、一日数百歩なんてこともありえます。

 

「サラリーマンは地位が上がるほど歩かなくなる」という研究結果も出ていて、ある調査では、課長,係長クラスは一日平均7千歩、部長クラスは一日平均5千歩、車付きの重役は一日平均3千歩だったそうです。偉くなればなるほど、生活が便利になればなるほど、皮肉にも健康からは遠のいていくのです。

 

江戸時代の健康法「養生訓(ようじょうくん)」とは??

 この半世紀というは、歩くことが失われていった時代でもあると思います。ところで、江戸時代の健康法といえば、貝原益軒の『養生訓』が有名です。益軒は、薬を使わない養生法を説き、なんと85歳まで生を謳歌しました。よっぽど禁欲的な生活を強いていたのかと思うかもしれませんが、『養生訓』をよくよく読んでみると、そんなことはありません。お酒も嗜んでいたようですし、肉 食べていたし、性欲に関しても「無理な我慢はかえって体に悪い」と、快楽を決して否定していません。

※参考:養生訓 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 ただ、やり過ぎを禁じているだけ。禁欲も有害、行き過ぎも有害。なんでも腹八分目くらいがちょうどいいと説いているのです『養生訓』には、食事やお酒、あるいは性生活のことなど、中庸のライフスタイルがいかに大切か、とくとくと語られているのですが、不思議なことに歩くということには、ほとんど触れられていません。

 このことは、先日、『養生訓』を読み直しているときにふと気づきました。歩くことについて益軒に学びたいと思い、『養生訓』を読み返したのですが、予想に反してあまり書かれていないのです。不思議なものだと思ったのですが、よくよく考えれば、江戸時代には歩くしか移動手段がなかったので、歩く効能をわざわざ説かなくても誰もが歩いていたからでしょう。歩くこと、体を動かすことは当たり前過ぎて、意識することもなかったのだと想像します。

 

 江戸時代の日本は幸福度がとても高かった———と、その一つの要因は、よく歩いていたからでしょう。最近、見直されるようになってきましたが、現代病の大半は、歩かなくなったことに起因しています。益軒は、こんなにも人が歩かなくなる時代が来るなんて、思ってもみなかったことでしょう。

まとめ

・まずは意識して歩こう!!

・江戸時代の庶民は現代人の6倍歩いていたから健康で幸せだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)