リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

うつ病も薬要らず、歩くだけで改善する可能性が高い??

 以前、糖尿病も高血圧も認知症も歩けば改善する可能性が高い、という記事を書かせてもらいました。まだ読んでいない方がいらしたら、ぜひそちらも読んでみてくださいね。今回は、歩くだけでうつ病もよくなる可能性が高い!という記事を書いていきたいと思います。

歩くだけで認知症を予防できる!~とりあえず散歩だ~ 

貧困は生活習慣病になりやすい!?~歩けばすべて解決!~

 うつ病も、近年、患者数が急激に増えている病気です。厚生労働省の調査によると、1984年には11万人だったのが、93年には20万人に、2002年には55万人になり、2010年には70万人にと、すごい勢いで増えています。躁うつ病なども含めると、100万人を超えているそうです。『※厚生労働省 自殺・うつ病等の現状と今後のメンタルヘルス対策より抜粋』親戚、同僚、ご近所さんなど、身近なところでも、うつ病は珍しくなくなったのではないでしょうか。なぜ、こんなにも急激に患者さんが増えているのでしょう??

うつ病の原因

 現代はストレス社会といわれるように、何かとストレスが多いことも一因ですが、それだけではなく、「うつは心の風邪」「眠れないときは、お医者さんへ」といった早期受診を促すキャンペーン?によって、うつ病患者が増えている——という指摘もあります。そして、こうしたうつ病キャンペーン?の裏で急激に増えているのが、抗うつ薬の処方です。

 

 うつは薬で治すもの。そう考えている人が多いでしょう。実際、うつ症状を訴えて医療機関を受診すると、たいていまず薬を処方されます。なかでもよく使われるのが、「SSRI (選択的セロトニン再取り込み阻害剤)」とSNRI(セロトニン·ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)」です。実はこれらの薬の発売後、抗うつ薬の使用量が急激に増えています。1999年まで国内の抗うつ薬の市場規模は150億円ほどでしたが、SSRIとSNRIの発売後は、なんと年20 %以上の伸び率で増え、2008年には1200億円ほどに。たった10年間で8倍にも増えています。『講談社:「うつ病」は薬を売るための病名だった!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている。から参考・引用

 

それでうつ病が治ればいいのですが、ただ漫然と薬を飲み続けている人がかなり多い。薬から卒業できず、一生薬漬けになってしまっている人もいます。私は薬では、根本的な解決にはならないと思います。むしろ、日本の自殺率が高いのは、精神病の薬が関係しているのではないかという指摘さえあります。因果関係については詳しい検証が必要とはいえ、無視できない問題です。

歩けば抗うつ薬から卒業できる。

 

 うつの人は、歩けば改善します。うつ病は、脳内の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」というホルモンが不足した状態ですが、歩けばこれらが脳内で増えるからです。『日本学術振興会:うつ病運動療法の現状と展望より参考』だから、一日5分からでいいので、とにかく歩いてほしい。ですが、歩くことも含めて何もやる気がしなくなって気が枯れている状態こそが、うつ病なので、無理もないかもしれません。

 

 ある程度以上の年代であれば、子どものころ、夏休みにラジオ体操に行った思い出があると思います。ラジオ体操に「行った」というよりも、無理やり早起きをさせられて、嫌々、「行かされた」という記憶かもしれませんが・・・。でも、なんだかんだいっても、ラジオ体操会場に着いて、体を動かして、ハンコを押してもらうと、それなりに楽しかったり、清々しい気持ちになったりしたのではないでしょうか。

 

 そんな記憶を思い出して、うつ病の人も、無理やりにでも体を起こして歩いてほしいと思います。ただし、そう言われても無理ということであれば、毎日歩けるようになるまで、一時的に最低量の抗うつ薬を使うのもいいと思います。つまり、私は、抗うつ剤や薬そのものの意義を否定するわけではありません。ただ、ダラダラと使い続けると、依存が生じてやめたくてもやめられなくなるので、一日に5分、10分でも歩く気力が出てきたら、薬は徐々に減らしていって、最終的には歩くことだけにスイッチしていく。そうすると、初期のうつ病であれば、3カ月で克服することができます。

 

抗うつ剤は、歩けるようになるまでの一時的なもの

 ところで、なぜ「3カ月」なのかというと、脳内ホルモンの状態を改善するのにおよそ3か月かかるからです。繰り返しになりますが、うつ病というのは、脳内の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」というホルモンが不足した状態です。セロトニンもノルアドレナリンも、分泌量が多くなりすぎると、問題が起こらないように抑制をかける「オートレセプター(自己受容体)」というものが備わっています。セロトニン、ノルアドレナリンのレベルを高く保つには、分泌量を増やすことだけでなく、抑制する側も調整しなければいけないのですが、オートレセプターをつくる遺伝子に働きかけて、その発現をオフにするには約3カ月かかるそうなのです。だから、うつ病の克服には3カ月かかるので、3カ月間は継続して歩くことが大事なのです。『日本学術振興会:うつ病運動療法の現状と展望より参考

 SSRIという薬は、日本語では「選択的セロトニン再取り込み阻害剤」、SNRIは「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤」でした。つまり、神経に取り込まれるのを防いで、セロトニン、ノルアドレナリンを増やそうという薬なのです。ごくごく簡単に言えば、SSRIはセロトニンを増やす薬、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンを増やす薬です。でも、ここで思い出してください。歩くことで、セロトニン、ノルアドレナリンが分泌されるんでしたよね。実は、歩くということは、抗うつ薬と同じ効能を持っているのです。わざわざ、薬を使ってセロトニンやノルアドレナリンを増やさなくても、歩いてセロトニンやノルアドレナリンを増やしましょう。

 

 抗うつ薬などの精神病薬は、依存性があり長く使っているうちに薬がないと不安になって、やめられなくなってしまいます。あるいは使っているうちに、最初は効いていた薬も効かなくなってきます。だから、薬を長く使って、良いことは何もありません。治療の初期に抗うつ薬が必要になることはあります。歩く気力がまったく出ない場合、一歩目のハードルを越えるために抗うつ薬の力を借りるのはいいでしょう。でも、早く薬から卒業して、「歩く」治療にシフトしていくことが肝心です。

まとめ

・セロトニンを増やすなら、薬よりも歩くことで。

・抗うつ薬も歩くことと効果が同じ。

・抗うつ薬は歩ける状態になるまでの”つなぎ”。

 以前、糖尿病も高血圧も認知症も歩けば改善するという記事を書かせてもらいました。まだ読んでいない方がいらしたら、ぜひそちらも読んでみてくださいね。

歩くだけで認知症を予防できる!~とりあえず散歩だ~ 

貧困は生活習慣病になりやすい!?~歩けばすべて解決!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)